プランナーの仕事とは。多岐にわたるプランナーの種類と仕事内容

プランナーは企画立案を手がけ、成功に導く立場です。数多くの分野にプランナーは存在し、仕事内容にも違いがあります。そこで、プランナーについて仕事内容や必要とされる資格などを中心に解説します。ぜひキャリア形成などの参考にしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

プランナーの仕事とは?

プランナーという言葉は一般的に耳にしますが、その詳細な仕事内容は認知されていない傾向があります。はじめに、プランナーの仕事について解説します。

企画立案が主な仕事

プランナーとは様々な分野において、企画の立案を行う人です。

プランナーと聞くと、一般的には広告プランナーをイメージするかもしれません。しかし、WEBプランナーやウェディングプランナーなど多くの分野に存在します。

各分野で活躍するプランナーは、専門的な知識をもとに企画を立案します。重要なのは具体性を持ったプランを提案することです。

悩みに対して答えを出す仕事でもある

プランナーの仕事は、顧客の悩みに対して答えを出す仕事でもあります。顧客の悩みや課題をしっかりと聞き取り、解決策を提示します。

潜在的な悩みや課題の場合もありますので、上手く聞き出せるかがポイントです。具体的なプランを提案する前には、課題に対する調査や分析が必要になります。

そのためには、業界の知識をしっかりと身につける必要があるでしょう。

プランナーには種類がある

ここからは、様々な業種のプランナーについて解説します。資格が必要なプランナーも具体的に取り上げていますので、参考にしてください。

さまざまな業種のプランナー

プランナーは数多くの分野に存在しています。資格が不要な分野も多く、業界や業種の数だけプランナーがいるといってもいいでしょう。

ただし、プランナーは『一定程度の予算がある分野』に存在することがほとんどです。予算を割いてでもプランナーというポジションが必要な分野に存在するといえるでしょう。

企画自体が商品になる業界や企画がクライアント獲得に大きな影響を与える分野、予算を豊富に確保できる分野にはプランナーが設置されます。

一方で、製作者と企画者が同じになる分野ではプランナーが不要になるでしょう。例えば、商店の販売促進のために使われる、POP広告の分野はプランナーは不要だと考えられます。

POP広告は、企画も製作もすべて店舗の従業員が行うことが多く、プランナーに依頼することは少ないでしょう。

資格が必要なプランナーもある

プランナーになるために、資格が必要な場合もあります。『ファイナンシャルプランナー』や『商品プランナー』は資格が必要である代表的なプランナーです。

ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家です。国家資格は1〜3級まであり、最上位が1級になります。試験に合格するには通信講座の受講も有効でしょう。

商品プランナーは社会のニーズを深掘りして、新しい商品やサービスをつくりあげる仕事です。資格取得は『日本商品開発士会(JMCP)』の研修受講と同日開催の小試験の受験が必要です。

試験は商品戦略や販売戦略、販売促進戦略の基本知識が問われます。性別や年齢、学歴に関係なく受験できますので、キャリアアップを目指しての取得も可能です。

プランナーの仕事内容

プランナーは様々な業界に存在しますが、3つの分野について仕事内容を紹介します。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは新しいゲームを企画する担当者です。企業や業界内では、ゲーム企画やゲームクリエイターと呼ばれます。仕事では企画立案から始まり、制作準備から、制作、集計、分析、改善を担当します。

ゲームの制作工程を仕様書にして、開発メンバーに説明する必要があるため、論理的思考やコミュニケーション能力が必要です。また、どの分野にも言えることですが、ゲーム好きであることは非常に大きな要素になります。

ゲームやモノづくりが好きであることは、転職やキャリアアップにも有効です。常にさまざまなゲームをプレイし、業界のトレンドに敏感になる必要もあります。

ウェディングプランナー

ウェディングプランナーは結婚式をプロデュースします。予算や日程、衣装の選定、招待状の手配など結婚式に関わる全般を決定する仕事です。

勤務先は多岐に渡ります。結婚式業、ホテルやレストラン、結婚式のプロデュース会社などです。どの勤務先でも仕事内容に大きな変化はありません。

結婚式当日は特に重要です。手配したもの全てが届いているか、時刻通りに進行しているかなど全体に気配りをします。準備期間を含め、無事に終えることで大きなやりがいを得られるでしょう。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは人生のイベントに合わせた資産設計や提案を行います。年金、資産運用、保険、税金、不動産、相続、事業継承など重要なライフイベントを総合的に検討します。

金融機関やファイナンシャルプランナー事務所で働くこともあれば、独立して活動することも可能です。

いずれにしても顧客のお金に関するリスクを軽減し、安定した生活が送れるように手助けする役割があります。顧客との信頼関係を築くことが重要です。

信頼を得るには、コミュニケーション能力や知識、情報量がポイントになります。日々のブラッシュアップが必要です。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

まとめ

プランナーは様々な業界に存在し、企画立案をする存在です。顧客の悩みを解決する仕事でもあり、場合によって資格が必要になります。

どの分野のプランナーにもコミュニケーション能力は必要でしょう。そのためには、業界における専門知識を多く身につけることがポイントです。

プランナーを目指す方は、目標とする業界についての理解を深めましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ