ITストラテジストの市場価値とは?実力を発揮できる職種も紹介

ITストラテジストは、企業がIT技術を活用し利益を上げるために経営戦略を立て提案し、実行に移す重要な役割を有しています。会社経営に対し情報技術の観点から様々な提案をするITストラテジストの市場価値や、活躍できる職種について紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ITストラテジストの市場価値とは

高度なIT知識やスキルを持つ技術者は世の中に沢山存在します。また、会社経営の手腕に優れた経営マネジメントの専門家も多く存在します。しかし、その両方のスキルを兼ね備えた人材であるITストラテジストの数は多くありません。

一般的に、需要がある市場の中で人材の数が少なければ、その人の市場における価値は高くなります。ではITストラテジストの市場価値はどうなのでしょうか。

需要が高く、転職に有利

高い専門性をいくつも兼ね備えたITストラテジストは、あらゆる業界において需要が高く、常に必要とされている職業です。技術開発が進み多くの企業がシステムを導入し、技術力を高めて業績をあげる努力をしています。

ITストラテジストは確かなIT技術の知識や経験を武器に、会社経営のかじ取り役として重要な役割を担います。従って、転職の際にもITストラテジストの資格や実績がある方が、より有利に働くと言えるでしょう。

フリーランスにも有利

様々な現場で経験を積んだ実績のあるITストラテジストであれば、あえて企業に所属せずフリーランスとして仕事に取り組んでみるのもいいでしょう。

優秀なITストラテジストの存在は業界の垣根を超えて必要とされています。フリーランスとして活躍しキャリアを重ねていくことで、段々と報酬も高くります。ITストラテジストの資格は、フリーランスとしても有利に働くのです。

参考:ITストラテジストの求人・案件一覧

実力を発揮できる職種

有能なITストラテジストは、IT技術に関する知識だけでなく、会社経営に関する知識も豊富に有しています。しかし、様々なスキルを有していても、その実力を発揮できなければ仕事や年収につなげることはできません。

ITストラテジストがどのような職種や立場で実力を発揮しているのか、具体例を交えて解説します。

経営者など上級の役職

ITストラテジストはその豊富なITスキルや知識を武器に、会社経営の戦略を練り、提案し、実行する役割を果たします。特に優秀な人材であれば、そのまま会社経営者や取締役として会社経営に直接関与するケースもあります。

ITストラテジストは会社経営者など上級の役職に就くことで、より実践的で幅広い能力を発揮することができるのです。

ITコンサルタント

ITコンサルタントは会社の外部の立場として、より全体を俯瞰して会社経営戦略に関わる職業です。ITストラテジストの資格を有するITコンサルタントであれば、会社経営を客観的に捉えた上で効果的なIT戦略を策定できます。

システムの最適化を図りながら、経営に関して高度なアドバイスができるITコンサルタントは、ITストラテジストの実力が存分に発揮できる職種だと言えます。

ITストラテジストに期待される能力

ITストラテジストは、情報技術に関する知識や能力を有しているだけでは第一線で活躍できません。企業側も、自社に関わるITストラテジストにはそれ以上の様々なスキルを期待しているのです。

ここでは、ITストラテジストに期待されている具体的な能力について解説していきます。

技術的な専門知識

ITストラテジストは高い技術を持ち、情報システムに関する幅広い知識を持っていることが大前提です。

ITストラテジストは、高い情報技術に関する専門知識を活用し、ネットワークシステムの開発に関わることもあります。システム開発の実務経験を重ねた、確かなスキルや専門性が期待されているのです。

経営戦略を考えるスキル

情報システムの活用がどのように会社経営に関わって行くのか、その方向性を指し示す役割がITストラテジストにはあります。従ってITストラテジストには、会社経営の戦略を策定するマネジメントスキルも求められているのです。

コミュニケーション能力

ITストラテジストは、社員や取締役、取引先や顧客など様々な人と関わる場面が多々あります。その際、互いの関係性を良好に保ち、自らの意思や戦略を円滑に伝えるコミュニケーション能力が必要となります。

優秀なITストラテジストは、円滑に物事を進められる高いコミュニケーションスキルが期待されているのです。

出典:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:制度の概要:ITストラテジスト試験

まとめ

有能なITストラテジストは、情報技術に関する知識やスキルを持っていることを前提に、それらを使いこなしながら会社経営の戦略策定まで関わる責任ある立場です。

ただ資格試験に合格すればいいわけではなく、経験を重ねて得てきた実践的なスキルも求められるので、決して簡単になれる職業ではありません。

しかしそれだけ困難だからこそ、市場価値は極めて高くなります。ITストラテジストは、多くの情報関連技術者にとって、キャリアアップに役立つ資格だと言えるのです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ