ゲームエンジニアになるには?必要なスキルと仕事内容とは

ゲームを仕事にしたいならゲームエンジニアがおすすめです。ゲーム業界の中で、エンジニアが担う仕事や求められるスキル、年収などの待遇について解説します。ゲームエンジニアになるための勉強方法を考え、ヒットメーカーを目指してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ゲームエンジニアの仕事について

ゲームを仕事にしたいくらいゲーム好きならゲームエンジニアを目指してみるのはいかがでしょうか。

しかし、ゲームエンジニアについて具体的にはっきりとしたイメージを持っている人は多くはないでしょう。では、ゲームエンジニアとは何かというところから紹介します。

仕事内容を知ろう

『ゲームエンジニア』とは、CJavaなどのプログラミング言語を使ってゲーム開発を行うエンジニアの総称です。これに含まれる職種は幅広く、一般的な呼称としては「ゲームプログラマー」や「ゲーム開発エンジニア」があります。

ゲーム開発エンジニアの中でも、マルチプラットフォームに対応したゲームエンジンである『Unity』を使う場合は「Unityエンジニア」と呼ばれたり、Unityを用いてVRゲーム開発を行うなら「VR開発エンジニア」と呼ばれることもあるようです。

携わるプロジェクトによって、iOSAndroidのゲームアプリ開発を行う場合もあれば、コンシューマーゲームやブラウザゲームの開発を担当する場合もあります。

仕事内容としてもプログラミングだけでなく要件定義・設計といった上流工程も担うケースもあるのです。

ゲームエンジニアに必要なスキル

ゲームエンジニアになるにはどんなスキルが必要なのかを見てみましょう。

コミュニケーション能力

エンジニアというと1人で黙々とプログラミングしているイメージがあるかもしれませんが、ゲーム開発においてはチームでの協働が前提であるケースが大半です。

例えば、ゲームプランナー・3D背景モデラー・3Dキャラモデラー・3Dアニメーターなどと協働してプロジェクトを完成させていくことになりますので、チームとしてスムーズに仕事を進める上でコミュニケーション能力が重要になります。

C、C++の言語

コンシューマーゲームにおいては、ハードウェア寄りの記述も可能な『C』や、Cの後継言語であり動的なプログラミングに向いた『C++』が用いられることが主流です。

また、コンシューマーゲーム以外にもPCゲームやスマホゲームにも対応できるマルチプラットフォームのゲーム開発環境である「Unity」を導入することも主流になりつつあります。

UnityCC++で書かれたゲームエンジンで、これをベースにゲームを開発するために、同じく「C系言語」である『C#』が必要ですので、このスキルも磨いているとなお良いでしょう。

スマホゲームに対応する言語

iOSAndroidのゲームアプリは一度作れば翻訳して世界に発信することもでき、全世界で億単位のユーザーを獲得するケースもあります。

今やスマホゲームは巨大市場ですので、これの開発に向いたJavaJavaScriptRubyPythonなどのスキルを磨いておくと仕事の幅が広がるでしょう。

また世界シェアでいえばAndroidiOSを上回り、Androidの方がゲーム公開の審査が通りやすいという面もあります。

Androidではゲームエンジンとして「Android Studio」を使うことが増えており、ここでもJavaは必須です。また一度Javaで作ればほかのプラットフォームへの移植も容易という利点があります。

Javaは汎用性の高さが際立っていますので、基本スキルとして習得しておくとよ良いでしょう。

ゲームエンジニアにおすすめの資格

ゲームエンジニアが持っていると高待遇が期待できる資格を紹介します。

基本情報技術者

ゲームエンジニアは単にコーディング(コードを書く)だけではなく、コーディングしようとするアプリの要件定義や設計も行い、またアプリをサーバーシステムと統合するところまでも担当するケースがあります。

携わるプロジェクトによって業務範囲はさまざまですが「なんでもできる」ことを証明するには『基本情報技術者』資格はうってつけです。合格するには、アプリ開発の一連の流れを一通りマスターしている、という知識・スキルが求められます。

合格率は26%程度と高くはありませんが、無資格のゲームエンジニアが多い中で、信頼の置ける人材として重宝されることが期待できる資格と言えるでしょう。

基本情報技術者試験(FE)

Oracle認定Java資格

Javaは元々SunMicrosystems社が公開したプログラミング言語ですが、同社は2010年にOracleが吸収合併したため、『Oracle認定Java資格』はJava公開元の公式資格という位置付けになります。

先述した通り、Javaはゲーム開発において基礎的な言語となっていますので、これに関する資格を有しているのはポイントが高いでしょう。

試験は簡単な方からBronze・Silver・Goldというレベル別に分けられています。

Bronzeはオンライン受験も可能でJavaの基礎的な知識・運用スキルを問うものですので、できればSilverを取っておけると高評価につながると考えておくと良いでしょう。

JavaSE8認定資格 | オラクル認定資格制度

TOEIC

ゲーム開発を行う上で使われるプログラミング言語は随時仕様更新されていきますが、これの内容は英文であることも多く、業界の動向に関する情報は英語で発信されているケースもあります。

技術文書や関連情報を素早く読み込んで理解していけるというのは時間との調整をしなければいけないエンジニアにとっては重要なスキルです。

ビジネスの世界で英語力の証明に最も効果的な資格として『TOEIC』があり、評価を得るには600点以上のスコアがあることが望ましいでしょう。

またゲームの海外展開や輸入もありうることを考えると、英語力が報酬額アップに繋がることも納得できるのではないでしょうか。

TOEIC Program

ゲームエンジニアになるためには

ゲームエンジニアになるためにはどのようなことが必要なのでしょうか。ゲームエンジニアになるための勉強方法を考えてみましょう。

専門学校に行くこと

企業によっては報酬額は高くなくても未経験でも可能な採用を行なっているケースもありますが、入ったあとの待遇差や成果報酬を考えると即戦力であることが望ましいでしょう。

ゲーム開発に特化した専門学校で学べば、ツールも人材も揃った環境で、実際のゲーム開発の現場でゲームエンジニアが一体どういう仕事をしていくのかを体系的に理解することができます。

この段階で、コンシューマーなのかスマホなのかと狙いを定めて言語を習得していけば自分でキャリアパスを選んでいくことも考えやすくなるのではないでしょうか。

また3Dゲームの開発では「ゲーム内の物理法則を記述」することにもなりますので、数学や物理学の勉強を進め、実際にゲーム内でそれがどう反映されるのかをコーディングしながら確かめていくと良いでしょう。

独学で勉強する

独学で勉強するなら、比較的習得の容易なJavaJavaScriptを学んでスマホゲームやブラウザゲームの開発に進んでいくことを考えるのが良いかもしれません。

コンシューマーで必要とされるC++は習得難度が高く、またUnityで必須のC#はCC++の理解がなければ習得に半年以上かかるケースがあります。

独学の場合はゲーム開発の現場をイメージしつつ言語習得していくことが望ましいでしょう。先述の通り、3Dゲームでは数学や物理学の知識も必要となります。

コーディングの練習はもちろんですが、実際の仕事の現場で必要とされる関連スキルを磨いていくことも意識しましょう。

まとめ

ゲームエンジニアには複数のプログラミング言語を使い分けるスキルが求められますが、入り口から全部マスターしている必要はありません。

まずはCJavaなどの基礎的な言語から学んで、実際に仕事を選ぶという段階までに出来る限りのスキルを磨いていくということを心掛けましょう。

ゲームに対する情熱を持って、これからのゲーム業界を担う人材を目指してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ