WordPressで副業するなら?必要なスキルや習得方法を解説

WordPressの知識やスキルが身に付いていれば、在宅で副業案件に取り組めます。案件の内容や具体的に求められるスキルを知っておけば、スムーズに副業を始められるでしょう。WordPressの副業で必要なスキルや案件内容について解説します。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。

▼人気の質問

いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、
キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?

かんたん1分無料登録/ログインでQ&A機能を使ってみる!

WordPressの副業内容とは

WordPressは、主にWebサイトを構築するために用いられるソフトです。WordPressの副業案件にはどのようなものがあるのかを紹介します。

WordPressのサイト作成

WordPressを使った案件で最も多いのがWebサイトの制作です。WordPressを用いれば、HTMLやCSSなどのプログラミングの知識がほとんどなくても、比較的簡単にWebサイトを制作できます。

Webサイトの編集がしやすくなる点も、WordPressで制作するメリットです。直感的な作業だけでコンテンツを追加できるため、手軽にサイトの更新を行えます。

実際の案件には、テンプレートテーマを使用したプラグインの導入作業や、Webサイト全体のデザインをWordPressで最初から作成する作業が多く見られます。

サイトのカスタマイズ

既にWordPressで作成されたWebサイトのカスタマイズも、WordPressの副業案件としてよく見られる業務です。クライアントの要望に沿った形でサイトを改修していきます。

最初から自分で作成するケースと違い、サイトの現状を把握する必要があるため、比較的難易度の高い案件です。WordPressに関する高度な技術を求められることもあるでしょう。

サイトのカスタマイズは、主にWordPressのテーマを編集する作業になります。テーマとは、サイト全体の体裁を整えるテンプレートです。テーマをカスタマイズすることで、サイトの使い勝手を良くしたりイメージを変えたりできます。

WebサイトへWordPressを導入

WordPress関連の案件には、WordPress未導入のWebサイトへWordPressを導入する案件があります。サイトのカスタマイズと同様に、現状の把握から始める必要がある業務です。

使い勝手の良さや自由度の高さから、近年はWordPressを導入するWebサイトが増えています。WordPressで既存サイトを1から構築し直すとなると、それなりに手間や時間が掛かってしまうため、外注で移行したいと考える個人や企業が多い傾向にあるのです。

既存サイトをどのように移行するかで、業務の難易度は変わってきます。現状に近い形での移行を求められれば、それなりに高度な知識やスキルが必要となるでしょう。

>> [新着] Wordpressの副業・転職の求人を見てみる! お気に入りの求人を見つけて応募しよう!

WordPressの副業で期待できる収入は?

WordPressの副業では、どのくらいの収入を期待できるのでしょうか。案件の種類ごとの報酬相場や、収入アップにつながる考え方を紹介します。

案件内容によって大きく異なる

WordPressの副業で得られる収入は、案件の内容により大きく異なります。当メディアを運営する求人サイト『OffersJobs』に実際に掲載されているWordPress副業案件を見ていきましょう。

  • プロダクト:Webマーケティングコンサル業界のWeb制作
  • 稼働時間:20〜40時間/月(5〜10時間/週)
  • 給与・報酬:時給2500〜4000円
  • 雇用形態:業務委託
  • 勤務場所:リモート
  • 技術スタック:Ruby on Rails,WordPress,Git,Sass
  • 備考:特になし

 

  • プロダクト:Webサービス・基礎システムの設計・開発から運用
  • 稼働時間:160時間/月(40時間〜/週)
  • 給与・報酬:年収450万〜800万円
  • 雇用形態:正社員
  • 勤務場所:相談の上決定
  • 技術スタック:gulp,Webpack,Sass,Nuxt.js,Vue.js,Laravel,Docker,WordPress
  • 備考:土日祝日は休み、転勤なし、学歴不問

時給換算すると2500〜4000円が多い傾向にあるようです。

案件依頼者が個人か企業かによっても、報酬額に差が生じます。同じような内容の業務を要する案件でも、企業案件の報酬は個人案件の倍以上になることも少なくありません。

個人案件は企業案件に比べ報酬が低い分、競争率も低くなります。最初は個人案件を中心に取り組み、徐々に企業案件にもチャレンジしていくと良いでしょう。

仕事の幅を広げると収入アップに

自分のスキルでまかなえる程度の仕事ばかりをこなしていても、得られる収入は増えづらいでしょう。WordPress関連の案件で収入アップを図るなら、仕事の幅を広げることが大切です。

WordPressの副業で求められるレベルのスキル以外に、Web系のスキルを幅広く習得すれば、選択できる案件が多くなります。具体的には、Webデザイン・サーバー・ドメイン・AWS・レスポンシブコーディングのスキルを学習するのがおすすめです。

上記のスキルがあれば受注できる案件を探せば、より多くの仕事にチャレンジできることが分かるでしょう。受けられる仕事の範囲が広がるように、効率良くスキルを勉強することが重要です。

>> 自分の副業の適正時給をご存知ですか?Offersの時給診断で適正時給を診断しよう!

WordPressを副業にするメリット

WordPressを副業にすれば、主に以下のようなメリットを受けられます。どのようなメリットがあるのか、具体的な内容を見ていきましょう。

需要が高く案件が豊富

WordPressは世界最大のシェア率を誇るCMSです。CMSとは、Webサイトのコンテンツを一元的に管理・保存できるシステムのことを指します。

数あるCMSの中でも、基本機能を無料で利用できるWordPressは、幅広いカスタマイズが可能な点で人気です。日本語版があることやスキル次第で高度な編集が可能なことも、ニーズが高い理由と言えます。

WordPressでWebサイトを作れば、Webの知識やスキルに乏しい人でもある程度の編集ができるため、多くの企業で導入が進んでいます。需要の高さに比例して副業案件数も多く、豊富な案件の中から実力に合わせて選べる点がメリットとして挙げられます。

在宅で気軽に始められる

WordPressを副業にするメリットの一つに、在宅で気軽に始められることが挙げられます。ネット環境とパソコンさえあれば、基本的にはすぐ始める事ができます。

WordPressの案件は、ほとんどがフルリモートで完結します。作業や打ち合わせで外出する必要がなく、ほぼ全ての作業を在宅でこなせるでしょう。

クライアントやチームメンバーとのやり取りも、チャットやビデオ通話が可能なツールがあれば対応できます。成果報酬になることが多いため、空いた時間を有効活用できる点もメリットです。

案件内容の幅が広い

WordPressの案件は、初心者向けから上級者向けまで、幅広い内容の案件が揃っています。自分のスキルレベルに合わせて仕事を選べることも、WordPressを副業にするメリットです。

副業を始めたばかりの時期は、難易度の低い案件でコツコツとスキルアップに励めます。実績を積んでアピールできるようになれば、高レベルの案件にもチャレンジすると良いでしょう。

コーディングなど他の関連スキルと組み合わせれば、選べる案件の幅をより広げられます。自分のレベルだけでなく、作業が可能な時間に合わせて業務のボリュームを選びやすいこともメリットです。

>> 副業を始めるならOffers!週1から始められる自由な働き方を実現しよう!

WordPressの副業で求められるレベル

WordPressを使ったサイトの編集自体は、Web関連のスキルがほとんどなくても行えます。ただし、WordPressの副業に取り組むなら、以下のスキルがあるとスムーズに案件を獲得できるでしょう。

HTML・CSS

HTMLとCSSは、Webサイトの構築に欠かせないマークアップ言語です。WordPressに代表されるCMSは、これらの専門知識がなくてもサイト管理やコンテンツ作成ができるように開発されています。

しかし、WordPressの副業では、HTMLとCSSのスキルを備えているほうが有利です。言語のスキルがなくてもできる案件はあるものの、選択肢は限られるでしょう。

受注可能な案件数を増やすためにも、HTMLとCSSの基礎は習得しておきましょう。

JavaScript

Webページに動的な要素を追加できるプログラミング言語がJavaScriptです。ポップアップ表示など、ユーザーの操作に応じて内容が変化する動的コンテンツを実装できます。

JavaScriptを活用することでサイトをより豊かなものにできます。HTMLやCSSでは作れない動きに対応するためにも、覚えておいて損はありません。

PHPの初級レベル

WordPressにおけるコアソフトウェアの大半は、PHPというプログラミング言語で記述されています。テンプレートやテーマを編集する際に必要となるため、最低でも初級レベルのPHPは習得しておきましょう。

WordPressのテンプレートはPHPとHTML、テーマはPHP・HTML・CSSで構成されています。プラグインの作成に取り組む場合も、PHPのスキルが必要です。

PHPは仕様や文法を理解しやすいため、比較的楽に習得できるでしょう。HTMLやCSSと併せてスキルをアピールできれば、獲得できる案件を大幅に増やせる可能性があります。

>> 新しい環境で技術力を上げるならOffers!週1から始められる自由な働き方を実現しよう!

WordPressを副業にするための勉強法

WordPressのスキルを実務レベルにまで高める勉強法を紹介します。基礎からステップを踏み、じっくりとスキルアップを図ることが大切です。

書籍・サイトで基礎を勉強

WordPressを副業にしたい場合、まずはWordPressの基礎を学習しましょう。書籍やサイトを利用すれば、独学でも基本的な使い方の勉強を進められます。

書籍を選ぶ際は、初心者向けに書かれた分かりやすいものを探しましょう。最新の情報を収集できるように、なるべく新しい本を選ぶことも重要です。

WordPressの基本を勉強できる無料の学習サイトも、ネット上で探せば数多く見つかります。すきま時間を利用して効率的に勉強を進められる点が、書籍やサイトを利用した学習のメリットです。

既存のサイトをトレースしてみる

書籍や学習サイトである程度の知識が身に付いたら、既存のWordPressサイトをトレースして制作するのがおすすめです。練習用の環境を構築し、実際に模写してみましょう。

自分の手を動かすことで、既存サイトと同じような状態にトレースできない部分が出てきます。どこにミスがあるのかを書籍やサイトで確認すれば、応用力が身に付きやすくなるでしょう。

既存サイトのトレースで学習する際は、レベル別の模写ルールを決めておくのがポイントです。最初はレイアウトだけをトレースし、次は細かい要素も模写してみるなど、段階を踏んでレベルアップしていけば効率的に実力アップを図れます。

実際にWordPressでサイトを作る

既存サイトの模写でレベルアップした後は、実際にWordPressでオリジナルサイトを作るステップに移ります。実務レベルのスキル習得を目指せる学習方法です。

Webサイトのデザインを作成し、HTML・CSS・JavaScriptでコーディングを行い、WordPressに組み込む段階まで進めましょう。

自作したサイトを実際に運用してみる作業も大切です。記事の作成やデザインのカスタマイズを行い、実際にサイトを運用する顧客の立場になることで、自分が作成したサイトの問題点を客観的に検証できます。

WordPressの副業案件の探し方

WordPressの案件を探す方法には、主に以下の三つが挙げられます。それぞれの具体的な内容をチェックしておきましょう。

求人サイトやプラットフォームの活用

様々な求人サイトやプラットフォームに登録をして、自分の適正や希望にあった案件を探す方法がおすすめです。求人サイトには条件や業務内容などが簡単に記載されている事が多いので、始める前にどのような内容なのか確認し、自分に合っているか見極める事ができます。

また、プラットフォームの活用にはオファー型がおすすめです。オファー型のプラットフォームに履歴書や経歴書を登録すると、あなたのスキルや経歴を見て「一緒に働きたい」という気持ちになった企業からの熱烈なオファーが届く為、熱量が高く、案件獲得しやすい傾向にあります。

クラウドソーシングから受注

初めてWordPressの副業案件に取り組む場合は、クラウドソーシングから受注してみましょう。豊富な案件数から実力に合った案件を探せます。

クラウドソーシングはプログラミング系の案件を数多く取り扱っており、WordPressの案件も豊富です。初心者向けの案件も多いため、スキルレベルが低い時期に重宝するでしょう。

ただし、クライアントにスキルや実績をアピールし、自分で営業活動を行う必要があります。案件数だけでなくユーザー数も多いため、競争率が高くなりやすい点にも注意が必要です。

また、案件単価が安い傾向にある為、初心者のスキルアップにはおすすめですが、ある程度技術がついてからの継続には不向きです。

フリーランスエージェントを活用

WordPressの副業案件探しには、フリーランスエージェントを活用するのもおすすめです。プロフィールを登録しておけば、スキルや実績に合わせてエージェントが案件を探してくれます。

プログラマーなどIT系の仕事に特化したエージェントが多いため、WordPressの副業案件が見つかりやすい点も魅力です。営業活動をする必要がなく、登録を済ませておけば業務に集中できます。

クラウドソーシングに比べ、高単価案件や非公開案件が多いのも特徴です。ある程度のスキルが身に付いてきたら、フリーランスエージェントも積極的に利用しましょう。

知人・企業に営業を持ち掛ける

WordPressの案件を紹介してもらえそうな知人がいるなら、副業で仕事ができないか相談してみましょう。ポートフォリオを作成しておけば、検討してもらいやすくなります。

自分のブログやSNSで情報発信している人は、仕事の募集をかけるのもおすすめです。募集を見た企業から直接依頼を受けられる可能性があります。

知人や企業から受注した案件には仲介手数料が発生しないため、高単価になることがメリットです。一度引き受けた仕事の評価が高ければ、継続して仕事をもらいやすくなるでしょう。

まとめ

WordPressの副業では、主にWebサイトの作成やカスタマイズを行います。案件内容によって報酬が大きく異なる点が特徴です。

WordPressの副業で求められるスキルには、HTML・CSS・JavaScript・PHPなどが挙げられます。独学でスキルを高めた上で、WordPressの副業案件を探してみましょう。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。


いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、 キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ