• HOME
  • デザイン
  • カメラでネジ込み式のマウントを使う。古いレンズを有効活用しよう

カメラでネジ込み式のマウントを使う。古いレンズを有効活用しよう

「家を整理したら古いカメラとレンズが出てきた…」そんなときは、レンズを処分する前に手持ちのデジタルカメラで使えないか検討してみましょう。古いレンズを活用するために知っておきたいマウントの知識と、マウントアダプターの概要について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

カメラのマウントとは?

カメラにはマウントと呼ばれる部分があります。そもそもマウントとは何なのでしょうか? マウントの概要を解説します。

ボディとレンズの結合部分

マウントとは、ボディとレンズの結合部分を指します。マウントはカメラメーカーによって異なるため、A社のカメラにB社のレンズを使うことは基本的にできません。また、同じA社のカメラでも、カメラのセンサーサイズによってマウントが異なる場合があります。

マウントには電子接点と呼ばれる部分があります。これはカメラとレンズの間で絞りやシャッタースピード、オートフォーカスなどの情報をやり取りするために必要なものです。

このようにマウントにはカメラとレンズを結合するだけでなく、情報のやり取りをする役割もあります。

マウントの結合方法は3種類

カメラのボディとレンズを結合するマウントは大きく分けて3種類あります。現在では使われていないマウントもありますが、それぞれの特徴について解説します。

昔から使われているネジ込み式

『ネジ込み式』のマウントは昔から使われている結合方式です。カメラとレンズの結合部分にそれぞれネジが切ってあることからスクリューマウントとも呼ばれます。

単純な構造で規格もオープンなので、世界中でさまざまなレンズが作られていますが、電子接点の実装が難しいため、現在のデジタルカメラでは使われていません。

現在の主流であるバヨネット式

『バヨネット式』のマウントは、現在もっとも使われている結合方式です。ボディとレンズにそれぞれ爪を持たせ、相互に回転させることによって爪を噛み合わせ、レンズを固定します。

爪の枚数は3枚が主流ですが、爪のサイズや位置、電子接点の規格がメーカーによって異なります。カメラメーカー間でレンズの互換性がないのはこのためです。

回転なしで着脱できるスピゴット式

『スピゴット式』のマウントは、バヨネット式と同じく爪を持っていますが、カメラのボディやレンズに締め付け用のリングが付いているのが特徴です。カメラとレンズを相互に回転させるのではなく、リングを回転して爪をかみ合わせます。

スピゴット式のマウントも現在ではほぼ使われていません。バヨネット式以前の古いフィルムカメラなどに多く見られるマウントです。

現在のカメラでねじ込み式のレンズを使う

ねじ込み式のマウントは現在使われていないため、現在のカメラで使うことができません。しかし、マウントアダプターを使えば、ねじ込み式のレンズを現在のカメラでも使うことができます。

マウントアダプターの概要と、旧式レンズの魅力や注意点について解説します。

マウントアダプターを使う

現在のデジタルカメラで古いレンズを使うためには、『マウントアダプター』と呼ばれる器具を使います。

マウントアダプターはその名の通り、カメラのマウントに装着するアダプターで、互換性のないボディとレンズを結合するために用いられます。単純にカメラとレンズをつなぐためのものから、電子接点を備えオートフォーカスに対応できるものまで、幅広い種類のマウントアダプターがあります。

マウントアダプターを使えば、古い規格のネジ込み式レンズでも最新のデジタルカメラに装着することが可能です。

旧式レンズの魅力

フィルムカメラ時代の旧式レンズを最新のデジタルカメラで使う、いわゆる『オールドレンズ』が近年流行しています。

旧式レンズはレンズの素材やコーティング方法が現在のレンズと異なるため、レンズによっては非常に個性的な写真を撮ることができます。最新のレンズに見られるシャープな描写は苦手ですが、どこか懐かしい柔らかな雰囲気の写真を撮ることが旧式レンズの大きな魅力です。

また、最新のレンズに比べると価格が控えめというのも魅力の一つでしょう。よく普及したカメラであればレンズも中古市場に多く出回っているので、数千円で買えることがあります。

旧式レンズを使う時の注意点

旧式レンズを使う時に覚えておきたい注意点がいくつかあります。

まず、旧式レンズにはマニュアルフォーカスレンズが多いということです。自分でピントを合わせる必要があるため、デジタルカメラのオートフォーカスに慣れてしまっていると戸惑います。

また、手ブレにも注意が必要です。現在のデジタルカメラは手ブレ補正機能がレンズに搭載されているものが多いため、旧式レンズを使うと思わぬところで手ブレをすることがあります。

ボディに手ブレ補正機能が搭載されたカメラを使えば、ある程度手ブレを抑えられます。カメラを構えるときにしっかりとわきを締めたり、三脚などを使ってカメラを固定したりすることも有効でしょう。

まとめ

現在は使われていないネジ込み式のマウントですが、マウントアダプターを使えば最新のカメラに装着することができます。古いレンズだからといってすぐに処分するのではなく、有効活用する方法がないか検討してみましょう。

旧式レンズの中には『銘玉』と呼ばれる素晴らしいレンズも多数あります。これらのレンズを使えば、写真の表現に個性を持たせることができるかもしれません。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ