フリーランス向け求人情報の探し方。効果的な仕事獲得のポイント

フリーランスは自分で仕事を探さなければなりません。そのためにはいかに求人情報を効率的に利用するかがポイントです。フリーランス向けの求人情報の探し方と、仕事を獲得するためには具体的に何が必要かについて紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスの求人を探す方法

フリーランスで仕事を探す方法はいくつかあります。まずは求人探しの方法についていくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

知人や顧客からの紹介は信頼関係がポイント

まずは知人や仕事を請け負っている顧客の紹介を頼るという方法があります。フリーランスも企業側も、紹介者の仲介がある事によって、見ず知らずの人間と仕事をするよりも安心感を得られるでしょう。

また条件面や仕事の開始日についても、ある程度融通が利きやすくなるメリットはあります。面接や審査時間も、ある程度短縮を見込めるでしょう。

ここで重要なのは信頼関係です。紹介者は一定のクオリティ水準を期待して紹介するわけですから、きちんと仕事ができないと紹介者の顔に泥を塗ることになってしまいます。

営業活動の成功は実績とスキルが鍵

フリーランスが営業活動をする場合のポイントは、実績とスキルです。フリーランスに求められるのは素養や将来性ではなく『今現在何ができるか』になります。

そのため、今までの実績や現状でどんな事ができるのか、具体的にアピールする事が大切です。営業活動を考える場合、まずは自分のポートフォリオを作る事から始めてみましょう。

求人サイトは初心者でも案件をみつけやすい

実際に企業に営業をかけて採用されるというのは、実績もない初心者ではかなり難しいです。そこで、インターネットの求人サイトを使って仕事を探す方法がオススメでしょう。

求人サイトは自分で希望の条件や自身のプロフィールに添った仕事先を紹介してくれるので、手がかかりません。仕事先も自身も条件にマッチしているためにお仕事に結びつきやすくなる可能性もあります。

フリーランス向け求人サイトとは

インターネット上に求人サイトは多くあります。その中でも、特にフリーランスに向けた求人サイトの特徴やメリットについて紹介します。

フリーランス向け求人サイトサービスの特徴

フリーランス向けの求人サイトは、ただの仲介業者ではありません。実際に働き始めてからも多くのサポートを受けられるのがメリットと言えます。

フリーランスの仕事は、プロジェクトごとの単発の案件も多いのが現状です。そんな中で新規のお仕事の紹介やクライアントとの交渉・契約、スキルアップのための講座の開催など色々な事をやっています。

ただし、全ての求人サイトがそういったサポートをしてくれるわけではないので、どの求人サイトに登録するかは自身でしっかりと見極める必要があります。

初心者や低スキルでもできる案件がある

クラウドソーシングは、初心者でもできる仕事が用意されている場合が多いです。そのため活用できるスキルがない人や、実績のないフリーランスでも仕事を見つける事が可能です。まずはそういった仕事を見つけて実績を積み重ねていきましょう。

フリーランス求人サイト賢い利用の仕方

フリーランス求人サイトは有名なものでも複数あり、さらに多くの案件を抱えています。その中で自分に合った仕事を探すにはどうすれば良いでしょうか?

フリーランス求人サイトをうまく活用する方法について解説します。

複数サイトの登録は優良案件獲得の秘訣

求人サイトを活用する際には複数のサイトに登録するのがオススメです。求人サイトに複数登録してもクライアントが重複している場合も多く、一見すると無駄のように感じてしまうでしょう。

しかし、同じような求人サイトでも、会社ごとに独自の案件を登録している事があります。また、日によって案件にもばらつきがありますのでチェックしていくと、自分に合った仕事が見つけやすくなるでしょう。

そして、できるだけ多くの案件を見る事で相場を知る機会にもなります。仕事量と価格を比較して、どの程度の報酬や条件が適正化を自身で研究してきましょう。

単価が安い案件には手を出さない

特に駆け出しの人がやってしまうことが多いのですが、実績欲しさに単価が安い仕事に飛びついてしまうのは避けるべきです。単価が安い仕事はモチベーションの低下にもつながります。仕事が雑になってしまうと肝心の実績としても機能せず、かえって時間の無駄です。

フリーランスの案件は特に報酬がピンキリです。先述したように複数のサイトに登録したり、他の人から話を聞いたりして相場観をしっかり持って、安い案件には手を出さないようにする事が、長く仕事をする上で重要になります。

迅速な対応が信頼獲得の鍵

フリーランスの求人はプロジェクトごとの案件が多く、「今、人材が欲しい」というタイムリーな状況も少なくありません。そのため、レスポンスが早いというのはそれだけで信頼獲得にもつながります。相手方のメールには、可能なら半日~1日以内の返信を心がけましょう。

また、逆にこちらのメールに対する先方の返信速度を見極める事もポイントです。求人の時点でレスポンスが遅い企業は、実際に仕事が始まってもやりとりに時間がかかってしまうケースも想定されます。

また、募集だけは常時出しておいて実際には人材採用をしていない企業も中にはあるようで、そういった場合もやはりレスポンスは遅くなってしまうことがあります。先方の営業日で、48時間程度でレスポンスが無い場合は他の応募先を探した方が賢明でしょう。

フリーデザイナーには求人サイトが効果的

フリーランスのデザイナーは時間に融通が利く反面、仕事がないと収入がゼロになってしまうのが不安材料と言えるでしょう。そんな不安を抱えている場合は求人サイトをうまく活用するのが効果的です。その理由について詳しく触れていきます。

多忙でも営業が苦手でも仕事を獲得できる

フリーランスのデザイナーの場合、仕事だけでなくそこに至るまでの仕事の獲得や条件面での話し合いも自分で行わなければなりません。しかし、求人サイトに登録しておけばそういった雑務は求人サイト側が引き受けてくれるため、仕事に専念できます。営業や交渉が苦手な人でも仕事を獲得できるため、積極的に活用してみると良いでしょう。

取引先を増やすことができる

個人での営業や取引先を見つけるのには、やはり限界があります。求人サイトを使うことで、取引先を複数持つ事ができるのです。1つの案件が終わった後に、仕事が途絶える可能性が低くなります。条件面でも自分に合った仕事が見つけやすくなるでしょう。

取引先が増える事は仕事の安定感につながり、さらには精神的な支えになります。1つでも多くの取引先を見つける事がフリーデザイナーにとってはとても重要です。

求人サイト利用のメリットとデメリット

求人サイトで仕事を探す場合、多くは在宅ではなく勤務先での作業となります。コンプライアンスやコミュニケーションの関係で出社を希望するクライアントが多いためです。その場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。

まず、メリットは高単価の案件も比較的多い事です。そして報酬が最初から提示されるので生計の見通しが立てやすいのもメリットと言えるでしょう。相談も容易ですし、人脈を作るチャンスにもなり得ます。

一方のデメリットは、やはり出社しなければならないという事です。時間を1つのクライアントによって拘束されるので他の案件と掛け持ちがしにくい点も挙げられます。上記のような点をしっかり吟味して、求人サイトを活用していきましょう。

Webライター仕事の見つけ方

Webライターは企業のHPに飾る文章作りからブログのような記事までとても仕事の幅が広いのが特徴です。そのため経験者だけでなく、初心者に対しても間口が広く開いています。そんな多様な仕事の中でどうしたら自分に合う仕事を見つけられるのでしょうか。

クラウドソーシング統合型と特化型の特徴

クラウドソーシングのお仕事は、ライターだけでなくプログラマーやデザイナーなど様々な案件を取り扱った「総合型」と、ライターのお仕事のみを扱う「特化型」に分類する事ができます。それぞれの特徴を見ていきましょう。

総合型はとにかく扱う案件が多いのが特徴です。初心者でもできる簡単な案件が多い事がとても魅力的ですが、登録しているライターも多いため、条件の良い案件の倍率は高いケースがあります。また、単価も割安な案件も多く、中には悪質なクライアントが紛れている場合もあるので注意が必要です。

一方の特化型は運営とのやりとりで行うため、悪質なクライアントに引っかかる可能性はありません。また、様々なジャンルの記事に挑戦できるのも魅力です。しかし、仕事量が安定しない事や、運営が非承認と判断した記事はお金にならないというデメリットもあります。

ライター募集サイトのメリットとデメリット

ライター募集サイトの特徴を一言で言えば「スキルを磨きながら仕事ができる」ことが最大のメリットと言えるでしょう。納品物のフィードバックやライティングのノウハウを、報酬を得ながら学ぶ事ができます。

一方で、登録に際してテストライティングを行う会社も多く、完全な初心者では登録さえできなかったり、執筆ジャンルもある程度限定されてしまったりする事がデメリットと言えるでしょう。

時給案件もあるアルバイト求人サイト

数は少ないですが、アルバイトとしてライターを求めている会社もあります。

時給制なので収入が安定が見込める事や、きちんとした企業が求人を出している事が多く踏み倒される心配がない事も安心できるポイントになります。

一方、クライアントが企業のため匿名で仕事をする事が不可能な事と、クライアントによって原稿のジャンルが特化してしまう事がデメリットと言えるでしょう。

まとめ

フリーランスは時間や仕事の内容にある程度の融通が利く一方で、クライアントとの営業や交渉を自分でやらなければなりません。そんな時は、フリーランス向けの求人サイトを利用してみると良いでしょう。

求人サイトの中には、営業やクライアントとの仲介だけでなく、フリーランスとしてやっていくノウハウを教えてくれるところも多く、初心者でも安心して仕事に専念できます。求人サイトにも色々ありますので、ぜひ自分に合ったサイトを見つけてうまく活用してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ