フリーランスはエージェントに登録を。メリット・デメリットを紹介

フリーランスが自力で仕事を得るには、人脈を活用したりPRしたりして営業する必要があります。自分の職種や業界に特化したエージェントを活用すれば、営業の手間が省けるだけではなく、高単価で条件が良い案件に出会える可能性が高まるのです。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

エージェント登録をおすすめする理由

フリーランスの特徴は、自分で営業をかけてクライアントを探し、仕事の依頼を受けなければならないことです。エージェントは、そうした営業の手間を代行して、仲介してくれるため、非常に便利な存在といえます。

エージェントを利用することでどんなメリットがあるのか、大きく2つのポイントにまとめました。

仕事の幅が広がる

第1に挙げられるのは、仕事の幅を広げられることです。個人の人脈と営業力には限界がありますが、エージェント経由であれば好条件の案件を紹介される可能性が高まります。

さらに、エージェント登録しておけば継続的に仕事を依頼されることもあるため、安定して仕事を確保しやすいのもフリーランスにとってうれしいポイントです。

福利厚生やサポートがある場合も

エージェントによっては、福利厚生やサポートが充実しているところもあります。

福利厚生では、資格試験の受験料を一部または全額負担してくれたり、定期健康診断の受診料を本人だけでなく配偶者分も請け負ったり、共済会を作っていたりするエージェントもあるのです。

サポート面では、勉強会・説明会などで、フリーランスのスキルアップを後押しするサービスを行っているところもあります。税理士や会計ソフトの紹介、コワーキングスペースやホテル、スポーツクラブの優待利用といった、業務の実情に寄り添うサービスもあるのです。

また、クライアントからの依頼を円滑に進められるように管理体制を充実させているエージェントも、トラブルを未然に防ぐことができるため安心です。

手数料を取られることがデメリット

エージェントに登録すると、月々の手数料を支払う必要があります。案件ごとに受け取る報酬の中から差し引かれる形でフリーランスに支払うのが一般的です。

エージェントによって金額の設定はさまざまであり、毎月固定されているものもあれば、報酬の何%といった形で割合が決められているものもあります。相場は7~15%といわれています。

出典:フリーランスエージェントの手数料(中間マージン)を徹底分析!手数料(中間マージン)の仕組みを完全解説!

職種に合わせたエージェントを選ぶ

エージェントの存在は、フリーランスにとって心強いものです。エージェントには得意な業界・職種があり、取引しているクライアントにも特色があります。そのため、自分に合ったエージェントを選ぶ必要があるのです。

どんなエージェントがあるのか、登録時に注目したいポイントと合わせて紹介します。

デザイナー・ライターなどに特化した会社も

デザイナーなら、デザイナー案件に特化したエージェントを選びましょう。大手からベンチャーまで幅広い企業との取引実績があるエージェントは、企業のプロジェクトマネージャーなどのキーマンから直接依頼されたレア案件を抱えていることがあります。

技術やキャリアの情報交換ができるイベントの開催や、コーディネーターによるカウンセリングがあるところは、きめ細やかなサポートが期待できるため、スキルアップを目指したいデザイナーにはおすすめです。

ライターの案件は、どうしても低単価になってしまいがちですが、ライターに特化したエージェントの中には高単価な案件を多数抱えるところもあります。

2~3社複数登録するのがおすすめ

エージェントに登録するときのおすすめは、1社に絞らず複数登録することです。あまりに手を広げすぎると、案件の把握がしにくくなるため2~3社がベストでしょう。

複数登録するといろいろな案件を見られるのはもちろん、自分の単価相場や市場価値が把握しやすくなります。

時には同じ案件を単価違いで複数のエージェントが取り扱っていることもあるので、より良い条件で請け負うこともできます。

さらに、いくつも比較することで自分に合ったエージェントが見つかる可能性が高くなるのです。

リモートワークが豊富な会社もあり

フリーランスの最大のメリットは、働く時間も場所も自由に決められることです。この特徴を最大限に活かすため、リモートワークの案件を多く扱うエージェントを選ぶのもよいでしょう。

エージェントの中には、完全にリモートワークの案件のみに特化したものもあります。働く時間も週に2~3日など、ワークライフバランスをとりやすいものが見つけやすいでしょう。

未経験からフリーランスになるには

フリーランスとして働いたことがない未経験者がフリーランスとして成功するためには、まずは基本的なコツをおさえておくようにしましょう。

スキルを身に着け小さな案件からこなす

基本中の基本ですが、まずは仕事を請け負えるだけのスキルを身に着けましょう。独学では限界がある場合は、その分野について学べるスクールに通うのも手段のひとつです。

フリーランスとして独立したら、最初は小さな案件でもこなし、実績を重ねることが重要です。目に見える実績が出来ることで、次の仕事に繋がりやすくなります。

仕事が増えたら、自分の好きな仕事や単価が高い仕事を目指しましょう。

未経験者向け案件をエージェントで探すのも手

エージェントが抱えている案件の中には、未経験者向けのものがいくつもあります。誰でも挑戦できるため人気が高く競争率が激しいですが、実績作りのために積極的に狙ってみるのもよいでしょう。

まとめ

フリーランスが個人で営業をかけ、仕事を増やすのは大変です。エージェントを上手に活用すれば、効率的に仕事を増やすことができるのです。

自分の仕事やスタイルに合ったエージェントに登録し、さらに仕事を充実させましょう!

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ