• HOME
  • デザイン
  • F値とシャッタースピードの関係性。ISO感度と合わせてマスターしよう

F値とシャッタースピードの関係性。ISO感度と合わせてマスターしよう

写真を上手に撮るためには、『F値』と『シャッタースピード』の関係性を知り、『ISO感度』の基礎知識を身につけることが大切です。三つの要素の意味を知って、カメラを上手く扱い理想の写真を撮影しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

写真を上手く取る3つの要素

憧れの一眼レフカメラを購入したものの、『F値・シャッタースピード・ISO感度』という専門用語に手こずる人は多いものです。

近年、一眼レフカメラはとても進化していて、オートモードだけでも秀逸な写真が撮影できるため『失敗写真』を撮ることはほとんどありません。しかし、自分の思い描く理想的な写真を撮るためには、カメラの設定を知ることが大切です。

今さら聞けない『一眼レフカメラの基本三要素』をしっかり身につけ、ワンランク上の写真を撮影できるようになりましょう。

F値は光の入る大きさ

F値とは『絞り』という用語でも表現されます。F値はカメラの命ともいうべき『光』を調整する数値で、人間でいえば『瞳孔』に匹敵します。F値の大きさを変えることで、レンズに入る『光の量』を調節します。

F値を小さくすると、光の量が多くなるため、背景がボケるのが特徴です。反対に、F値を大きくすると、光を取り入れる量が制限されるため、背景はボケにくくなり、奥行きのあるシャープな写真が撮影できます。

シャッタースピードは光の入る時間

『シャッタースピード』は、光の入る時間つまり『シャッターが開いている時間』と覚えておきましょう。

シャッタースピードが速くなれば、光の入る時間は短くなるためぶれにくくなり、シャッターチャンスをとらえやすくなります。反対に、シャッタースピードが遅くなれば、光の入る時間は長くなるためぶれやすくなります。そのため三脚での撮影が望ましいでしょう。

ISO感度は光を感じるセンサー

ISO感度は、読み方を『アイエスオー』もしくは『イソ』と言います。レンズを通じてカメラに取り込んだ光を、画像センサーが感じ取る『度合い』を指し、『高い・低い』と表現します。

ISO感度が高いと、センサーが光を感じ取る度合いが高くなるため、電気的に増幅させた『ノイズ』と呼ばれるザラザラした風合いの写真になります。ISO感度が低いと、度合いが低くなるので、『ノイズ』がおさえられた高画質に仕上がります。

それぞれの要素を適正にする計算方法

『F値・シャッタースピード・ISO感度』の三要素を合わせて得られる光の総量が『露出(EV=Exposure Value)』と呼ばれます。

一眼レフカメラには、『一段絞る』や『一段速める』という数的表現がよく使われますが、この『段』を理解することで、よりカメラの深い世界を楽しめます。三要素の関係とともに覚えておきましょう。

1段で変わる数字を覚える

F値は『F1.4・F2・F2.8・F4・F5.6・F8・F11・F16・F22』が一般的で、数値を1下げることを『1段開ける』と表現し、2倍量の光を取り込めるようになります。逆に数値を1上げたときは『1段絞る』と表現し、光量は半分になります。

シャッター速度は『1・1/2・1/4・1/8・1/15・1/30・1/60・1/125・1/250・1/500・1/1000・1/2000・1/4000・1/8000』が一般的な刻み方です。

分母の数値を小さくすることを『1段遅くする』と言い、光量は2倍になります。逆は『1段速める』となり、光量は半分です。

ISO感度は『100・200・400・800・1600・3200・6400・12800』と変わり、数値を大きくすると『1段上げる=光量2倍』、数値を小さくすれば『1段下げる=光量半分』です。

出典:絞り値とシャッタースピードの組み合わせ

足し算や引き算で調整する

『F値・シャッタースピード・ISO感度』それぞれの『光の量』がわかれば、あとは足し算と引き算で、撮りたい写真の最適な目盛りが求められます。1段分の光量増を『+1』、1段分の光量減を『-1』と表現します。

仮に、『F8・シャッター速度1/60秒・ISO100』で撮影していて、手ブレが気になる場合はどうしたらよいのでしょうか?

シャッター速度が2段速くなれば、光量は『−2』になるため、F値かISO感度で露出を保たなければいけません。絞りを『F8からF4』に変更して『+2』にするか、ISOを『ISO100からISO400』にすることで『+2』にすれば、光量は保たれます。

F値とISOをそれぞれ『+1』にしても、シャッタースピードで減った光量『−2』は打ち消せるため、選択の幅は広がります。

被写体によってカメラのモードを変える

『F値・シャッタースピード・ISO感度』の三要素が、露出をコントロールしているとわかりましたが、実際に目盛りを変えて撮影するには、何から始めたらよいのでしょうか?

一眼レフカメラには大抵『P・A・S・M』という『モードダイヤル』が搭載されています。それぞれのモードについてみていきましょう。

カメラが自動で設定してくれるPモード

Pモードは『Program auto』です。名前の通り、カメラが適正露出を選んで撮影してくれるため、失敗写真はほとんどありません。

露出補正のみの操作で、初心者のうちはPモードで撮ることが多い反面、撮影者の意図が反映されないため、飽きやすいモードでもあります。

一眼レフカメラの知識をある程度つけたら、『脱Pモード』して他のモードも試してみましょう。

AモードとSモード

Aモード『Aperture(絞り)』の略で、絞り優先のモードです。

F値さえ選択すれば、カメラがシャッタースピードとISO感度が適正露出になるよう調節してくれます。F値の値を小さくし、背景をボケさせたり、逆に大きくして、奥行きにもピントがあったシャープな写真を撮影できます。

Sモードは、『Shutter Speed』で、シャッタースピードを優先し、カメラが絞り値とISO感度を適正露出になるよう設定してくれます。シャッターチャンスを逃したくないときに非常に有効です。

全て自分で設定するMモード

Mは『Manual』の頭文字で、全自動に近いPモードとは正反対で、『F値・シャッタースピード・ISO感度』を自分で設定します。

他のモードのように、カメラが適正露出を調節してくれないため、非常に高度なスキルが求められます。しかし、自分の理想の写真を撮るためには、ぜひとも使いこなしたいモードといえます。

\本業では経験できない新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

まとめ

初心者のうちは怖がってPモードで撮影しがちですが、Mモードでたくさんの『失敗写真』を撮影することで、腕はどんどん上達します。

慣れてくれば、天候や気候によって目盛りも変えられるため、写真の楽しさが広がるでしょう。

ぜひ『F値・シャッタースピード・ISO感度』の三要素の関係をマスターし、素敵な写真ライフを送りましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ