• HOME
  • デザイン
  • クリエイティブディレクターの年収は?求められる役割も紹介

クリエイティブディレクターの年収は?求められる役割も紹介

クリエイティブディレクターは責任ある立場であり、責任の重さが年収にも反映されやすい役職です。この記事では、クリエイティブディレクターの年収の目安や、業界ごとに求められる役割についても取り上げて解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

クリエイティブディレクターとは

はじめに、クリエイティブディレクターの基本内容を解説します。

主な仕事内容

クリエイティブディレクターは、プロジェクトにおけるクリエイティブスタッフとして働きます。制作物が高い評価を受けると、クライアントから直接指名されることも考えられます。

仕事内容は、クライアントとの打合せから始まります。案件の獲得が決まると、アートディレクターやコピーライターを任命し、プロジェクトを動かします。

必要に応じて、外部のプロダクションや映像制作会社への依頼も行う立場です。制作が進むと、進捗状況など全般的な管理を行い完成に導きます。

アートディレクターとの違い

クリエイティブディレクターとアートディレクターは、混同されやすい役職です。大企業であれば、両方の役職が存在することも珍しくありません。しかし、中小企業はどちらか一方は両者の仕事内容を兼務する場合が多いです。

両者が存在する企業では、クリエイティブディレクターが役職として上になり、全般的な管理を行います。アートディレクターは、ビジュアルの企画や管理のみを担当します。

中小規模の会社は映像やWEBなどプロジェクトの全てを受注することは少なく、それらの一部のみを受注するためクリエイティブディレクターの職種が不要なこともあります。

その場合、デザインや写真、イラストなどをアートディレクターが担当して制作を進めているのです。

必要な経験、なり方

クリエイティブディレクターには十分な経験や知識、スキルが必要です。まずは、デザイナーやコピーライターなどで経験を積むことになります。

それらの経験や実績をもとに、クリエイティブディレクターにステップアップします。効率的にステップアップをするには、最新情報などのトレンドを見逃さないことが重要です。

様々なジャンルの情報や知識を得ることで、高評価につながる広告作品に仕上がります。また、クリエイティブディレクターにはスタッフのモチベーションを上げることや、顧客の課題を解決するスキルも必要です。

そのため、高いコミュニケーション能力も求められる役職であるといえるでしょう。

クリエイティブディレクターの年収

クリエイティブディレクターは、制作に関する全体的な管理を行う職種です。重要な職種ではありますが、年収にはばらつきがみられます。

年齢、経験によってばらつきがある

クリエイティブディレクターの年収は、年齢や経験により違いがあります。全体の平均年収は470万円程度ですが、20代前半の場合は400万円未満が平均年収です。

ただし、全体的にみるとクリエイティブ業界全体の平均年収は390万円ほどであるため、クリエイティブディレクターの収入水準は高いといえます。

クリエイティブディレクターの年収は年齢が上がるにつれて増加する傾向です。40代以上のクリエイティブディレクターは平均年収が650万円前後になります。

なかには1000万円を超える人もいますので、経験や実績が年収に大きく関係するといえるでしょう。

参考:クリエイティブディレクターの年収まとめ (給料/平均年収/企業名などを集計) | 転職会議

アートディレクターとの年収比較

アートディレクターの年収は、クリエイティブディレクターよりも多少劣ります。両者は20代前半であれば、年収に開きはありません。

ところが、20代後半以降になると少しずつ差がでてきます。20代後半のアートディレクターは平均年収が380万円程度ですが、クリエイティブディレクターは430万円ほどです。

40代以上の場合、平均年収には100万円以上の差が出てきます。このような差が生まれるのは、クリエイティブディレクターの業務に対する責任の重さが年収に反映されているといえるでしょう。

\本業では経験できない新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

業界別クリエイティブディレクターの役割

クリエイティブディレクターは、様々な業界に存在します。ここからは、2つの業界についてクリエイティブディレクターの役割を解説します。

広告業界

広告業界のクリエイティブディレクターは、企画や立案を手がけるスタッフを統括する役割です。また、表現のクオリティに関しても指導や監督を行います。

マーケティング、広報、広告宣伝、イベント企画など全ての過程においての責任者です。最終的には、広告や宣伝を通してクライアントの要望に応えられることが目的となります。

アパレル業界

アパレル業界のクリエイティブディレクターも広告業界と変わらない役割です。服のデザインはもちろん、ブランドの広告やイメージ戦略まで総合的に統括します。

特に最近はインターネットの普及から、世界中にブランドイメージが広まりやすくなっている業界です。そのため、ブランドイメージを戦略的に作り、発信していくスキルも求められます。

まとめ

クリエイティブディレクターになるには、経験や実績が必要です。様々なステップを踏んで、就任できることがほとんどです。業界の最新情報には常に目を配り、プロジェクトに活かす必要があります。

年収は年齢や経験でばらつきはありますが、業界全体の平均水準よりは高いです。混同されやすいアートディレクターよりも平均年収は高くなります。

目指す業界におけるクリエイティブディレクターの年収をしっかりと調べたうえで、経験を積み、ステップアップを目指しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ