Swiftでフリーランスエンジニアになるには?仕事内容や将来性について

プログラミング言語にはさまざまな種類があります。中でもSwiftはiOSアプリケーションを作成するために利用される事が多い言語です。比較的新しく、人気の言語でもあります。この記事では、Swiftの基礎的な内容から将来性について解説します。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。

▼人気の質問

いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、
キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?

かんたん1分無料登録/ログインでQ&A機能を使ってみる!

フリーランスSwiftエンジニアになる為の事前知識

プログラミング言語の特徴によって、コードの書きやすさや可読性には違いがあります。Swiftは従来の開発言語よりも比較的使いやすいのが特徴です。まずはその概要を理解していきましょう。

Appleが開発したプログラミング言語

SwiftはAppleが開発し、2014年に発表しました。SwiftはApple製品の開発に長年使われていたObjective-Cをはじめ、Objective-C++、C系言語と共存しつつ、より安定かつ安全に開発できるようになっています。

Swiftが開発された背景として、Objective-Cがオブジェクト指向言語をモデルとしながら、オブジェクト指向とは違い手続き型プログラミングであるC言語がベースとなっているというギャップが、高度化・多様化していく開発の障壁となってきたためです。

シンプルで高速、かつ安全な開発言語として登場したSwiftによるインパクトは大きく、エンジニアからも好意的に受け入れられている言語となっています。

SwiftとObjective-Cの違い

2つの言語の大きな違いは、モダンか否かということです。ここでいうモダンとは、より書きやすく、読みやすいことを指しています。Objective-Cは他言語には珍しい「[ ]」といった記法を用いてメソッドを記述することが特徴です。

従来の言語に触れてきた初学者がいきなりObjective-Cでの開発を行うと、まずは書き方の壁にぶつかってしまうため、難易度が高いと言われる傾向にあります。

その点Swiftは記法を他言語に合わせるなど、よりモダンな形式に変化させることで、分かりやすさを実現しました。

プログラミング言語Swiftの特徴

基礎的な背景が理解できたところで、Swiftの特徴に着目していきましょう。モダンな言語であることによって、どのような利点を与えることになったのか、またそれ以外の特筆するべき点について解説していきます。

コードがシンプルなので独学も可能

Swiftの特徴として挙げられるのが、コードがシンプルなことです。初学者にありがちなイージーミスに『セミコロンの付け忘れ』などがあります。しかしSwiftは文法の区切りとしてのセミコロンを必要としません。

それ以外にも、プログラミングにおいて基礎的な型を指定しなくて良いという特徴もあります。変数が数値なら数値の型、文字列なら文字列の型が存在しているものですが、型推論によって、その記述を省くことができるのです。

書きやすく、読みやすいというモダンな思想を取り込んだことで、初学者が独学で取り組むことが可能となりました。

プログラムの高速処理が可能

プログラムにおいて高速処理ができるかは、重要な要素です。処理に時間がかかればタイムアウトすることや、ユーザー体験を悪化させる要因になり得ます。Swiftという言葉は速い、迅速などの意味を持っており、その名の通りプログラムの高速処理が可能です。

記述がシンプルになったこともありますが、Apple公式サイトではObjective-Cと比較した結果、最大2.6倍高速な処理が可能になったというデータが出ています。ただし、これはプログラムの処理であり、アプリケーションには通信などによるブロッキングなどがあるため、注意が必要です。

出典:Swift。誰もが圧倒的に優れたアプリを作れる、パワフルなオープンソースの言語です。|Apple

安定性の高さも特徴的

安定性というと、アプリケーションの予期せぬ停止が起きないことと考えます。もちろんSwiftであっても、メモリ不足などによるクラッシュは避けられないでしょう。

ここで述べる安定性とは、コンパイル時のバグ検知など、開発者視点の内容です。結果的にバグや問題点がなくなることで、ユーザーも安定性の恩恵は得られることになります。

実行してエラーが出ないことが確認できるというだけでも、開発者としては安心して開発ができるのです。ケアレスミスがなくなることや、型の問題などがシンプルに解決することで、Swiftは安定的な動作環境を手に入れたと言えるでしょう。

フリーランスSwiftエンジニアに求められるスキル

多数の言語がある中で、Swiftを選択してフリーランスになりたいと考えている人には、どのようなスキルが求められているのでしょうか?Webアプリケーションへの展開も想定されている、Swiftの現実について確認していきましょう。

アプリの開発経験

アプリケーションを開発していくにあたって、必要になってくるのが開発経験です。Swiftを用いた現場の目的の多くは、スマートフォンアプリケーションの開発やMac OSに対応したアプリケーションの開発となります。

そのため、何かしらアプリケーションを開発した経験があることが望ましいでしょう。iOSはもちろんのこと、Androidについての経験があることで技術者としての質はより一層高まっていきます。

現状マルチプラットフォームと呼ばれる、iOSでもAndroidでも動作するアプリケーション開発も過熱していることから、経験が多い方がフリーランスになってからも案件を取得しやすいと言えます。

フレームワークへの精通

プログラミング言語の多くに言えることですが、例えばJavaを学ぶだけではアプリケーションの要件に対応するのは難しいでしょう。フレームワークによって、実装の届かない部分を簡略化し、要件を満たすフレームワークを選択することが必要になってくるのです。

そのため、Swiftのフリーランスを目指していくならば、Swiftの言語理解はもちろんのこと、フレームワークに対しても精通していることが望ましいでしょう。

Swiftのフレームワークとして有名なのは「Kitura」や「Vapor」などのWebフレームワークです。少なくともフレームワークに関しての利用ができることが望ましいでしょう。

英語能力もポイント

Swiftフリーランスが特に注目しておくべきなのは、英語力です。最新技術や海外の情報を取得する時には英語が主流となります。

例えば、最新情報を取得する時にはGitHubを見る場合があります、リリースノートやReadmeの情報は英語である可能性が高いです。日本語になった書籍を読んでいる頃には英語が読めるエンジニアは先へ先へ進んでいるのです。

特にiOSに関連する資料は英語での展開が多いため、英語力に自信がない場合は、TOEICなどを受験して現在の英語力を確認しておきましょう。

フリーランスSwiftエンジニアの将来性

Swiftフリーランスに目指す上でSwiftの将来性は誰しも気になるものではないかと思います。今後のiOSやMacのアプリケーションがどう展開されるか理解しないままフリーランスになるのは不安な事でしょう。そのため、将来的な市場のあり方や動向について確認していきましょう。

iOS市場の拡大が期待できる

結論から述べるとSwiftの需要は今後も期待できると言えます。これはiOS市場が拡大していることと関連しています。例えばApple WatchやApple TVなどのアプリケーションもSwiftで開発されています。

毎年新作が発表され、ハードウェアが更新されていくことで、それに見合ったアプリケーションの開発も行わなければなりません。OSの更新も頻繁に行われていることから、OSバージョンごとのバグやそれに対応する人材の確保も重要となります。

そのような観点で考えると、iOS市場は今後も需要があり、継続的な人材を必要としていると言えるでしょう。

Webアプリ開発向けのフレームワークの存在

Swiftに存在している「Kitura」や「Vapor」といった、Webアプリケーション開発向けのフレームワークの存在も忘れてはなりません。iOSだけではなく、Webアプリケーション開発の道としてのSwiftの用途もこれから伸びていくことでしょう。

そのため、今後もSwiftを学び、フリーランスになっていくことを考えている場合は、Webアプリケーション開発向けのフレームワークへの理解を深めることをおすすめします。

まとめ

Swiftの基礎的な内容から特徴を述べた上で、フリーランスを目指すためのポイントを解説しました。iOSやMac OSのアプリケーションの経験を積むことが今後は必要となってくるでしょう。また、新しいデバイスが登場しないとも限りません。

SwiftによるWebアプリケーション開発からも目が離せない状況のため、これからSwiftのフリーランスを目指す方は、ポイントをしっかりと押さえた上で技術力を高めていくと良いでしょう。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。


いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、 キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ