タスク管理ツールZapierの料金は?まずは無料で使ってみよう

Zapierは色々なアプリを併用しているビジネスシーンで、効果を発揮するツールです。Zapierの基本的機能に加え、プランごとの利用料金についてもご紹介します。タスク管理をする上で有効活用してみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

Zapierとは

『Zapier』というツールを利用することで、日々の業務を現状より効率的に行えるようになるでしょう。

Zapierの機能や概要について、まずはご紹介します。

タスク管理ツール

メールでの確認や、共通ストレージへのファイルのアップロードなど、日々の業務の中で同じ作業を繰り返しているものはありませんか?

手順が決まっているにもかかわらず、毎日同じ作業を行うのはそれだけで業務の時間を削ってしまいます。1年もすれば、それは膨大な時間に及ぶことでしょう。

Zaiperを利用することで、タスクの管理や作業の自動化が容易に実行できるようになります。

簡単にWebサービス同士の連携が可能

Zapierでは、750種類以上の別のアプリを組み合わせることが可能です。例えば、Gmailで特定の相手から届いたメールをSlackで通知し、Slackの参加者がすばやく確認する、Evernoteに投稿した記事が自動で別のブログから投稿されるといったように、無関係のツールを関連付けて利用することが可能です。

これによって手動でしていた作業が自動で行えるようになるでしょう。複数のWebサービスを1つの手順で行えるように簡略化できるのが、Zapierの強みと言えます。

Zapと呼ぶアプリを作成する

アプリ同士を連携する方法ですが、Zapierでは『Zap』というアプリを作成します。これは、複数のアプリを連動させて1つにまとめたグループのことです。Zapを作成することで1つのアプリのように、複数のアプリの機能を利用することができます。

出典:Zapier | The easiest way to automate your work

Zapierを使うメリット

Zapierには、機能面以外にも利用することでさまざまなメリットがあります。どのようなメリットがあるのかを具体的に見ていきましょう。

非エンジニアでも使いやすい

通常、異なるツール同士を連携させるためには、IaaSなどを用いなければならず、プログラムに関する知識が必要になります。そのため、エンジニアが社内にいることが必須条件となってしまうのです。

しかし、Zapierを使ってツールを連携させる場合は、プログラム知識もコード作成も必要なく、簡単な操作のみで行えます。そのため、エンジニアのいない、プログラミングの知識がない担当者にとっても使いやすいといったメリットが上げられます。

海外サービスに対応している

Zapierの会員は、海外ユーザーの割合が3~4割程度に達しています。その理由は、国内だけでなく海外のさまざまなサービスにも対応していることが要因でしょう。そのため海外企業とデータのやりとり等をする際にも役立ちます。

ZapierにはZapのテンプレートが豊富に用意されていることから、国内外に問わず、簡単に連携できるようになるのも魅力の1つです。

Zapierの利用料金

Zapierには、フリープランやビジネスプランといった複数の利用プランが用意されていて、それぞれ価格も異なります。

プラント利用料金について見ていきましょう。

基本機能は無料で利用可能

Zapierのフリープランは、月額費用はかかりません。Zapを作成する基本機能が利用できるので、お試しとしてフリープランから入ってみるのも良いでしょう。

ただし、Zapのアクション数の制限や、利用できるアプリに制限があるといった具合に、課金プランと比較すると色々な規制がかかっています。そのためビジネス利用を考えるのであれば、課金プランがおすすめです。

個人用と企業用の月額プランを用意

Zapierには5つのプランが用意されています。このうち『Free』『Starter』『Professional』『Professional Plus』の4つは個人用、残り1つの『Teams』は企業用のプランです。

Teamsのプランの場合、アカウントには『Organization』と『Member』の2つの概念があります。Organizationは管理者、Memberは参加者といった意味合いで、管理者権限を使って新メンバーの追加や削除を行うことが可能です。

また、TeamsのプランではTask(Zapのアクション数)は5万以降は従量課金方式になっており、他のプランのように上限を超えても利用できるといった特徴があります。

プランに応じて利用できる範囲が拡大

Zapierは、上位プランになるにつれて利用幅が拡大していきます。詳細は以下の比較表からご確認ください。

Free Starter Professional Professional Plus Teams
月額 $0 $25 $62.50 $156.30 $312.50
Zap数 5 20 50 125  上限なし
Task数 100 1000 3000 10000 50000
マルチステップzap ×
プレミアムApp ×
Autoreplay Tasks × ×

『Autoreplay Tasks』とは、通信エラーなどでサービスがシステムダウンしてしまった場合に自動で復旧する機能のことです。Task数をはじめ、このように利用できる機能がかなり異なりますので、利用する規模に応じてプランを選ぶ必要があります。

出典:Plans & Pricing | Zapier

まとめ

Zapierの利用料金は、無料から約$300までかなり幅があります。無料でも基本的なことは利用できますが、有料プランと比較すると利用制限が大きいため、業務に利用するのであれば有料プランを考えた方が良いでしょう。

有料プランの中でもグレードによって機能に差があるため、運用に必要な適切なプランを検討する必要があります。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ