フリーランスのSwift案件について。特徴や単価、案件例をご紹介

フリーランスという働き方を選ぶエンジニアが増えていますが、なかでも注目を集めているのがSwiftを扱う仕事です。いったいSwiftの案件とは、どういったものなのでしょうか。この記事では、フリーランス向けSwift案件の特徴や単価などについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスのSwiftの案件の特徴

「Swift」は、Apple社が2014年に発表した言語です。それ以前は、ネイティブアプリの開発にObjective-Cが使われてきました。しかし、Objective-Cは、C言語をベースにオブジェクト指向を取り入れたものであったため、扱いやすいとはいえませんでした。

そういったなかで生まれたのがSwiftです。コーディングが簡単になったほか、LLVMという高速なコンパイラを採用しているため、Objective-Cで作成したものよりも高速に動作するという特徴があります。さまざまな面から注目を集めているSwiftですが、案件にはどのような特徴があるのでしょうか。さっそくみていきましょう。

サービス開発の案件が多め

Swiftがリリースされてから数年が経過し、案件の数も増えてきています。Swiftの需要はApple社の製品の動向に大きく左右されますが、なかでもiPhoneの普及が大きく影響しています。

発展途上国を含めて、スマートフォンのユーザーは世界的に増加を続けており、モバイルを利用したさまざまなサービスの開発が急ピッチで進んでいます。汎用性の高いSwiftもこの流れの一端を担っており、サービス開発の案件が多めです。

求人トレンドは上昇傾向

モバイル開発者のうち、既に20パーセントほどがSwiftを利用していますが、Objective-Cに代わる新しいMac系の開発言語であるため、今後はさらにシェアが増える見込みといわれています。

実際、国内・海外を問わずSwift言語の開発案件が増えてきており、Swiftを使うことのできるエンジニアの求人トレンドも上昇傾向にあります。

自社開発の案件が多め

Swiftの案件には、他のプログラミング言語に比べて、自社のアプリ開発用求人が多いという特徴があります。アプリなどの開発は請負開発が非常に多くみられますが、Swiftの案件に関しては請負開発と自社開発の案件がほぼ同数です。

そのため、クライアントとの打ち合わせがなく、開発に集中することができるというメリットがあります。また、自社の開発である以上、自分の意見がプロジェクトに反映される確率も高くなります。上流行程が多いということもSwiftの案件にみられる特徴のひとつです。自社開発が多いため、必然的にマネージャーやプランナークラスの仕事が多くなるのです。

Swiftの案件の例

さまざまな分野でiOSアプリが注目されており、「自動車産業」もそのひとつです。車載ディスプレイをiPhoneと連携させることを目的としたSwiftの案件が増えてきています。もちろん、従来のようなスマートフォン向けアプリの開発も盛んです。

なかでも目立つのが、金融機関向けのアプリ開発です。日常のさまざま場面で、スマートフォンが財布代わりとなっています。そのため、銀行やカード会社はアプリを使ったサービスの向上に余念がありません。なお、金融機関のアプリ開発については、Android版で先行しているものをiOS向けに移植するSwiftの案件と、オリジナルの開発を行うSwiftの案件とが拮抗しています。

フリーランスのSwiftの案件の単価・相場はどのくらい?

新世代のプログラミング言語として注目されているSwiftですが、その需要に対してエンジニアの数はまだ十分とはいえません。そのため、JavaやJavaScript、PHPなどのポピュラーなプログラミング言語に比べると、案件の単価・相場はかなり高めです。

81万円/月が平均

案件掲載サイトでは、Swiftを使った案件の平均単価は81万円/月となっています。

出典:Swiftの求人・案件募集

フリーランスのSwiftの案件でよくある必須要件と歓迎要件

今やスマートフォンは日常生活を送るうえで欠かせないものになっています。そのため、iOSアプリの需要もかつてないほどまでに高まっていますが、その分開発競争も激化しています。

Swiftは扱いやすいプログラミング言語ですが、誰でもすぐに開発の案件に参加できるというわけではありません。フリーランスとして開発を担当するためには、一定の要件を満たしている必要があるのです。ここでは、Swiftの案件で求められる要件についてみていきます。

UIKit等のフレームワークを用いたUI開発の経験があるといい

Swiftの案件では、iOSのアプリ開発に関連するスキルが歓迎されます。例えばUIKit等のフレームワークを用いた、ユーザーインターフェース開発の経験です。これは必須要件ということではありませんが、UIKitに習熟していれば、インターフェイスのデザインを行うこともできます。可能な限り、習得しておきたいスキルといえます。

AWSなどサーバーの開発経験があるといい

自社でのアプリ開発が多いことがSwiftの案件の特徴ですが、そうなるとアプリを自社で運用する比率も高くなります。アプリを運用している限りサーバー管理が必要になるため、AWSなどのサーバー開発経験があると歓迎されます。また、APIやDBなどのサーバーサイドの知識があると有利です。

フリーランスのSwiftの案件の受注単価を上げるために必要なこと

Swiftの案件はもともと単価が高めですが、フリーランスとして仕事をしていくためには、少しでも受注単価を上げるための努力が必要です。その努力とは、簡単に言ってしまえば「スキルの向上」ということになります。

スキルの高さをアピールすることで、より単価の高い仕事を受注できるようになるでしょう。それを実現するためには、専門知識の習得と、業務経験を積むことが大切です。ここでは、スキルを向上させるために具体的にどのような知識や経験が必要なのかをみていきます。

UIkitなどを習得してUI構築の経験を積む

iOSのアプリ開発では、ユーザーインターフェースが重要なポイントになります。フリーランスとしてのスキルを向上させるためには、UIKitに代表されるフレームワークを習得するとより選択肢の幅が広がります。

SQLなどDBに対する理解を深める

アプリなどを運用していくのであれば、データベースに関する知識も必要になってきます。データベース言語のなかでも代表的な存在がSQLです。データベース管理システム上でデータなどを制御する言語で、ISO(国際標準化機構)やANSI(米国国家規格協会)で規格化された汎用性の高いものです。

プログラミング言語とは違い、これだけでアプリ開発することはできません。しかし、フリーランスとしてSwiftを使ったアプリ開発を行っていくのであれば、データベース管理に関する知識も必要になってきます。プロジェクト全体を管理する立場になったときに備えて、少しずつデータベースへの理解を深めていきましょう。

まとめ

Swift は新しい言語であり、Objective-Cに代わるiOSの新たな言語として、今後もさらに注目を集めることが予想されます。他の長年使われてきている人気の言語と比べても報酬が高い場合が多いです。

フリーランスとしてSwiftを使いたいのであれば、UI 開発経験や、サーバー開発経験も積極的に積むべきです。あなた自身に合った案件を見つけ、フリーランスとしてより充実した生活を過ごしましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ