フリーランスが採用されるには?続けるために必要なコツとスキル紹介

自分の好きなことやこれまでの経験を活かして、自由な時間で仕事ができるフリーランスは、憧れる人も増えています。フリーランスにはどんな仕事があるのか、フリーランスに向いている人、仕事の取り方や必要なスキルについてまとめました。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フリーランスの働き方って?

時間が自由に使え、好きなこと、得意なことが収入につながるのが魅力のフリーランスですが、どのような仕事があるのでしょうか。

また、フリーランスは会社員よりも大変な面もあります。どんな人がフリーランスに向いているのか、詳しく見ていきましょう。

フリーランスの主な職種

フリーランスで多い職種が、ライター、デザイナー、IT系です。

ライターには、商品のキャッチコピーを考えるコピーライター、Webコラムを書くWebライター、ブログで商品の紹介を行い、広告収入を得るアフェリエイトなどがあります。

デザイナーには、会社のロゴやアイコンを作るグラフィックデザイナーと、ホームページをデザインするWebデザイナーがあります。画像処理ソフトが使えることはもちろん、自分で自社サイトを作り、実績を載せることで仕事の幅が広がります。

IT系は、プログラムを作るプログラマーと、アプリ開発を行うアプリケーションエンジニアなどがあります。根気良くプログラム修正ができる人、速い業界の流れについていける人に向いています。

フリーランスに向いてる人はどんな人?

フリーランスは会社員と比べると自由度が高い仕事です。逆に自由度が高い分取るべき責任も多くなるので、健康や仕事のスケジュールなどの自己管理は必須です。

そして、フリーランスは変化に対応できる柔軟性が必要です。仕事が取れてもずっと仕事を任せてもらえる保証はありませんし、持っているスキルが古くて使えなくなることもあります。このような変化を予測したり、すぐに対応できる力も必要です。

始めのうちはクラウドソーシングがおすすめ

フリーランスで仕事を獲得する方法は、自分で営業する方法もありますが、最初はクラウドソーシングを利用すると、仕事が取りやすいです実際に、クラウドソーシング利用者の多くが、『クラウドソーシングを利用することで、仕事を受注しやすい』と回答しています。

また、クラウドソーシングの場合、契約書や見積書などの書面の取り交わしがWeb上で完結してしまうので、わずらわしくないというのもメリットです。

そして、クラウドソーシングを利用して実績を積んでおけば、自分で営業をしてクライアントを獲得する時にも、実績として見せることができるので、受注に繋がりやすいと言えます。

採用される人とされない人の違いは

フリーランスで採用される人の特徴は、相手のニーズを的確に捉えたうえで、プロフィールやポートフォリオを上手に使い、自分の実力を相手にわかりやすく伝えるコミュニケーション能力がある人です。

プロフィールで自己を最大限アピール

大切なことは『この人と仕事をしてみたい』と思ってもらえるプロフィールを公開することです。

プロフィールのうち、クラウドソーシングは、入力項目が決まっているので書きやすいのが特徴です。まずは必須項目を入力し、任意項目も充実させましょう。

自社サイトやブログ、SNSのプロフィールは、実績だけでなくあなたの人間性も出していくと、検索に引っかかったり、興味を持つファンが生まれます。

いずれも、最初に書いたプロフィールをそのままにせず、実績が増えたら更新したり、常に内容を見直してプロフィールに磨きをかけましょう。

クライアントに魅力的なポートフォリオ

ポートフォリオとは、あなたの実力や実績を他者に見せるための作品集です。作品集なので数はあるほうが良いですが、1つ1つの内容が薄いと、それがあなたの実力と見なされるので注意しましょう。

ポートフォリオは、クライアントに『あなたと仕事がしてみたい』と思ってもらい、採用につなげることが目的です。そのため、ポートフォリオを作る際には、必ず、ポートフォリオがクライアントのニーズに合っているかを確認しましょう。

コミュニケーションがしっかり取れるか

採用の面談では質問のやりとりが行われます。また、仕事を受けた後も、依頼、質問、報告など、話す機会は多くあります。そのため、コミュニケーション能力があるかは重視されます。

採用側は、自社ニーズに応えられるフリーランスを求めています。面談は自分の能力をアピールする場ではありますが、一方的に話すのではなく、採用側のニーズをしっかり聴き、理解した上で実績をアピールしましょう。

また、面談ではこれまでの経歴と、担当案件で大変だったことを質問されることが多いです。経歴は直近の3案件程度、もしくは、クライアントと似た案件を話しましょう。大変だったことは、経験とともに改善案も話しておくと好印象です。

フリーランスが採用され続けるための営業術

フリーランスの営業は、何も特別なスキルが必要なわけではありません。納期をはじめとするクライアントとの約束を守ること、自分の強みを相手にわかりやすく伝えることが大切です。

納期や約束は守る

せっかく採用されても、納期を守れないと仕事を続けられることはありません。時間や健康、スケジュールの管理を徹底し、納期や約束は必ず守ることが大切です。

なんらかの事情で納期に間に合わないことがわかった場合は、すぐにクライアントに相談します。ギリギリになってからの相談では、クライアント他の手段が取れないかもしれず、あなたの信用を大きく失うことになりかねません。

ましてや連絡せずに納期に遅れるのは、もってのほかです。約束通りに納品するために、クライアントと約束した納期よりも1日程度早く、自分の中で納期を設定するのも良い方法です。

自分の強みを理解し、相手に伝える

フリーランスは、自分のスキルや経験、人となりが商品です。そのため、自分の強みが何なのかを把握しておきましょう。

アピールできる強みや経験は、複数あるほうが有利です。例えば、Illustratorが使える人はたくさんいますが、ビジネス英語が話せるという強みがあると、自分の作品を海外に発信したり、外国人のクライアントを持つことも可能性として出てきます。

このように、複数の強みを掛け合わせることで、希少性の高い強みが生まれます。フリーランスで仕事を獲得するなら、定期的に自分の経験やスキルを棚卸しし、あなたならではの強みがないか確認しましょう。

同時にその強みを求めているクライアントも考え、プロフィールとして発信していきましょう。

職種別、他に必要なスキルは?

フリーランスとして働く人が増えるにつれ、スキルの低いフリーランスは仕事がもらえなくなります。フリーランスとして仕事を続けるために、どんなスキルを身につけるべきなのか、職種別に見ていきます。

ライターに必要なスキル

Webサイトやメールなど、文章を読む機会は多いですが、中にはわかりにくい文章がありませんか?文章の読みやすさを決めているのは、文章の構成です。つまり、何をどの順番で伝えるかが、文章の読みやすさを決めています。

ライターは文章を書くことが仕事なので、一見誰でもできそうに思われます。しかし、また読みたいと思ってもらえる文章を書くには、論理的で読みやすい文章を書くスキルが必要です。

また、読み手のニーズを把握することも必要です。最近では、Web検索からコンテンツにたどり着くことが多くなっています。そのため、読者の検索意図を把握し、読者の悩みや不安を解消できる文章が書けることも大切なスキルです。

Webデザイナーに必要なスキル

最近では、商品やサービスの販売市場が、リアル店舗からECサイトへと移ってきていることから、WEBデザイナーにもマーケティングの知識が求められるようになりました。

自社サイトが完成した後も、ABテストをしながら改善を繰り返す企業がたくさん出てきています。マーケティングスキルを身につけて、ABテストの結果を元に新たな提案できるようにしておくと、1つのクライアントと長いおつきあいになる可能性があるでしょう。

エンジニアやプログラマーに必要なスキル

日進月歩という言葉はIT業界のためにあると言っても良いくらい、次々と新しい技術が生まれるのがIT業界です。

IT業界でフリーランスとして生き残っていくには、業界の動向をチェックすることが何より重要です。その上で、自分はどのスキルを学び、新しい価値を提供していくのかを見定める必要があります。

IT業界では、セミナーや勉強会がたくさん開催されています。トレンドの把握や知識の習得だけでなく、エンジニア同士の人脈も広がるので、積極的に参加すると良いでしょう。

まとめ

フリーランスの多くは、ライター、デザイナー、IT系のいずれかの仕事をしています。自分の好きなことや経験を活かせ、時間が自由に使えることから、フリーランスを希望する人は多いですが、会社員以上に自己管理が必要な働き方でもあります。

また、フリーランスが増えるにつれ、スキルのないフリーランスは仕事を獲得しにくくなることも予想されます。常に向上心を持てる人がフリーランスとして長く活躍できるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ