バックエンドエンジニアの平均年収は?将来性や必要なスキルを解説

Webサービスを開発するうえで、バックエンドエンジニアの存在は欠かせません。ユーザーの目に触れない部分を担当するため、重要な役割を担っています。バックエンドエンジニア平均年収や将来性について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

バックエンドエンジニアの仕事とは?

バッグエンドエンジニアとはサーバー側の処理やデータベースの運用など、Webサービスのユーザーの目には触れない部分を担当するエンジニアを指します。

具体的な業務内容を見ていきましょう。

サーバーやデータベース処理などを担当

サーバーやデータベースの構築・Webシステムの開発や運用が、バックエンドエンジニアの主な仕事です。かなり広範囲にわたる業務を担当します。

それぞれの分野に特化して仕事をしているエンジニアも多くいますが、チームでバックエンドに係る業務を一手に引き受けているエンジニアも珍しくありません。

企業のシステムの根幹を担う重要な役割であり、Webサービスの開発プロジェクトの立ち上げからリリース後の保守・運用まで幅広く活躍できるポジションといえるでしょう。

フロントエンドエンジニアとの違い

Webサービスのサーバーサイドやデータベースを担うバックエンドエンジニアに対して、ユーザーの目に触れるブラウザ側の業務を担うのが『フロントエンドエンジニア』と呼ばれる職種です。

Webサイトのデザイン面やUIUXなど、ユーザーが直接的に接触する部分を担当します。フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアは対照的な職種に思われますが、両者の業務は密接に関係します。

業務上のコミュニケーションを取れるように、それぞれが互いの領域に関して知識を有していなければなりません。

バックエンドエンジニアの平均年収

Webサービス開発において重要な役割を担うバックエンドエンジニアは、平均してどの程度の年収を得ているのでしょうか?別分野からの転職を目指す人は平均年収と併せて、収入に差が出る要素もチェックしておきましょう。

就職先やスキルによって年収に開きがある

企業で働くエンジニアの年収は571万円程度です。ただし、企業によって報酬額は大きく変動するのが特徴です。年収1000万円以上の求人案件も少なくありません。

エンジニアの開発実績やスキルによっても年収に開きが出ます。学歴不問で応募できる求人案件もあれば、大学院以上でなければ応募できない企業も散見されるのが現状です。

年収が高い求人ほど高いスキルや豊富な経験が求められるでしょう。賃金形態は月給制の場合もあれば、年俸制で設定している場合もあります。

出典:フロントエンドエンジニアの仕事の年収・時給・給料情報|求人ボックス

常駐と在宅(フリーランス)の年収の違い

フリーランスのバックエンドエンジニアとして仕事をする場合、常駐と在宅で年収額に違いが出てきます。

企業の常駐エンジニアとして仕事をする場合、平均年収は700万円程度です。特定の企業と契約を結び、企業所属のエンジニアと同じような働き方をします。

一方、在宅型のフリーランスエンジニアの場合、毎月こなす案件によって収入が変動するのが特徴です。人によって年収額に大きな差が出てきます。

全体の平均としては600万円程度です。1案件の単価は30~70万円程度の場合が多いものの、5年以上の経験を積んでいるエンジニアや、フルスタックに近いスキルを持っているエンジニアは年収が1000万円を超える事もあります。

出典:バックエンドのエンジニアのフリーランス単価相場は?|Pazot

出典:バックエンドエンジニアの平均年収や仕事内容を解説!|A-STAR

フロントエンドエンジニアとの比較

フロントエンドエンジニアの年収バックエンドエンジニアと同様に、企業によって年収額に大きな違いが出てきます。

学歴不問で応募できる求人案件も多くありますが、『Webサイトの制作実績が3年以上』など相応の実務経験が求められる案件が大半です。

バックエンドエンジニアもフロントエンドエンジニアも、エンジニア自身のスキルやキャリアに応じて報酬が決まります。一概にどちらの報酬が高いとは断言できません。

ただし全体の平均として見た場合、バックエンドエンジニアの方が年収額は高めになっています。

バックエンドエンジニアの将来性

バックエンドエンジニアへのキャリアチェンジを考えているなら、年収だけでなく国内の転職事情もチェックしておきましょう。別分野からチャレンジできるのかも併せて解説します。

将来性が高く安定した需要がある

バックエンドエンジニアは他のエンジニアに比べても専門性が高く、さまざまな知識やスキルを身に付けなければいけません。

その分企業からの人材ニーズは高く、全体として売り手市場になっている状況です。相応の知識やスキルがあれば、さまざまな求人案件の中から好きなものを選択できる立場を目指せるでしょう。

バックエンドエンジニアが活躍するWebサイトやWebアプリケーションの市場も伸び続けているため、今後さらにニーズが高まると予想されます。

今後も安定した収入を見込める職種です。求人数も常に一定以上は担保されているので、スキルと知識があれば転職にチャレンジできます。

出典:国内アプリケーションPaaS市場予測を発表|IDC

新規参入は難しい?

全体としてエンジニアの人手不足で売り手市場になっている状況ではあるものの、バックエンドエンジニアとして転職するには相応の知識と技術を身に付ける必要があります。

例えば『Ruby』や『PHP』などの言語やデータベースに関する知識が必要です。全くの未経験から始めるのはハードルが高いでしょう。

逆に言えばすでにバックエンドの分野に関して、知識やスキルを身に付けているエンジニアは希少です。多くの企業から貴重な人材とみなされるでしょう。

また別分野の開発経験やエンジニア経験は、バックエンドエンジニアに必要な素養も示せるキャリアです。現状は他の分野で働ているとしても、エンジニア・開発経験者は転職しやすくなります。

収入アップに役立つスキル

バックエンドエンジニアの収入アップに役立つスキルを紹介します。推奨されるスキルは数多くありますが、以下のスキルを持っておくと評価されやすく結果として収入アップにつながるでしょう。

プログラミングに関するスキル

PHPRubyPythonJavaといったプログラミング言語の知識は、バックエンドエンジニアにとって必要不可欠なものです。

全ての言語を理解しなければバックエンドに携われないとは限りません。しかし自身が専門とするプログラミング言語の他にも対応できる言語を増やすことで、仕事の幅が広がります。

例えばRubyの知識しかなくWebアプリ開発に業務が限定される人より、Wordpressなどでも幅広く使われているPHPも習得している人の方が貴重です。ライバルが少なければ、収入アップにもつながるでしょう。

フロントエンド開発に関する知識

UIの設計やデザインをはじめとしたフロントエンド開発に関する知識も身に付けておくと、現場で重宝される人材になります。バックエンド・フロントエンド両方に精通した人材には高い報酬が支払われるでしょう。

またフロントエンドエンジニアと協力しながら進めるプロジェクトでは、互いの領域に関する知識があれば業務を進めやすくなります。結果としてプロジェクトの成功に寄与でき評価が上がるのもメリットです。

バックエンドエンジニアとして高い年収を得たい場合は、HTMLCSSJavaScriptなどフロントエンドの言語もマスターすると良いでしょう。

サーバーやデータベースの知識・スキル

バックエンドエンジニアは、Webサービスの根幹を支える部分を担当するポジションです。サーバー運用やデータベースの知識やスキルが求められます。

年収アップを狙うなら、効率的にサーバーやデータベースの構築を行うために必要なフレームワークの知識も必要でしょう。現場の作業効率化を実現できるエンジニアは企業からの評価も高くなります。

他のエンジニアはない付加価値を見つけることで貴重な人材となり、キャリアアップや年収アップを目指せるでしょう。

バックエンドエンジニアのキャリアパス

バックエンドエンジニアとしてのキャリアには、どのような道があるのでしょうか?バックエンドエンジニアのキャリアパスについて考えてみましょう。未経験から転職できるかどうかについても解説します。

エンジニアとしての素養が求められる

Webサービス分野を中心にバックエンドエンジニアの需要は高く、優秀な人材は他のエンジニアよりも高い報酬を得られる可能性があります。

エンジニアとして確かな力量を持っていれば、ある程度自由に就職・転職先を見つけられるでしょう。フロントエンドの分野までカバーできると、開発プロジェクト全体を主導する立場も目指せます。

ただし、バックエンドの分野へ参入するにはエンジニアとしての素養が必須です。他の分野で開発に携わった経験が豊富なら、素養があると見なされて参入できる可能性があります。

経験やスキルがあれば転職や独立もできる

十分な経験やスキルを持っていれば、より高い報酬を得られる企業に転職したり独立してフリーランスとして活動したりする道もあります。

実際、フリーランスのエンジニアの中には年収が1000万を超えており、会社員としてバックエンドに携わる人より収入が多い人も珍しくありません。

ただし、独立して活動していく場合はエンジニアとしての技能に加えて、案件を獲得するための営業やマネジメントのスキルも必要です。

人によっては組織に所属しながら仕事をした方がパフォーマンスを発揮できる場合もあるので、自分の適正に合ったキャリアプランを考えましょう。

未経験からの転職は可能?

バックエンドエンジニアとして活躍するには、十分な知識や経験が求められます。全くの未経験からの転職はかなりハードルが高い職種です。

実際、数年の開発実績や実務経験を応募要件にしている企業は数多くあります。未経験からバックエンドエンジニアを目指す場合は、収入面はある程度妥協した方がよいでしょう。

また、近年はオンライン講座やプログラミングスクールでも必要な知識を身に付けられるようになりました。JavaPHPはフロントエンドの言語に比べて難易度が高いものの、独学より効率よく学べるでしょう。

まとめ

バックエンドエンジニアの平均年収と仕事内容、収入アップに役立つスキルを解説しました。WebシステムやWebサイトの裏側を担当するバックエンドエンジニアの需要には安定性があります。

経験や担当できる業務・スキルによって年収は変わってきます。

高い年収を得られるバックエンドエンジニアを目指すには、基本となるプログラミングスキルに加えてフロントエンドやサーバー・データベースの知識も必要です。

エンジニアとしての経験が浅いのであれば、まず実務経験と素養を育てましょう。他の分野であってもエンジニア経験が豊富なら、必要な言語の知識を身に付けることで転職ができるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ