フリーランスが案件を紹介してもらう方法とおすすめサービスを紹介

昨今の日本ではフリーランスとしての働き方を選択する人が増えています。自分もフリーランスとして仕事を始めようとするとき、どうやって案件を探せば良いのでしょうか。案件獲得に関する基礎を理解し、自分に合ったワークスタイルを見つけていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスが案件を紹介してもらうには?

昨今の日本ではフリーランスという働き方が注目されるようになり、一つの企業との固定的な雇用関係ではない『業務委託契約』での働き方を選択する人が増えています。

フリーランスでは個人事業主や法人化した個人として企業と契約することになりますので、企業に自分のスキルや人柄を売り込む努力が欠かせません。

では実際にどうやって仕事を取っていけば良いのでしょうか。個人的に企業に売り込みをかけるのはハードルが高いですので、まずは案件を紹介してもらう方法を考えてみましょう。

知人に紹介してもらう

フリーランスとして仕事を取っていく時、まず考えたいのは知人に紹介してもらうことです。

例えば、フリーランスになる前に勤めていた企業で培ったコネクションの中であれば、個人のスキルや人柄を伝える努力をしなくても既に一定程度の理解を持っていることが想定できます。

これらコネクションの中から直接、自分ができる仕事を紹介してもらうことも考えられますし、できそうな仕事を知っているなら仲介してもらうことも可能です。

いずれにせよ、自分がしたい仕事のイメージを明確に持って、自分のスキルと企業のニーズが合致することを証明し、売り込む努力が必要ではないでしょうか。

案件紹介サービスを利用する

コネクションから仕事を得られない場合は案件紹介サービスを利用することを考えましょう。

フリーランスの求人は多様化し、かかるサービスもさまざまなタイプのものが現れています。

主な働き方としては、企業に週35日常駐して働いた時間に対して定額の報酬を受ける『常駐型』や、自宅など遠隔地で仕事を行う『リモートワーク』があります。

リモートワークは『在宅勤務』や『テレワーク』と表現されることもあり、1案件あたり何円という単発案件や、一カ月以上業務にあたることを想定した案件も紹介されています。

多数のフリーランス向け案件紹介サービス

案件紹介サービスにはさまざまなタイプがあり、取り扱う案件の性質も異なります。

求めている案件がスムーズに見つけられるように案件紹介サービスの違いを理解しておきましょう。

エージェント

『エージェント』は、企業に所属する社員が案件紹介の仲介をするタイプのサービスのことです。

案件の情報掲載と契約仲介だけでなく、サービス登録者の相談を受け付けたり、エージェントからおすすめの案件を紹介してくるサービスも存在します。

このタイプのサービスでは常駐型の案件が多い場合が多いです。単発案件やリモートワークをメインで探しているなら別のタイプのサービス利用を考えましょう。

クラウドソーシング

『クラウドソーシング』では案件は作られるべき成果物単位で情報掲載され、フリーランサーたちが案件を一つずつ自分で選択し、成果に対する報酬を個別に得るタイプのサービスです。

この契約形態を『請負』と呼び、案件の性質によってリモートワークで完結するものもあれば、撮影地に赴いてフォトグラファーのアシスタントを行うような案件もあります。

単発案件でもう少し収入を増やしたい場合などに有効活用できるでしょう。

案件紹介情報サイト

案件紹介情報が得られるニュースサイトもありますので、ここでフリーランスの働き方について考えを深めていくことも重要でしょう。

情報を精査する中で、もし自分のスキルに合った仕事が取れそうだと思えば企業に直接売り込んでいくという方法も考えられます。

案件を紹介してもらう際のポイント

案件情報を得たりエージェントに登録することは簡単です。上手にマッチングでき実際に案件を紹介してもらったとしても、その仕事が想像と違ったということになればさまざまな問題が発生します。

仕事を得るにあたって特に気をつけたい2つのポイントを見てみましょう。

希望を明確にしておく

企業が求める成果物とは何なのかが受注前に正確に把握できていなければ仕事の完遂が難しくなります。

企業はフリーランスに仕事を発注する立場ですので、フリーランスはこれを責任をもって成し遂げる必要があると言えるでしょう。

企業に「発注先を間違えた」と思わせないためにも、フリーランスは自分の希望を明確にして、適切なマッチングを行うことが重要です。

契約書を確認

実際に案件獲得できたなら、契約にあたっては必ず契約書を隅々まで確認しましょう。

事前に説明された内容と契約書の内容が食い違っていないか、仕事の期限や成果物の権利帰属などについて不当に不利な条件になっていないかなど、少しでもおかしいと思ったならサインの前に説明を求めたり交渉すべきでしょう。

日本ではまだフリーランスの権利保障を規定する法整備は十分ではありませんので、企業によってはフリーランスを都合の良い労働力として不当に扱うケースも考えられます。

契約義務を正しく履行するためだけでなく、自分の身を守るためにも契約内容の確認は重要です。

まとめ

従来の雇用契約に疑問や不満を感じていた人にとってはフリーランスという働き方は魅力的でしょう。

まずは始めてみることが大事ですが、フリーランスなるためのポイントもありますので、しっかりと考えながら案件選びをすることが重要です。

また働き方もさまざまですから、自分のスキルを生かした実りあるワークスタイルを確立していきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ