ショートカットキーでWindows10もっと便利に。設置方法を解説

ショートカットキーは、特定のキーを組み合わせれば、マウスを使わずに操作できるので大変便利です。規定の種類のみならず、自分でショートカットキーを設定することも可能なので、覚えておくと便利な組み合わせと、設置方法を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ショートカットキーとは

『ショートカットキー』とは、特定のキーを組み合わせて押すことで、マウス操作の代わりになる、非常に便利な機能です。繰り返し行う作業は、ショートカットキーを覚えることで、作業効率が飛躍的にアップします。

Windows10は新機能追加に伴い、ショートカットキーの種類も増えました。作業の効率化やスピードアップのために、たくさんのショートカットキーを会得しましょう。

マウスを使わず操作ができる

マウスなしでノートパソコンを操作しているノマドワーカーを、カフェなどで見かけるたことがあるでしょうか。ショートカットキーを使いこなせれば、マウスをまったく使用せずに操作することも可能です。

マウスを使わないことで、作業を直感的に進められたり、スピーディに作業がこなせたり、何よりマウスを使わないことで、動作がプロフェッショナルに見えるという声もあります。

ホットキーとの違い

『ホットキー(hot key)』は、ショートカットキーとほぼ同義で使われますが、違いはなんでしょうか?

Windows OSにおいては、キーの組み合わせすべてをショートカットキーと呼び、特にAltキー・Ctrlキー・Shiftキーの組み合わせをホットキーと分類する場合があります。

システム的には、アプリケーションがAPIを介してWindows OSに登録し、自身の起動などをさせる操作をホットキーと呼びます。

Windows10の主なショートカットキー

Windows Vista以降、新規で追加されるショートカットキーは、大抵が『Windowsロゴキー+特定のキー』という組み合わせになりました。さらに、Windows 8.xでは、ショートカットキー自体が刷新されました。

Windows10では、Windows OSが標準で提供するショートカットキーとの互換性を考慮しつつ、バージョンアップのたびに、ショートカットキーの追加や、割り当ての変更がされています。

ショートカットキーで削減できる作業時間も、積もり積もれば膨大です。特に覚えておきたい、よく使われるショートカットキーを紹介していきます。

Ctrlを使ったショートカットキー

『Ctrlキー』を使ったショートカットキーです。Windowsのみならず、Macでもほぼ共通のため、一度覚えてしまえばどちらのパソコンでも使えるので、大変便利です。

『Ctrl+A』は画面すべてを選択します。『Ctrl+X』は選択した項目の切り取りで、『Ctrl+C』は選択した項目のコピーです。『Ctrl+V』はそれらを貼り付ける操作になります。

非常に簡単なので、まずこの四つの操作を会得し、Ctrlキーを使ったショートカットキーを増やして行くのが、上達の近道です。

Windowsキーを使ったショートカットキー

Windows独自のキーが『Windowsロゴキー(Win)』です。まず『Winキー』を押して、スタートメニューの表示・非表示を確認してみましょう。

『Win+A』はアクションセンター表示・非表示、『Win+D』はデスクトップを表示・非表示です。『Win+E』はエクスプローラー起動、『Win+I』はWindowsの設定を起動させます。

特に便利なショートカットキーは、『Win+上下左右キー』です。この操作で、アクティブなウィンドウを上下左右に動かせます。

Altを使ったショートカットキー

CtrlキーやWinキーを使ったショートカットキーの操作に慣れてきたら、『Altキー』にも挑戦してみましょう。『Alt+P』はファイルのプレビューを表示、『Alt+Enter』はプロパティを表示させます。

『Alt+Tab』は、開いているアプリウィンドウを表示させますが、Altを押したままTabを押すとアプリの切り替え可能です。『Alt+F4』はアクティブなアプリを終了させ、『Alt+ Ctrl+Del』でロック画面の表示ができます。

ショートカットキーを追加で設定する方法

Windows10では、OSの刷新に伴い、多くのショートカットキーが新登場しました。しかし、「標準のものでは物足りない」「不便だ」と感じる人もいるでしょう。

そのようなときは、自分専用のショートカットキーを設定すれば、ストレスを感じずに、操作性の高い作業が可能になります。追加で設定する方法と、注意点を紹介していきます。

アプリのプロパティを開く

試しに、カレンダーのアプリを『Ctrl+Alt+Z』に割り当ててみましょう。まず、スタートボタンをクリックします。下にスクロールし、カレンダーが表示されたら、デスクトップの任意の場所にドラッグします。

デスクトップ上に、ショートカットアイコンが作成されたのを確認します。アイコン上で右クリック→プロパティをクリック→ショートカットタブを開きましょう。

ショートカットキーの『なし』をクリックし、『Ctrl+Alt+Z』をキーボードで入力すれば、次からそのショートカットキーで、カレンダーが表示されるようになります。

追加するときの注意点

任意のショートカットキーとして設定可能なのは、『Ctrl+Alt+任意のキー』のみです。Ctrlキーのみや、Windowsキーとのショートカットキーは作成できないということを、認識しておきましょう。

さらに、『Esc・Enter・Tab・Space・PrintScreen・Shift・BackSpace』キーは、ショートカットキーとして設定できません。

キーボード上部にある『F1~F12キー(ファンクションキー)』は、初めからショートカットキーのような役割のため、使用しないほうがよいでしょう。

まとめ

ショートカットキーは、特定のキーを組み合わせるだけで、作業性もスピードも驚くほど向上します。OSに標準装備されている種類だけでなく、自分でショートカットキーを設定すれば、ストレスなく作業を進められるでしょう。

マウスを使わずに、ショートカットキーのみで操作ができるレベルを目指して、一つずつ習得してみませんか?

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ