アプリ開発エンジニアに求められるスキルとは?業務内容を詳しく解説

ITシステム内で稼働するアプリケーションの開発エンジニアは、多方面で活躍しています。さまざまな種類のアプリケーションがあるので、具体的な仕事内容や必要なスキルなどを整理しておきましょう。アプリ開発エンジニアの年収や将来性も解説します。

Offersは、 今の仕事では使わない技術にチャレンジしたい 、そんな人にぴったりのサービスです。

  • ✅ 転職の予定はない
  • ✅ 違う環境でさらに技術力を高めたい
  • ✅ 週8時間以下で実務経験を積みたい
Offersで副業を始めて 技術と経験の幅を広げよう!

→Offersは半分以上が週8時間以下の求人。カンタン登録で副業求人をチェック!

アプリ開発エンジニアとは?

アプリ開発エンジニア(アプリケーションエンジニア)とは、パソコンやスマートフォンをはじめとした、各種ITシステムのアプリケーションの設計・開発を担当するエンジニアです。大きく分けて「業務アプリ系」「Webアプリ系」「スマホアプリ系」の3分類でき、担当する領域が違っています。それぞれの役割を確認しておきましょう。

業務系アプリ開発

企業の日常業務の効率化や、経営上の課題を解決するため、さまざまなアプリケーションの開発を担います。パッケージ型のソフトウェアの開発・提供や、企業の業務システムの設計が主な業務です。大手の銀行や行政機関のシステムなど、社会基盤を支える領域のアプリケーション開発に携わる場合もあります。顧客管理ソフトや勤怠管理ソフトの設計・開発などが代表例です。

Webアプリ開発

Webアプリとは、Google Chromeをはじめとしたブラウザ上で稼働するアプリケーションです。各種WebサービスやSNS、メールサービスなどが該当し、多くのユーザーを抱える人気のアプリも少なくありません。

FacebookやTwitterなどのSNSや、Amazonなどの大規模ECサイト、Gmailなどのメールサービスが代表例です。Webアプリの開発エンジニアは業界・業種にかかわらず、広く活動できるのが特徴です。

スマホアプリ開発

スマートフォン用アプリの開発を担うエンジニアです。近年、モバイルアプリ市場は大きく躍進を続けており、慢性的な人手不足に陥っています。案件に対してエンジニアの数が少ないため、エンジニアとして相応のスキルがあれば、就職・転職がしやすい状況と言えるでしょう。スマホユーザーの日常生活を支えるアプリや、ゲームアプリなど、さまざまな開発案件があります。

アプリ開発エンジニアの仕事内容

次に、アプリ開発エンジニアの仕事内容を紹介します。分野によって具体的な業務は変わってきますが、エンジニアの仕事としては、大きくアプリの開発と保守・運用に分類できます。

新規アプリの開発

アプリ開発エンジニアの仕事の核となるのが、アプリケーションの設計から開発までの一連の業務です。あらかじめ設定された要件に基づいて、新規システムの開発や機能の追加などを行うケースもあれば、アプリの企画や要件定義から、開発プロジェクトにコミットする場合もあります。

特に、企画やシステム設計などの上流工程を担当するエンジニアには、豊富な開発経験と高いプログラミングスキルが要求されます。エンジニアとしての力量に加えて、チームをまとめるコミュニケーション能力やマネジメントスキルが必要です。

アプリの保守と運用

開発済みアプリの保守・運用も、エンジニアの重要な仕事です。新人のエンジニアや、未経験から就職・転職した場合には、まずアプリの運用業務を担うことが多いでしょう。システムトラブルや不具合の対応、アップデートなどの作業に加えて、アプリ内のデータを保管するサーバーや、データベースなどの環境構築を担当する場合もあります。

アプリ開発エンジニアの年収

続いて、アプリ開発エンジニアの年収を確認しておきましょう。所属企業や、エンジニア自身の経験・スキルによって年収額は大きく変わってきますが、ここでは全体の平均年収とアプリ開発エンジニアの将来性について解説します。

平均年収

当メディアを運用する求人サイト『OffersJobs』や求人マッチングプラットフォーム『Offers』に実際に掲載されている案件を元に平均年収を見ていきましょう。

▼SNSアプリ案件・求人

  • 稼働時間:40〜60時間/月(10〜15時間/週)
  • 給与・報酬:時給3000円〜4000円
  • 雇用形態:業務委託
  • 技術スタック:Redis,PostgreSQL,Node.js,iOS,Swift,AWS,Firebase,Slack,zoom
  • 備考:フルリモート勤務

▼金融系アプリ案件・求人

  • 稼働時間:90〜160時間/月(22〜40時間/週)
  • 給与・報酬:時給5000円〜7000円
  • 雇用形態:業務委託
  • 技術スタック:Figma,Adobe Photoshop,Adobe Illustrator,GitHub
  • 備考:フルリモート勤務

▼Webメディアアプリ案件・求人

調査の結果、アプリ開発エンジニアの時給は2700円程度〜4000円が多い結果となっており、これを年収換算とすると518万〜768万円となりました。開発アプリの内容や、業務内容によっては上記求人のように時給6000円や7000円なども望めます。

【平均時給4000円】Offersなら副収入で月収20万円アップ

業績や昇進による給与アップは時間がかかり、安定しないことが多いです。今までの経験やスキルを他社で活用しつつ、効率的に収入を増やす事ができる方法があります。それは、転職せずに収入を増やしたいと考えている人にピッタリの副業マッチングサービス「Offers」の活用です。

エンジニア・デザイナーのためのマッチングサービスであるため、エンジニア・デザイナー副業案件を探している方にちょうどよい案件が見つかります。Offersマッチング案件の半数は時給4000円以上と高単価で、良質な案件が揃っています。

登録すると、①経歴やスキルを見た企業からオファーが届く、②自分で案件を探して応募する、の2種類の方法で案件と出会うことができます。

まずはカンタン3ステップでOffersに登録

OffersJobsで案件を見る

将来性について

企業の業務システムの設計・開発からWebアプリケーション、モバイルアプリの開発まで幅広い分野で活躍しているアプリ開発エンジニアは、他の職種に比べて市場ニーズが高いです。特に、モバイルアプリ市場はここ数年、右肩上がりに成長を続けており、案件に対してエンジニアの数が慢性的に足りなくなっている状況です。

フリーランスとして請けられる案件も多く、在宅で好きな時間に案件をこなして生活している人も珍しくありません。エンジニアとして求められるスキルは高度ですが、将来性のある安定した職業と言えるでしょう。エンジニアを経験した後に、コンサルタントやプロジェクトマネージャーとして活躍する道もあります。

アプリ開発エンジニアに必要なスキル

それでは、アプリ開発エンジニアに求められるスキルを紹介していきます。エンジニアの職種によって、具体的に必要となる知識やスキルは変わってくるものの、プログラミング言語の理解やネットワークに関する知識などは、どのような分野でも必要です。

システム開発のスキル

アプリ開発に限らず、ソフトウェアの開発は通常、チームを組んでプロジェクトベースで行います。そのため、メンバーの全員がシステム開発に係る一連の流れを理解しておかなければいけません。エンジニアとしてシステム開発の一連の工程を理解し、ある程度はマルチに活躍できるスキルが求められます。

アプリ開発を統括する立場のエンジニアは、開発の各プロセスの業務を長年担ってきた人材で、どの工程の業務でも問題なくこなせる場合が多いです。

プログラミングのスキル

業務アプリやWebアプリ、モバイルアプリなど、どの分野の開発エンジニアとして活躍するにしても、プログラミングのスキルは必須です。

iPhoneやiPadなどのiOS端末のアプリを開発する場合、Swiftと呼ばれるプログラミング言語を使いこなせなければいけません。Android端末ならばJavaKotlin、Webアプリケーションの開発にはRubyPythonなどの言語がよく用いられます。

言語によって習得難易度や使いやすさに違いがありますが、アプリ開発エンジニアとしてキャリアを積みたいならば、業務に従事する分野で使われる言語の習得から始める必要があります。

ネットワーク・サーバーの知識

開発したアプリを配信するためのネットワークや、サーバーの知識も求められます。開発するアプリを特定のサーバーで管理しつつ、独自のネットワークを使ってアクセスすることも多いので、エンジニアが専用のサーバーを構築したり、データベースを運用したりするケースも珍しくありません。

実務で必ず求められるわけではありませんが、アプリの開発環境や配信環境に関する知識は、アプリ開発を担うエンジニアとして持っておくべきでしょう。

フレームワークの知識

アプリの開発効率を上げるフレームワークの知識も必要です。例えば、Rubyでシステム開発を行う場合は、Ruby on Railsという有名なフレームワークが頻繁に使われます。

Javaの場合はSpring FrameworkやJSFなどのフレームワークが用いられる場合が多く、PythonではDjangoFlaskなどが有名です。フレームワークを使いこなせるようになることで、開発業務を大幅に効率化できます。

アプリ開発エンジニアが持っておきたい資格

続いて、アプリ開発エンジニアにおすすめの資格を紹介します。資格の取得がエンジニアとして活躍するための必須条件ではありませんが、就職・転職活動の際にスキルを証明するのに役立ちます。

App Development with Swift

App Development with Swiftは、プログラミング言語である『Swift』やソフトウェアの開発環境である『Xcode』などのApple社が提供しているアプリ開発ツールの基礎知識を習得している事を証明する資格です。Swiftを用いてアプリ開発を行うエンジニアにおすすめの資格です。

App Development with Swift

基本情報技術者試験

情報処理技術者試験制度のスキルレベル2に相当する資格で、高度なIT人材となるために必要な基本的知識・技能をすでに習得しているエンジニアが対象となります。ある程度の基礎知識を身につけているエンジニアがステップアップとして身につけると良い資格と言えるでしょう。

基本情報技術者試験

Android™アプリケーション技術者認定試験

Android™アプリケーション技術者認定試験は、Androidアプリの開発に係る知識やスキルを認定する試験です。ベーシックとプロフェッショナルの2グレードがあり、前者はAndroidアプリの開発に関する基本的な知識を問われるもので、後者は業務アプリの開発を前提とした、高度なスキルが求められます。Androidのアプリ開発エンジニアとして活躍したい人におすすめです。

Android™アプリケーション技術者認定試験

アプリ開発エンジニアのキャリアパス

最後に、アプリ開発エンジニアのキャリアパスを考えてみましょう。アプリ開発エンジニアは高度なスキルが求められる職種であり、しっかりと実績を積み上げていれば、ITコンサルタントやプロジェクトマネージャーなど、さまざまな分野で活躍できるようになります。

アプリ開発エンジニア以外のキャリアをご紹介致します。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは、クライアント企業のIT分野における問題や課題を受けて、適切なアドバイスを行う職種です。現状の問題点を分析し、システムの導入支援を伴うコンサルティングを行います。アプリ開発エンジニアとしての経験を活かせば、クライアント企業の課題解決に寄与するアプリケーションの提案や、運用支援ができるようになるでしょう。

案件によってはプロジェクトの進捗管理にも関わる場合があるので、エンジニアの知見を持つコンサルタントとして、幅広く活躍した人におすすめのキャリアパスです。

プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、アプリケーションをはじめとしたソフトウェアの開発プロジェクトを統括する職種です。プロジェクトの工数の割り出しやスケジュール管理、コスト管理を担い、プロジェクトの遂行に必要な、あらゆる準備を行います。

アプリケーションエンジニアとしての経験があれば、アプリ開発のプロジェクトの統括者として活躍できる可能性があります。多くのエンジニアが目指すキャリアパスと言えるでしょう。他分野のシステム開発の責任者になっている人もいます。プロジェクトの統括者としての責任はありますが、システム開発には欠かせない重要な職種です。

フリーランスへの道も

企業に属してアプリ開発を担うエンジニアとして働く道もありますが、エンジニアとして培った経験とスキルを活かして、フリーランスとして独立する道もあります。特にWebアプリやモバイルアプリの案件は数多くあるので、相応のスキルがあれば、個人でも案件を請けられる可能性は十分あります。

実際、個人でアプリ開発の案件を請けたことをきっかけに、ITベンチャー企業を興して成功しているエンジニアも珍しくありません。組織に属して働くよりも、個人で働いた方が高いパフォーマンスが発揮できる人にとっては、有望な選択肢と言えるでしょう。

まとめ

アプリ開発エンジニアの仕事内容や将来性、エンジニアとして必要なスキルを解説しました。企業の業務システムの設計からモバイルアプリの開発・運用に至るまで、アプリ開発エンジニアは幅広く活躍しています。

システム開発に関する知識や基本となるプログラミングスキルなど、求められる技能はさまざまですが、他の職種に比べて安定した収入を得られる可能性が高いです。就職・転職に有利な資格もあるので、未経験からエンジニアを目指す人は、取得を目指してみても良いでしょう。十分な経験とスキルがあれば、独立して活躍する道もあります。

Offers 」は、 副業で成長したい 、そんな人にぴったりのサービスです。

副業で「時間の切り売り」をするのはもう終わり!モダンな開発現場で 自分の経験とスキルの幅を広げよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ