フロントエンジニアの年収は?将来性やキャリアアップのコツも解説

エンジニア職種は企業により年収に大きな差が生まれます。今後フロントエンドエンジニアでキャリアアップしていきたいと考えている人にとって、将来性やキャリアをどう積むかは大切なことです。平均年収や必須スキルなどを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

フロントエンドエンジニアの基礎知識

フロントエンドエンジニアとしてすでに活躍している人も、これから就職しようとしている人にとっても基礎知識は大切です。フロントエンドエンジニアの業務概要から、さらに具体的な仕事内容まで紹介します。

フロントエンドの開発や設計を担う

フロントエンドエンジニアの役割はWebページの開発や設計を担うことです。フロントとはWebサイトでいうと、ユーザーが見ているブラウザのページになります。

この領域はユーザーとデータをやりとりするフロントエンドと呼ばれており、過去の開発に比べて情報のやり取りが増えている領域となっているのです。

HTMLコーダーやWebデザイナーだけでもWebページの作成はできていました。しかし、ユーザーとやりとりするデータ量が増えたことで、より広い視点で開発や設計を行える人材が必要となってきました。

UI/UXなどの見た目の設計も重要となってきている現状を解決するために、フロントエンドエンジニアという一つ上から判断する存在が生まれたのです。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアとして将来を見据えるために、平均年収を知っておくのは大切なことです。実際の希望年収や目標を立てる指針となります。三つの場合に分けて紹介します。

正社員の場合

民間の求人情報サービスの調査では、フロントエンドエンジニアの平均年収は576万円です。給与に対する分布としては、527〜601万円に多く人材がいるため、フロントエンドエンジニアとして活躍することで、500万円以上の年収に到達するといえます。

令和元年における国税庁の調査では、日本の男性給与所得者の平均年収は435万円であることから、フロントエンドエンジニアとして正社員になることは平均給与よりも上にあるといえるでしょう。

出典:民間給与実態統計調査|国税庁

フリーランスの場合

フリーランスの平均年収は、民間の案件紹介サービスの調査によると480〜840万円とされています。案件の月単価が40〜70万円であることから、そのまま年収として計算が可能です。

フリーランスはフロントエンドエンジニアの経験があることやエンジニアから独立した人が多いことから、報酬も求められるレベルに従って上がるといえるでしょう。

技術レベルが高ければ、月収100万円の案件も存在するため、フリーランスの年収は高くなるといえます。

出典:フロントエンドエンジニア(フリーランス)の年収は?報酬単価の相場を解説|APP STARS();

フロントエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンドエンジニアとして活動していくためのスキルを知ることで、年収の向上やフリーランスとしての未来を開くことができるでしょう。実際に求められているスキルについて解説します。

基本的なWeb制作スキル

フロントエンドエンジニアは文字通りフロントに携わらなければなりません。Webデザイナーが提案するデザインを再現するために、基本的なWeb制作スキルを押さえておく必要があります。

上記の技術を抑えておくことはフロントエンドエンジニアとして必須です。マークアップ言語ついては言うまでもありませんが、JavaScriptを使って動きをつけることも必要です。

CMSやUI/UX設計の知識

ユーザー体験という言葉を知っているでしょうか。Webサイトに訪れた人がどのように利用し経験するかを表す言葉です。このような体験のことをUXと呼び、ユーザーインターフェースであるUIと並んで表現されます。

フロントエンドエンジニアはユーザー目線で、より使い易いWebサイトを作成することを目指す必要があります。そのためにUI/UXの知識は大切なことといえます。

また、CMSと呼ばれるコンテンツマネジメントシステムについても理解が必要です。Web制作の経験がない人でも利用できるWordPressなどがその一つであり、扱い方や構成を知っておくことで仕事の幅が広がっていくでしょう。

サーバーサイド言語

フロントエンドエンジニアにサーバーサイド言語は関係ないと思われることもありますが、そうではありません。より高度なWebサイトになるほどサーバーサイドとの連携が必要になります。

そのためPHPRubyなどの言語に対して最低限の理解が必要です。主だった仕事はフロントのため学習する要素としては、フロントエンドとバックエンドの繋がりを理解することです。

サーバーサイドの言語を身につけることで、よりフロントエンドの知識が身につき、両方の開発ができる人材としてキャリアアップも期待できるでしょう。

フロントエンドエンジニアの将来性は?

知識や言語など基礎的な内容が多いフロントエンドエンジニアは、その需要が気になるところです。

将来的にフロントエンドエンジニア一本と考えている人もいるでしょう。フロントエンドエンジニアの現実について目を向けてみます。

\ エンジニア/デザイナーのための案件サイト『OffersJobs』 /

平均時給4000円以上、週1案件が半分以上!

Offersで転職先を探しませんか?

JavaScriptの案件一覧

現状は需要が伸びている

フロントエンドエンジニアの需要は現状は伸びているのが現状です。

理由として、スマートフォンの進化やWeb技術の複雑化によって、WebデザインやUI/UXがより難しくなってきていることが挙げられるでしょう。

例えばパソコンで見た時の画面のサイズと、スマートフォンやタブレットで見た時の画面のサイズは違ってくるため対応しなければなりません。

このレスポンシブ対応をするのもフロントエンドエンジニアの役割です。対応方法はさまざまあり、それらを知っていることがハイレベルなエンジニアとしての需要を満たすでしょう。

出典:フロントエンドエンジニアの案件数推移|テクフリ

経験・スキルによって年収が変わる

フリーランスの場合に目立って現れるのが、経験とスキルによって年収に幅があることです。特にフロントエンドエンジニアはその幅が大きいといえます。

マークアップ言語やJavaScriptは奥が深く、学習して理解することよりも実績などが重視されることもあります。年収を高くしたい場合には、フロントエンドエンジニアのロードマップを参考に学習するのが良いでしょう。

また、フロントエンドエンジニアを兼ねたプロジェクトリーダーやマネージャーなどになることも年収を上げるための道の一つです。

出典:フロントエンドエンジニアのロードマップ|Roadmap.shコミュニティ

年収アップのポイント

年収を上げるためになにをすればいいのか、どんなスキルが年収アップに繋がるのか迷っている人は多いでしょう。年収アップに繋がる三つのポイントを解説します。

スキルアップを実現する

まずはスキルアップを中心に考えていくことが必要です。

マークアップ言語やJavaScriptに対しての知識が増えていくことはもちろんですが、PHPなどのバックエンド側の知識も蓄えていく必要があります。

注意として浅く学んでしまわないことです。特に実務で利用するスキルで満足してしまっていると、複雑なライブラリに触れる機会がないため深い理解を逃している場合があるのです。

スキルアップの実現のポイントは現状より難しい技術であること、かつ周りの人と差をつけることにあります。

最新の傾向を理解する

フロントエンジアとしての専門性を高めることが年収アップにつながります。HTML5で可能になったことが、どれだけ多くなったか理解しているでしょうか。バージョンアップするたびに変更点が必ず存在します。

フロントエンドエンジニアとしての専門性を高めるには、技術の変化に対して敏感であることやフレームワークなどに広く精通することが大切です。現状の技術力を把握して、不足部分を補えるように学習しましょう。

待遇の良い企業に転職する

エンジニアは転職することで年収を上げていくともいわれており、待遇の良い企業に転職することも一つの方法です。

フロントエンドエンジニアとしての技術が身に付いてきても、企業がそれを理解しなければ年収アップは難しいでしょう。単純な経験年数によって年収アップを待つことと、転職による年収アップは全く別物です。

そのため現在所属している企業のあり方や基本給、福利厚生などをよく考えて、年収アップが期待できないのであれば、待遇の良い企業に転職することを考えるのも良いでしょう。

事業主として独立する

フロントエンドエンジニアとして一人でも活躍できるスキルがある場合には、事業主として独立を考えるのも選択の一つです。JavaScriptに対して深い知識がある場合は高収入が見込まれます。

もちろんフリーランスのため、管理や折衝など個人で行う要素が増えますが、収入アップという面では実力があれば生きていくことが可能な業界です。実力が備わっている場合はフリーランスになることを期待しても良いでしょう。

まとめ

フロントエンドエンジニアの概要から、必要なスキル、キャリアアップについて解説してきました。年収の現実や、実際にこれから年収アップを考えている場合は、スキルや専門性を高めることが必要です。

また、転職することや独立も視野に入れることで、市場価値を理解して行動できるようになるでしょう。

年収アップや今後のキャリアについて悩んでいる場合は、現状を見直して進む道を考えてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ