• HOME
  • 採用・組織
  • リモートワークに派遣社員を移行するには?教育方法も紹介

リモートワークに派遣社員を移行するには?教育方法も紹介

働き方改革やコロナの影響で、リモートワークを導入する企業が増えています。しかし、派遣社員をリモートに移行する際、正社員と同じでいいのでしょうか? 今回は、派遣社員をリモートに移行する際に押さえるべきことを紹介します。

スタートアップ応援!月額無料キャンペーン 」実施中!利用開始から最短即日で採用決定!今だけ月額利用料ゼロでエンジニア・デザイナーの採用を実現します!「Offers」で採用課題を解決しましょう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! 「まずはお問い合わせ!」

派遣社員におけるリモートワークの実態

リモートワークへの移行で派遣社員はどのような影響を受けているのでしょうか? 現場の声や法律の問題について解説します。

リモートワークで悩まされる派遣社員の実際の声

現在、コロナウイルスの影響で準備が十分でないにも関わらず、リモートワークをせざるを得ない企業が増えています。三菱商事やJTといった大企業も、派遣社員やパート社員を含む多くの従業員を、原則自宅勤務としました。

こうした中、リモートワークを前提としていない派遣社員も多いため、無給での自宅待機を命じられたケースもあります。通常、休業手当があり、本来もらうはずの給料の6割が支給されますが、非正規社員を対象外としている企業もあるのが現状です。

出典:賃金の支払い(第24条) 休業手当(第26条) 労働時間(第32条)

制度面の問題とは?

リモートワークに派遣社員がスムーズに移行できない背景には、制度面の問題があります。企業は派遣社員を受け入れる際、労働者派遣法に基づき、派遣会社と派遣契約を結びます。この契約では、派遣社員の就業場所や業務内容、就業時間など細かく取り決めを行います。

そのため、派遣社員を在宅勤務とする場合、再契約をする必要があります。つまり、派遣社員をリモートワークに移行するには、派遣会社に要請をして派遣社員が働ける環境か確認し、再契約するという手順を踏まなければいけないのです。

派遣社員をリモートに移行するには?

派遣社員をリモートワークに移行する際、企業はどのようなことに気を付ければいいのでしょうか? リモートワーク導入時の注意点とやるべき施策について解説します。

派遣社員をリモートに移行する際の注意点とは?

リモートワークに移行する際の注意点には、以下のようなものがあります。

  • チームの一体感を損なわないようにする
  • 情報格差をなくす
  • 生産性を落とさない

リモートワークでは、従業員同士の関わりが減ってしまうため、一体感が損なわれてしまう恐れがあります。さらに、円滑なコミュニケーションが出来なければ作業効率は低下し、さらに情報共有が難しくなります。

また、従業員一人一人のワークスペースの環境が整っていない状態は、生産性の低下を招く可能性があります。

派遣社員をリモートに移行する際にやるべきこと

以上のような注意点を踏まえ、リモートワーク移行時にやるべきこととして、以下のようなものが挙げられます。

  • チャットツールを導入する
  • ファイル共有ツールを導入する
  • 派遣社員のワークスペース環境を整える

従業員同士のコミュニケーションを円滑に行うために、チャットツールの導入は欠かせません。できるだけ会話のやり取りに近づけられるように、即時性のあるレスポンスや短文の内容を徹底するようにしましょう。

また、情報格差を生まないために、ファイル共有ツールの導入が必要です。その際、正規・非正規社員間で差を作らないように、全社員にデータを公開することをおすすめします。

一人一人の生産性を上げるために、ワークスペースの環境整備に取り組むべきです。インターネット環境やデスク周りの備品を買うための資金を一定額支給しているケースが多くみられます。

リモートの導入についてはこちらの『リモート組織2.0』に詳しくまとめていますので、ぜひご確認ください。

派遣社員のリモート教育

リモートワークにおいて、派遣社員の教育はどのように行えばよいのでしょうか? 注意点や必要な施策について紹介します。

教育訓練義務とは?

2015年の派遣法改正で、派遣元に教育義務が課されました。派遣元は、雇用する全ての派遣社員に対し、段階的な教育を実施しなければなりません。特に入社から3年間は、フルタイム勤務の派遣社員一人につき8時間以上の教育訓練計画を実施しなければなりません。

教育訓練は、集合研修やeラーニングの活用で派遣先での就業に支障がないように工夫されていますが、派遣就業時間と重なることもあり、派遣先には協力するように努力義務が課されています。

出典:労働者派遣法改正法の概要

リモート教育での注意点

リモートワークでは、対面に比べて円滑なコミュケーションを取ることが難しいため、ついていけなくなる人が出てくる可能性が高いです。対面では、分からないことがあれば、アシスタントや近くの仲間に聞くことができますが、リモートでは一人での作業となり、解決できなくなってしまうのです。

このような状態を避けるために、派遣社員一人一人により配慮する必要があります。教育担当者が反応をこまめに確認できるようなシステムの構築が欠かせません。

リモート教育を成功させるには?

リモート教育での注意点を踏まえて、成功のために必要なことには以下のようなものがあります。

  • 受講者同士の関わりを増やす
  • オンデマンド方式にする

受講者同士の関係を構築することにより、互いに助け合える環境を作ることが重要です。チャットツールの導入や交流会の開催などにより、関係構築を促しましょう。

先述した通り、派遣先の企業は、派遣元に協力する努力義務が課せられています。そこで、オンデマンド方式にすることで、派遣元での教育訓練と両立しやすくなります。

まとめ

今回は、派遣社員をリモートワークに移行するために押さえておくべきことや教育方法を紹介しました。

現在、派遣社員はリモートワーク移行において厳しい現状に置かれています。これは、リモートワークを想定していないことが原因です。派遣社員でもリモートワークすることが当たり前となり、このような問題が解決されることが期待されます。

Offers」は、優秀な人材を獲得したい、でも採用になるべく工数をかけたくない、そんな企業・担当者の皆さまにぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、人材を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい採用のカタチを実現します!

転職サイトには出てこない、あのCTO、VPoEも絶賛登録中!

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ