iOSエンジニアの年収は?収入アップのコツや必要なスキルを解説

iPhone向けアプリの開発を担う『iOSエンジニア』の活躍できる場が増えています。市場ニーズが高く安定した収入が期待できるため、目指している人も多いでしょう。iOSエンジニアの具体的な年収や転職に必要なスキル・業務内容を解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

iOSエンジニアの業務内容

iOSエンジニアとは名前の通り、iPhoneやiPad・Macなどに使われている『iOS』に関連するシステム・アプリの開発や設計に携わる職種です。具体的にはどのような業務に携わっているのでしょうか?

iPhone向けアプリの開発がメイン

iPhone向けのアプリ開発がiOSエンジニアのメイン業務です。さまざまなアプリケーションがiOS上で動作しており、数多くのアプリ開発会社がサービスを提供しています。

ゲームアプリやEC用アプリ・iPhoneユーザーのコミュニケーションアプリなど、開発する分野はさまざまです。アプリ開発の中核として、設計や要件定義・プログラムから保守・運用まで幅広く対応します。

ゼロからのアプリケーション開発だけでなく、既存アプリの改善を行う場合も少なくありません。アプリが動作する環境(インフラ)の構築や、サービス提供に必要なサーバーのメンテナンスを担うケースもあります。

通常は社内でチームを組んで作業をしますが、フリーランスのエンジニアとして活躍する人もいる職種です。プロジェクトごとに別の取引先からの業務を請け負う場合もあります。

iOSエンジニアの活躍分野

iOSエンジニアが活躍する中心的な分野は、iPhoneやiPad・MacなどのApple製品で動くアプリケーションの開発市場です。特にスマホゲーム分野は拡大の一途を辿っており、数多くのアプリ開発者が市場に参入している状況です。

市場の成長に伴ってiOSエンジニアのニーズも拡大しています。スマホユーザーが抱える問題を解決するためのアプリも続々とリリースされており、さまざまな業界でiOSエンジニアが活躍している状態です。

例えばIoT家電の操作や住宅の設備をインターネットに接続する『スマートホーム』の市場は急激に成長しています。iOSのアプリに縁のなかった業界の企業も、スマホアプリを使ったソリューションの提供を行うようになりました。

いわゆるソリューション系のアプリ開発に携わるiOSエンジニアも、近年は増えてきています。

出典:スマートスピーカーやスマートホーム対応照明の市場を調査|Fuji Keizai Group

iOSエンジニアの平均年収

市場の拡大に伴って需要が増加しているiOSエンジニアは、どの程度の年収を得られるのでしょうか?企業で働く場合の平均年収と、フリーランスとして案件を請け負う場合の収入を見てみましょう。

経験による年収幅が大きい

iOSエンジニアの年収は357〜996万円と、エンジニアの経験やスキルによって大きな幅があります。初任給の相場は22万円程度です。例えば経験の浅い新人のエンジニアと開発現場の統括役となる熟練のエンジニアとでは、報酬の額に大きな差が出てくるでしょう。アプリ開発の経験も年収を大きく左右する要素です。

iOSエンジニアの求人はアプリの開発経験を持っていることを募集要件にしている案件が多いため、全くの未経験からiOSエンジニアとして転職するのは簡単ではありません。

出典:モバイルエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

フリーランスの場合

企業に属しながらiOSエンジニアとして活躍する人が多くいる一方で、フリーランスのエンジニアとして開発案件を請けている人も少なくありません。

フリーランスのiOSエンジニアの平均年収は562万円程度と、日本人の平均年収に比べて非常に高い水準です。会社員として働くエンジニアと比べて倍以上の平均年収になっています。

フリーランスのiOSエンジニアが高い年収を得ているのは、個人として開発案件を請けられるほど高いスキルを持ったエンジニアだけが独立できるためです。

独立して一定以上の年収を得るには開発スキルだけでなく、多くの場合は開発環境に関する知識やアプリの保守・運用に関わる知識も求められます。

出典:Swiftフリーランスの年収は?|XR-HUB

iOSエンジニアの将来性は?

現状、iOSエンジニアの年収は日本の平均年収と比較すると高い水準で安定しています。iOSエンジニアへのキャリアチェンジを考えている人は、将来性についても確認しておきましょう。

市場ニーズは高い

iOSエンジニアが活躍できるモバイルアプリ市場は広がり続けています。ゲームや漫画・生活のためのツールとしてスマホアプリを利用する個人のニーズはとどまるところを知りません。

個人だけでなく業務システムとしてiOSアプリを利用する企業も増えており、さまざまな開発プロジェクトにiOSエンジニアが関わっています。

現在の市場ニーズは高く安定しており、将来的にもニーズが大幅に落ちる可能性は少ないと言えます。相応の知識とスキルがあればエンジニアとして就職・転職できるチャンスがあります。

今後、iOSエンジニアが活躍できる領域は広がっていくと予想されます。

求人募集のトレンド

現状、業界を問わずiOSエンジニアが求人が出されている状況です。iOSエンジニアの求人募集として最も多いのはモバイルアプリの開発です。次いで開発インフラの保守・運用などの業務が多くあります。

エンジニアを募集している企業はモバイルアプリの開発企業が中心ではあるものの、自社の業務システムに関わるiOSアプリの開発人員を募集している企業も増えてきました。

アプリの新機能開発やプラットフォームの開発に加えて、プロジェクトの立案から関われる案件も少なくありません。設計や開発を通じて達成感を得られる機会が用意されています。

iOSエンジニアの副業|Offers Jobs

iOSエンジニアに求められるスキル

iOSエンジニアの市場ニーズは高く活躍できる範囲も広がっています。しかし誰でもiOSエンジニアとして活躍できるわけではありません。

少なくとも『Objective-C』や『Swift』などの開発言語を扱えるスキルと、開発環境に関する知識が必要です。例に挙げた2種類の開発言語をそれぞれを掘り下げてご説明します。

「Objective-C」と「Swift」

『Objective-C』と『Swift』は、いずれもiOSアプリの開発に使われることの多いプログラミング言語です。Objective-Cはコンパイラ言語であるC言語をベースとしたオブジェクト指向の言語です。

iOSアプリの開発には以前、Objective-Cがメインに使われていました。しかしApple社がApple製品のアプリ開発に特化した『Swift』を開発して以降、SwiftiOSアプリ開発の主流言語に変わってきています。

Objective-Cは習得が難しいと言われているため、未経験や別分野から挑戦したい人は文法が比較的単純なSwiftをから学び始めるのがよいでしょう。

ただ、これはObjective-CSwiftについて比較した場合です。

他言語を使用する場合もある為、自分の目的や適正にあった言語を習得しましょう。

モバイルアプリの開発環境

モバイルアプリの開発は限られた納期で、効率的な進行を求められる傾向にあります。iOSエンジニアには効率的な開発環境を構築するための知識や経験も求められます。

例えばApple社の開発したIDE(統合開発環境)である『Xcode』や、ゲーム開発で頻繁に使われる『Unity』などの知識や利用経験は大きなアドバンテージです。

Xcodeを習得していればファイルのコンパイルやビルドからデバッグ・検証まで、アプリ開発における一連の流れを担当できます。Unityではコンピューターに命令文を与えなくても、画面上でさまざまな設定が可能です。

Xcode

Unlity

年収アップに役立つ知識

iOSエンジニアとして高い年収を得るには、iOSアプリの開発・設計に関わるスキル以外にも幅広い知識が必要です。サーバサイド・UIUXに関して知見があれば、より需要は増え年収がアップするでしょう。

Firebaseの知識

Firebaseとは、高品質なアプリの開発を迅速に行えるGoogleモバイルプラットフォームです。

スタートアップのアプリ開発では、仕様が不安定で、サービス自体の変更もしばしば見受けられます。

単にヒアリングをするだけでは判断が難しい事が多く、特にtoCサービスの場合は受け手と受取手に認識の差があったり、ヒアリングの際には「使う」と言われたものが実際には使われなかったという事も日常的に起こります。

Firebaseを用いてスピード感のある実装を行い、実際の数値で検証を行う事ができれば、より効率的に最良のアプリ開発を行う事ができます。

そのため、Firebaseの知識を有したiOSエンジニアは、特にスタートアップのアプリ開発で重宝されるのです。

UIやUXの知識

iOSのアプリは使う側が感じる利便性で評価される場合も少なくありません。インターフェースの分かりやすさや意匠性・使い勝手の善し悪しで評価が分かれることも少なくありません。UIUXデザインの知識や経験は、ユーザーから評価されるアプリ開発に有用です。クオリティの高いアプリを作れる人材は企業から重宝されます。

iOSの場合Apple社の定めたUI設計のガイドラインに準拠してリリースしなければならないため、アプリのリリースまで担当するのであればUIUXの知識は必須と言えるでしょう。

iOSエンジニアへの転職事情

iOSエンジニアは職種未経験からでも転職は可能です。ただしプログラミングに関する素養やエンジニアとしての基礎は求められるため、開発に関わる業務経験があった方がよいでしょう。

別分野からの挑戦なら独学で知識や技術を身に付ける必要があります。

エンジニアとしての実務経験が重要

転職活動の場合はエンジニアとしての実務経験やアプリの開発経験が求められる場合がほとんどです。

まずはエンジニアとしてシステムの開発経験を積んだり、実際にアプリを開発したりといった行動が必要です。

企業から即戦力だと認められる必要があります。他分野であってもエンジニアとしてのキャリアを積んでいた方が、iOSエンジニアとして活躍できる可能性が高いでしょう。

必要な知識・スキルを習得する

iOSに関する知識が全くない状態からスタートするならば、必要な知識を習得する必要があります。書籍や『Udemy』をはじめとするオンライン学習教材を使う方法もあれば、iOSエンジニアとしての知識をつけるスクールに通学 又は リモート授業を受ける方法もあります。

完全に独学で勉強を進めると、分からない部分に差し掛かったときにつまずきがちですが、仕事をしながらでも学べるオンラインのプログラミングスクールや講座であれば、質問しながら知識を習得できます。

スクールや講座は現役のiOSエンジニアから学べるところが良いでしょう。最新の情報を教えてもらえたり、そのときの業界事情を得られたりといったメリットがあります。

iOSエンジニアにおすすめの資格

iOSエンジニアにおすすめの資格もあります。転職の際に有利になる場合も多いので、この機会にチェックしておきましょう。

アプリケーション技術者認定試験

『アプリケーション技術者認定試験』は、Androidのアプリ開発に関する知識が求められる試験です。『ベーシック』と『プロフェッショナル』の2種類があります。

ベーシックは基礎的なアプリケーション開発に関する知識を問う試験です。プロフェッショナルでは実際の現場で高度なアプリケーション開発を担っている技術者のレベルが求められます。

iOSエンジニアが取得すればiOSだけでなく、Androidアプリの開発に対する知見もあると証明できるでしょう。スマホアプリ全般に携わる求人の選択肢も増えるため、取っておいて損はありません。

アプリケーション技術者認定試験

プロジェクトマネージャ試験(PM)

『プロジェクトマネージャ試験(PM)』は、情報処理推進機構(IPA)が主催している情報処理に関する資格試験です。システム開発プロジェクトの責任者に求められる知識やスキルを測ります。

将来的に開発現場を統括する立場になりたい人におすすめの資格です。プロジェクトの成功のために必要な要因や資源の確保、予算管理や品質管理などに関する知識を証明できます。

ある程度の実務経験を積んだ後のキャリアアップに最適な資格です。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構験

まとめ

iOSエンジニアの業務内容と平均年収、将来性や求められるスキルについて解説しました。iOSエンジニアは主にSwiftやObjective-Cといった言語を使って、iPhone向けのアプリを開発します。

市場ニーズが高く安定した収入が見込める一方で、経験や実績によって年収に差が出やすい職種です。

iOSの知識がない状態でも、独学で必要な知識を学んだりオンライン講座やプログラミングスクールで専門スキルを身に付けたりすることも可能です。

これからiOSエンジニアへの転職を考えているなら、エンジニアとしての実績を積みながら必要な知識を身に付けて臨むのがよいでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ