アプリエンジニアはどんな仕事か。内容や求められるスキルを紹介

IT業界で働いていたり、同じ業界で転職を考えていたりすると、『アプリケーションエンジニア』『アプリエンジニア』という名称を聞くことがあるでしょう。アプリエンジニアの仕事内容やスキルなどを知ることで、将来のイメージが持ちやすくなります。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

アプリエンジニアとは

数多くあるエンジニアの中でも『アプリエンジニア』は、どのような仕事をするエンジニアなのでしょうか。まずはその仕事内容や種類、似たような仕事であるインフラエンジニアとの違いを解説していきます。

アプリエンジニアの種類

一般にアプリエンジニアといっても大きく3種類に分けられます。

  1. クライアントの業務課題を解決するための新たな業務内アプリの企画を提案し、開発を行う業務系アプリケーションエンジニア
  2. Webブラウザで多くの人が活用できるアプリケーションを開発管理するWeb系アプリケーションエンジニア
  3. スマートフォンで活用するために特化したアプリケーションを開発するスマホ系アプリケーションエンジニア

この3タイプのアプリエンジニアが、日々私たちの使うシステムを構築し、維持し続けてくれています。

業務系アプリケーションエンジニアはATMなどのインフラ整備をしていますし、Web系アプリケーションエンジニアはブログやSNSなどのソーシャルメディアの管理を、スマホ系アプリケーションエンジニアはソーシャルゲームの開発などを行っているのです。

インフラエンジニアとの違い

もうひとつのITエンジニアである『インフラエンジニア』とはどこが違うのでしょうか。

アプリエンジニアはアプリケーション単位で仕事をしているのが大きな特徴です。開発が済んでしまえば、プロジェクトは終了となり、次のアプリ開発に入ります。それに対してインフラエンジニアは運用やサポートも行います。

一つの現場に長く関わり続けることが好きなら、アプリエンジニアよりもインフラエンジニアのほうが向いています。逆に次々に新しいフィールドを求め、変化が欲しいならばインフラエンジニアの仕事には向いていないでしょう。

年収とキャリアについて

これからアプリエンジニアを目指すなら、将来性の有無も気になるでしょう。アプリエンジニアの年収とキャリアについて見ていきます。

アプリエンジニアの年収目安

アプリケーションエンジニアの年収には個人差がありますが、転職サイト「@type」の調査によると、20代の平均年収は約360万円~410万円、30代は約490万円~540万円、40代が約630万円~690万円となっています。

プログラマーに比べて約2~3割ほど高く、また年齢に即した伸び率も大きくなっていることがわかるでしょう。長く続ければ続けるほどに年収が上がっていくので、一度アプリエンジニアを目指したら長く続けられるというのがおすすめポイントです。

アプリエンジニアの将来性

単刀直入に言えば、ポータルサイトやオンラインショップなど、業種を問わずアプリケーションをリリースしている現在、アプリエンジニアには将来性があります。

サービス改善のためWebアプリやスマートフォンアプリは日々増殖していますので、アプリエンジニアの活躍フィールドはとても広く、他のエンジニアに比べて圧倒的に求人も多くなっているのが現状です。

そして、そのサービスは我々利用者によってさらなる向上が求められます。サービス向上のためにはアプリの開発・改善が欠かせません。アプリエンジニアの仕事は今後もさらに拡大を続け、将来展望は明るいといえるでしょう。

アプリエンジニアに求められるスキル

仕事内容・将来性について理解が深まったところで、これからアプリエンジニアになるために必要なスキルについて解説します。通常のエンジニアにも必要なスキルもあれば、アプリエンジニア独特のスキルもあります。

求められるスキルを会得することで、転職や就職活動が有利に進みますので、しっかり確認しておきましょう。

プログラミングスキル

通常のエンジニアであってもシステム開発は行いますが、特にアプリエンジニアは多岐にわたるプログラミング言語が必要なので、開発に必要な深い知識とスキルを学んでおかなくてはなりません。

業務系アプリエンジニアならJAVA・C・C#は必須ですし、WEBアプリエンジニアならRuby・PHP・JAVA・C、スマホアプリエンジニアならばJAVAのほかにiPhone用アプリならSwiftも学ぶ必要があるとされます。

ネットワークやデータベーススキル

電話帳や辞書もデータベースの一つですが、クラウド化が急速に進んでいる昨今では、大量のデータを保有し、分類や検索などできるようにしたシステムをデータベースと呼びます。

毎日移り変わるデータに随時対応していかねばならないアプリエンジニアは、ネットワークに関する幅広い知識やデータベースを管理、カスタマイズするスキルが必須です。

コミュニケーション能力

アプリエンジニアにとっても、ほかの会社員同様コミュニケーション能力は必須のスキルです。プロジェクトがうまく進行するためには、クライアントへいい企画を提案していかなくてはなりません。

ほかにもアプリケーションの開発はチームで行う場合が多く、常に人と接し続けなくてはならないのです。またアプリケーション開発のリーダーとして任される可能性もあるので、人をまとめ上げる能力が求められる場合もあります。

プロジェクトの進捗を管理しながら相手としっかりコミュニケーションを取り、求めているものや困っていることなどを理解することが、アプリエンジニアにとって必要不可欠な能力なのです。

アプリエンジニアに役立つ資格

最後に、アプリエンジニアに役立つ資格を紹介します。

Android技術者認定試験

Android技術者認定試験は、その名の通りAndroid技術者としてのスキルを図る試験です。アプリエンジニアのスキルを客観的に評価できる資格となっており、アプリケーション技術者認定試験とプラットフォーム技術者認定試験の2種類があります。

それぞれベーシックとプロフェッショナルという2段階のレベルが用意されていますので、自分の実力に合わせて受験しましょう。国家資格ではありませんが、保有していればアプリエンジニアとしての能力の証明となります。

Android技術者認定試験

まとめ

アプリエンジニアの仕事内容は、アプリ開発だけではありません。これからの時代、より知識とスキル、経験が求められる職種です。

今後も拡大し続けるであろうアプリエンジニアの市場なら、目標とやりがいを得ることができるでしょう。ぜひ挑戦してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ