• HOME
  • デザイン
  • 写真の撮り方を学べるおすすめ本6選。まずは基本の理解を深めよう

写真の撮り方を学べるおすすめ本6選。まずは基本の理解を深めよう

カメラの設定や構図の考え方など、写真の撮り方を勉強することは難しいと思う人も多いかもしれません。しかし、本を読み丁寧に学習していけばどんな内容でも自然に身に付いてくるものです。初心者向けの本やケース別に撮り方がわかる本を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

写真の撮り方を勉強するポイントとは

効率よく写真の撮り方を勉強するポイントは『見る・撮る・読む』の三つです。それぞれのメリットについて解説します。

良い写真を見ることと撮ること

良い写真を撮る人は、日頃からたくさんの写真を見ています。自分が良いと思える写真や世の中の評価が高い写真を見て、多くのことを学んでいます。良い写真こそが教科書のひとつになっているのです。

さらに、良い写真を撮る人は自分で実際にたくさんの写真を撮っています。撮った写真の悪い点を洗い出し、改善すべきことは何かを考え、次に撮る写真で確認することを繰り返しています。

カメラの設定や写真の構図などを学習することはもちろん大切です。しかし、並行して多くの写真を見ることや撮ることも、良い写真が撮れるようになるための重要なプロセスといえます。

本で勉強すること

写真の撮り方を勉強するにあたり、ネット上でも多くの情報を見つけられます。しかし、ネット検索での学習は得られる知識が断片的になりやすく、何を学習すればよいかわからない場合もあるでしょう。

一方で、写真の撮り方がまとめられた本なら、学習内容が体系化され基礎から順番に勉強できます。1冊の本でテーマがまとめられているので、短時間で学べるメリットもあるでしょう。

写真を学べる本の多くは、サンプルの写真も数多く掲載されています。短時間で写真の勉強をしたいときは、本での学習がより効率的です。

基本から学ぶのにおすすめの本

写真の勉強を始めたばかりの初心者にとって、カメラや写真は覚えることが多く、何から手をつけたらいいかわからない場合もあるでしょう。基礎からしっかりと学びたい人や基本事項を見直したい人におすすめの本を3冊紹介します。

完全版 写真がもっと上手くなるデジタル一眼撮影テクニック事典101+

カメラの設定や状況別の撮影方法が1から分かる、初心者向けの実践本です。基礎的な撮影技術に絞って解説され、上手に撮れるカメラ設定のコツも書かれています。

全部で101もの収録があり使いどころが広く、外出中などで撮影に迷ったときの簡易手引書として参考にできます。手のひらサイズなので持ち運びもしやすく便利です。

これから写真の勉強を始めたいと考えている初心者におすすめの一冊といえます。

  • 商品名:完全版 写真がもっと上手くなるデジタル一眼撮影テクニック事典101+
  • 価格:1728円(税込)
  • Amazon商品ページ

写真のことが全部わかる本

ブログ運営もしている有名なプロカメラマンが、センスや知識ゼロの初心者に向けて書いた本です。

カメラや写真の初心者でも分かるように、最初に覚えておきたい重要なことがまとめられています。一見難しそうなカメラ用語なども丁寧に解説しています。

また、中級者以上の人に向けた内容にも随所に触れているので、もっと掘り下げて勉強したい人や基礎の確認をしたい人にも読み応えのある一冊です。

  • 商品名:写真のことが全部わかる本
  • 価格:1728円(税込)
  • Amazon商品ページ

PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方-

良質なコンテンツの本が多いことで有名なマイケルフリーマンが書いた、写真に対する基本的な考え方が学べる本です。

本書で主に解説されている構図やデザイン感覚は、写真の勉強には欠かせない大切な要素です。自分で見て楽しむだけの写真から人に見せて楽しんでもらう写真へレベルアップできるノウハウが、本書では実際の作品例とともに学習できます。

少しレベルの高い内容ですが、一通りカメラや写真の勉強を終え初心者を脱したい人におすすめです。

  • 商品名:PHOTOGRAPHER'S EYE -写真の構図とデザインの考え方
  • 価格:4104円(税込)
  • Amazon商品ページ

ケース別でおすすめの本

被写体やシチュエーションによって写真の撮り方は異なります。ケース別に撮り方が学べる本を紹介します。

赤ちゃんや子どもなら「子ども写真の撮り方手帖」

本書はプロカメラマンが書いたような教科書本ではなく、普通の主婦が母親目線で書いた本です。単なるポートレート撮影技術に収まらず、子どもへの愛情をそのまま写真に反映できるような撮り方が分かります。

カメラや写真の基礎をはじめ、家族写真のコツやイベント日での撮り方、子どもならではの表情の引き出し方など、子どものいる家庭なら常備したくなる内容が満載です。

安価でコストパフォーマンスが良く、持ち運びに便利なサイズでお出かけの際にも重宝しそうな一冊です。

  • 商品名:子ども写真の撮り方手帖
  • 価格:395円(税込)
  • Amazon商品ページ

花の撮影なら「花の撮り方きほんBOOK」

本書は4人のプロカメラマンによる共著本で、カメラの設定や構図の考え方など、花をきれいに撮る方法に特化した内容となっています。

標準ズームレンズでの花の撮り方、桜の撮り方、マクロレンズの使用法、テーブルフォトでの撮影方法など、利用環境やシーンに合わせた花の撮影テクニックを学べます。

  • 商品名:花の撮り方きほんBOOK
  • 価格:1337円(税込)
  • Amazon商品ページ

スマホで撮るなら「スマホで成功! 売れる商品写真撮影講座」

これがスマホ写真?と思えるような、きれいな写真を撮る方法が分かる本です。日々進化するスマホカメラの性能を十分に引き出し、デジタルカメラにも劣らない写真が撮れるようになります。

例えば、物販系の副業を検討している人で、売れる商品写真の撮影方法を学ぶ必要性を感じているなら本書はおすすめです。商品撮影用のカメラがスマホで済むなら余計な出費もかかりません。

特にネットでの販路がメインの物販業を展開してゆく場合、商品写真は売るための最も大事な要素といえます。ブログ掲載用の写真にも応用できるので、写真を撮る機会が多いスマホユーザーなら目を通しておきたい一冊です。

  • 商品名:スマホで成功! 売れる商品写真撮影講座
  • 価格:2052円(税込)
  • Amazon商品ページ

まとめ

写真を勉強できる本には、具体的な撮影方法や多くの作品例が掲載されています。それぞれの本によって目的や特徴が異なるので、自分に合った本を選び正しい知識を身につけられるようにしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ