副業で行うWebディレクターの仕事とは?メリットと注意点を紹介

副業としてWebディレクターで働く場合には、どういったスキルが求められて、どのくらいの収入がもらえるかご存知でしょうか。この記事ではWebディレクターとして副業をしたいと思っている方に向けて、疑問を解消していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Webディレクターの仕事とは?

初めにWebディレクターの仕事について簡単に説明します。Webディレクターとは、Webサイト作成などを行う際の進行管理などを担当し、業務において責任者にあたるポジションになります。

プロジェクトにおいて問題が起きないようにプログラマやデザイナーとコミュニケーションをとり、仕事が円滑に進むようにします。またクライアントの要望を聞くのもWebディレクターの仕事になります。自社のエンジニアとクライアントの橋渡し役でもあるのです。

それだけでなく新規プロジェクトの企画立案や、Webサイトの改善案、クライアントに要望に応えるための調査など、その仕事は多岐に渡ります。直接コミュニケーションを取る必要がない場合もあるため、インターネット環境があれば在宅でも仕事ができる場合もあります。

Webディレクターに求められる知識とスキル

Webディレクターはクライアントとの橋渡し役でもあります。プログラマーやデザイナーにクライアントの意図を正しく伝える力が必要です。Webディレクターがクライアントの意図がわからずに仕事をしていた場合、クライアントが求めていいるものをいつまでも作成することができなくなってしまいます。

ディレクション能力が高いWebディレクターは、クライアントの意図を汲み取った上で、プログラマーやデザイナーが仕事のしやすいように進めていく能力に長けています。Webディレクターは話を聞き出す能力や、正しく伝える能力、調査力、コミュニケーション能力が基本となってきます。

また、当然のことながらWebサイト制作についての知識も必要になります。プログラミング言語の知識や、デザイン知識などがあると、より円滑にプロジェクトを進めやすくなります。

Webディレクター副業での働き方

Webディレクターの業務内容について簡単に説明してきましたが、気になるのは副業が可能かどうかという点だと思います。

Webディレクターはコミュニケーションを多くとる必要があるため、メールやチャットなどで迅速な返事ができることが求められます。会社勤めの方はそのあたりが可能なのかどうかを検討する必要があります。

本業に支障が出ない働き方のポイント

Webディレクターとして副業をするときは、自分のライフスタイルに合っている仕事を見つけることが大切です。例えば平日に本業がある方は、夜帰ってから進行状況の確認やメールの返信などの連絡をする必要があります。場合によってはお昼休みや土日に対応する場合もあるかもしれません。

夜間の仕事が本業の方は、日中にWebディレクターとして働くことができます。ただし睡眠時間を削ることになるので、自己管理をすることが大切です。週2〜3で働くことが可能な職場も多いので、自分の条件にあった仕事を探しましょう。

Webディレクターの連絡が滞ってしまうと、プロジェクトが進まなくなってしまうため、本業の状況や自分の能力を見極めて、副業するように心がけることも重要になってきます。

Webディレクターのスキルを活かせる副業

Webディレクターとしての能力が高くなってくると、その他の副業にも能力を活かせるようになってきます。Webサイト制作についての知識が高くなれば、会社を通さずに個人としてWebサイトの保守運用を依頼される場合もあるかもしれません。

また、未経験からWebディレクターの副業をしたい方が増えてきているため、セミナーの講師として活動することも可能になります。実際に会う形ではなく、オンラインセミナーも多くなってきているため、副業としても向いているでしょう。

Webサイト制作では企画書作りなども必要になるため、自然とライティング能力も高くなってきます。そのためWebディレクターを行いながら、在宅ライターをやっている方も多くいます。

Webディレクター副業案件の探し方

Webディレクターとして副業で働くためには、仕事を自分で探す能力も大切です。もともとWeb業界にいた方はすでに繋がりがあるかもしれませんが、ほとんどの方は何もない状態からスタートします。

繋がりがなくてもWebディレクターとして仕事を受ける方法はもちろんあります。クラウドソーシングや登録型エージェントから受注する方法です。ここではそういった仕事の探し方を紹介していきます。

気軽に利用できるクラウドソーシング

クラウドソーシングとは、Webサイトを利用してクライアントと直接依頼のやりとりをする方法です。クライアントから仕事内容や条件が提示されているので、それに双方が納得できれば仕事を受けることができます。

メリットとしては好きな時間や空いた時間帯に仕事ができます。短期の仕事も多くあるため、自分の生活に合わせて気軽に受けられることから、副業をしている方やフリーランスの方が活用しているようです。

デメリットもあります。クライアントとは顔を合わせないで仕事をする場合もあるので、トラブルが起きやすいのです。依頼内容の食い違いや、収入の未払い、音信不通など様々なケースがあります。信用できるクライアントを見つけることが難しいかもしれません。

仕事の種類が豊富な登録型エージェント

クラウドソーシングと違い、エージェント会社の営業が間に入って仕を探してくれます。エージェント会社に面接に行くことはありますが、自分の希望を伝えたあとはお任せできるので、仕事を探す手間が省けます。

エージェント会社はWeb業界に繋がりがあるため、多くの仕事から選ぶことができます。Webディレクターが未経験の方であっても、スキルシートの書き方や面接対策などを相談できるというメリットもあります。

担当する営業の方の能力にも左右されます。人として相性が合わない場合もあるので、良い人に出会えかどうかは運によってしまうところがあります。

知り合いに紹介してもらう

エージェント会社やクラウドソーシングなどで仕事をしていると自然と横の繋がりができてきます。そうするとWeb業界に知人や友人ができ始め、そこから仕事を紹介してもらえるようになってきます。

知人から仕事を紹介してもらえれば、自分もクライアントも安心感があるため、仕事に集中して取り組むことができます。まずは仕事をしっかりとこなし、横の繋がりを少しずつ作っていくようにすることが大切です。

Webディレクター副業のメリット・デメリット

Webディレクターを副業にする場合に気になるのは、どのくらいの報酬がもらえるのかということだと思います。ここまではWebディレクターの仕事内容について説明をしてきましたが、ここからは実際に働く上でのメリットやデメリットも紹介していきます。

副業のメリットとデメリット

Webディレクターの副業のメリットはスキルによって収入をどんどん増やしていけるということです。仕事をこなしていけば、それだけ収入になっていくのです。1度でもWebディレクターの経験があれば、仕事が受けやすくなり、さらに転職にも有利になります。

デメリットもいくつかあります。一番のデメリットはやはり時間を確保しなければならないという点です。また時間が確保できても、クライアントとの相性が悪ければ仕事を円滑に進めることができない場合もあります。

さらに自己管理も大切です。クライアントと上手くやり取りするために、迅速に連絡をすることが重要になります。ある程度は自分の時間の優先度を下げて、Webディレクターとして仕事に向き合う必要があります。

まとめ

Webディレクターとして仕事をこなして実力をつけていけば、収入をどんどんあげることができるため副業としておすすめです。時間を確保さえできれば働くことができるので、副業には向いている業種なのです。

未経験でも努力すれば始めることができる仕事なので、副業に迷っている方はWebディレクターを検討してみるのはどうでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ