フリーランスの上手な仕事の断り方を紹介。回答は早く返そう

フリーランスがなぜ仕事を断りにくいのか、その心理についてまとめました。仕事に真摯に向き合うことは大切ですが、中には断ったほうがよいケースもあります。無理をして仕事を請け負うことで、どんな問題があるのかも見てみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスが仕事を断りにくい理由

フリーランスは、仕事を断りにくいと言われます。自由に仕事を請け負うか判断できるはずの働き方でありながら、なぜ断われないのでしょうか。

依頼が断りにくい原因は、今後の仕事が保障されていない点があげられます。また、周囲の評価を気にするフリーランスならではの葛藤も理由の1つです。

売上になるチャンスを逃したくない

少々割に合わない仕事でも、売上になるチャンスを逃してしまうと考えれば、断りにくくなります。忙しい状況でもつい仕事を請け負ってしまうのは、仕事がなくなることを不安に思う心理が最大の原因です。

依頼してくれたクライアントは、またタイミングよく依頼をくれるとは限りません。いくら能力を評価してくれているクライアントでも、何度か依頼を断れば他の人に頼む機会が増えてしまいます。

特に初めての依頼では、今後の売上につながるチャンスです。スケジュール的に厳しくなっても、これからのことを考えて、断れなくなってしまうケースが多いのではないでしょうか。

悪い評判が立たないか心配

報酬の低い仕事だからと断っていると、周りに悪い評判が立たないか心配になる人もいます。実際に、依頼するたびに断られるのでは噂になることも考えられるでしょう。

報酬と仕事内容のバランスが取れていないなど、正当な理由があったとしても、依頼している側が不快に感じれば評判を落とす原因です。相手に悪く思われないようにと、無理をして仕事を受けてしまうフリーランスもいます。

仕事を選ぶべき理由

フリーランスは、ある程度仕事を選ぶべきです。低単価や無理な納期の作業は仕上がりも悪くなり、さらなる問題を起こします。

付き合いや仕事がないときの穴埋めとして、仕方がないケースもありますが、自分の首を絞めないためにも最低限仕事は選びましょう。

能力や時間の安売りになるリスク

高い能力を持っていても、安い仕事ばかり引き受けていれば時間の安売りにつながります。場合によっては、業界全体の相場を下げることにもなりかねません。

安い金額で仕事を受けていても、作業が増えるだけでメリットは低くなります。ある程度自分なりにルールを決めて、仕事量と報酬のバランスを考えてみましょう。

無理をして仕事を引き受けても、今後同じクライアントがそれ以上の報酬で依頼してくれることはほぼありません。割引価格であることを伝えるなど、受ける場合でも今後報酬アップを打診できるように根回しをしておきましょう。

悪い実績になる可能性がある

無理に仕事を引き受けて、仕上がりの悪いものを納品してしまうと悪い実績にもつながります。また、報酬が安い場合は、この程度の報酬で仕事を受けてくれる人だと勘違いさせる原因にもなるでしょう。

完成度が下がらないような仕事を引き受けることが、よい実績を作る方法です。相場に見合った報酬を提示することも、考えましょう。

失礼にならない断り方

仕事を断るにしても、失礼にならないよう気をつけなければいけません。態度が悪いと、今後の仕事の依頼や評判にも関わります。

断るときには、どんなことに注意すればよいのでしょうか。

断る理由を明確にする

なぜ仕事が受けられないのか、断る理由を明かさないままだと相手側も不自然に感じますので、断る理由は明確に伝えましょう。

中にはやりたくない仕事である場合もあるでしょう。しかし、そのまま伝えることは、今後の自分のキャリアに多大な影響を及ぼす可能性があります。トラブルに発展しないためにも、相手に不快感を与えないような、角の立たない理由を伝えると良いでしょう。

もちろん、スケジュール的に難しい場合や、専門の内容でなく難しいなどはっきりした理由がある場合は、その旨を丁寧に伝えます。他にも仕事を請け負っているのに体調不良であるなどと、あからさまな嘘をつくことはやめましょう。

依頼への感謝を伝える

条件が合わないときも、依頼してもらったことに対する感謝は伝えましょう。タイミングが合わず仕事を断ったとしても、誠実に対応したことが伝われば、別の機会に依頼がもらえる可能性があります。

たくさんいるフリーランスの中から、自分を選んでくれたクライアントに対して失礼のないよう心がけましょう。仕事につながらなかったとしても、お互い気持ちよくやり取りができます。

できるだけ早く回答する

依頼者側は、返事を待ってから他の人に依頼をかけます。場合によってはすでに他にも依頼している可能性はありますが、断るにもかかわらず待たせてしまうと相手の心象も悪くなるでしょう。

納期が迫っている仕事の場合、クライアントや次に依頼された人に迷惑をかけてしまう恐れもあります。返事ができないような状況を除いて、なるべく早く決断しましょう。

使える例文をストックしておこう

素早く返信メールを送るためには、普段から使える例文を考えてストックしておきましょう。

多忙でしばらく新しい仕事が請け負えない状況である、報酬面で請け負うことができないなど、文面に悩んで時間を取られるよりも、あらかじめ例文をストックすることで、待たせることなくメール送信できるようにしておけば便利です。

まとめ

フリーランスはクライアントとの付き合いや評判などを気にして仕事が断りにくいことが多いですが、場合によっては断ることも大切です。あまりにも安い仕事や無理なスケジュールで作業を進めると、悪い実績につながります。

失礼のないように断る理由を明確にし、丁寧に説明すれば今後の仕事への影響はわずかです。素早いレスポンスのためには、あらかじめ断り文句を作成しておくと役立ちます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ