フリーランスもマネージャーを雇う時代に?大きなメリットがある

フリーランスは1人で作業をするため、本業だけでなくさまざまな雑務が増えてきます。負担を減らす方法として、マネージャーを雇うことのメリットや、探し方をまとめました。自分に合ったやり方で、本業に集中できるよう考えてみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスは楽がしにくい

フリーランスは、会社員と異なり楽がしにくい業務形態です。雑務が多いため、仕事だけに専念できない日も増えてきます。

売上が多く、仕事だけに専念したい場合はマネージャーを雇ってみましょう。作業の軽減が期待できます。

本業以外の雑務が多い

フリーランスは、本業以外に細かい作業が発生します。たとえばデザインやイラストを作る仕事をしていても、顧客とのやり取りや営業も業務内容の1つです。

会社員なら営業担当は営業のことだけ、事務担当は事務だけに専念できます。しかし、フリーランスは1人のため電話対応から事務作業まで、すべて受け持たなければなりません。

デザインやイラストを作ることに専念したいと考えても、クライアントとの電話対応や新たな仕事を請け負うための営業は必要です。どうしても本業にかけられる時間は制限されます。

経理など事務作業も自分で行う

会社員なら経理担当の事務員が行う作業も、フリーランスは1人で担当します。日々の売上や在庫の管理、経費の入力作業など、やることはいろいろです。

税理士に頼まない場合は、確定申告などの納税に関する手続きも、自分で行う必要があります。事業として仕事をしている以上、帳簿付けや経理作業をおろそかにするわけにはいきません。

職種によってはスケジュール管理が特に重要

職種によっては、雑務や事務作業でかなりの時間が費やされます。特にデザイナーやコピーライターなどのクリエイター、職人として商品やサービスを提供するハンドメイド作家や建築家などの作業などは、本業にかかる時間がはっきりと定められません。

本業に割く時間と、その他の業務に使う時間をスケジュール管理しなければ、本業に影響が出てしまいかねません。まずは、その他の雑務にかかる時間を考慮しておきましょう。場合によっては、雑務を任せられる人材が必要です。

マネージャーを雇うメリット

フリーランスがマネージャーを雇うメリットは、多数あります。マネージャーを雇うか決めかねたときは、メリットとデメリットを比較して検討しましょう。

まずは、作業にかかる時間と人件費を比べます。もちろん、負担が大きすぎる場合は、どちらが得かではなく心身のことも考えなければなりません。

本業に集中できる

フリーランスの本業は、自分が持っているスキルを活かせる仕事です。営業や事務作業、電話対応などの雑務を兼任していると、仕事に集中するのも大変でしょう。

マネージャーを雇うと、自分が得意とする本業に集中できます。特に、雑務に時間を取られて本業がなかなか進まないような場合は有効な手段です。人を雇う余裕があるなら、マネージャーの採用を検討して見ましょう。

雑務や営業の負担軽減可

雑務や営業は、フリーランスの得意な作業とは限りません。事務処理や営業が得意なマネージャーに任せることができれば、負担軽減も図れるでしょう。

雑務に時間を取られすぎて労働時間が長くなっている場合、マネージャーがいればその分仕事が進められます。負担をなくして稼げる学が増えれば、1人で作業をするより効率的です。

報酬の交渉がしやすい

クライアントとの報酬交渉は、多くのフリーランスの頭を悩ませている問題です。自分から報酬を上げて欲しいとは言いにくいですが、マネージャーを雇えば報酬の交渉に関しても任せられます。

自分でクライアントと交渉するわけではなく、細かい交渉を任せられると思えば気が楽です。心理的なハードルだけでなく、クライアントとの関係を良好に保ちつつ報酬アップを交渉するには第三者の存在が役立ちます。

マネージャーの探し方

マネージャーの探し方はいくつかありますが、自分で求人をかける以外に、代行業務を依頼する方法もあります。本格的にマネージャーを導入するなら求人をかけるほうが適していますが、安価で一部の業務だけ代行してもらいたいときには代行業務を請け負う会社に依頼しましょう。

求人をかける

自分から求人をかければ、指定した条件に合うマネージャーを探せます。面接を行い、うまくやっていけそうな人を見つけられるのも魅力です。

求人をかけるときはコストや手間もかかりますが、本格的に多くの作業を任せられる相手を探したいときに向いています。ハローワークへの登録や、求人情報誌・サイトへの情報登録などさまざまな形で募集をかけてみましょう。

事務代行やオンライン秘書

1人の人を雇うのではなく、ちょっとした事務作業や秘書業務を代行して欲しいときに役立つのが、代行業務を営む会社です。人を雇うのに比べて、月額料金や仕事量に合わせた料金設定で、安価に設定されています。

人を雇うほど売上がないものの、事務や雑務の負担を減らしたいフリーランスに最適です。どのくらいの作業を依頼したいかによって、料金設定は変化します。

まとめ

フリーランスは雑務が多く、本業に専念しにくい働き方です。事務や営業も1人でこなすため、なかなか自分の仕事が進まない悩みもあります。

状況によっては、マネージャーを雇う判断もおすすめです。求人を出して正社員やアルバイトとしても雇えますが、安価で利用したいときは事務代行やオンライン秘書も検討してみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ