副業のおすすめを知りたいサラリーマンへ。稼げる副業から注意点まで

サラリーマンとして会社に所属しつつも、フリーランスとして副業をしている人が増えています。とはいえ日中は本業があるので、副業にはそこまで時間を割くことができません。そのような条件でオススメの副業には、どんなものがあるのでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業を考えるサラリーマンが急増中

クラウドソーシングサービスの大手「ランサーズ」による「フリーランス実態調査2018」によると、会社勤めなどをしながら副業としてフリーランスの仕事をしている人が744万人にのぼり、2015年調査比で3倍に達していることが明らかになりました。

出典:

ランサーズの分析では「従来型の自営業ではなく、副業のフリーランスが増えていることが新たな傾向」と発表されています。フリーランスという働き方がより多様化していることによって、サラリーマンでも副業に取り組みやすくなっています。

副業とバイトの違いを知ろう

副業としてアルバイトという働き方を選ぶ人もいます。フリーランスという働き方と、アルバイトという働き方の決定的な違いは、2つあります。

1つは、雇用形態の違いです。アルバイトといっても企業に雇われているため、報酬は給料として支払われることになります。一方でフリーランスの場合は、会社などに属さず、一個人としてクライアントと仕事を進めます。

もう1つは、給料形態の違いです。アルバイトは給料の額があらかじめ決まっています。例えば時給計算であれば、もし売上に直接つながる仕事が結果的にできなかったとしても、働いた時間に応じての給料が支払われます。

一方でフリーランスの場合は、『成果主義』的な要素が強くなります。仕事の成果に応じて報酬が発生するため、クライアントが要求する仕事をこなせない限りは、収入はゼロとなります。

企業は副業を認めている?

副業を禁止するという企業も多いなか、最近ではその風潮も変わってきました。一番の原因は、働き方改革の一環として、厚生労働省が「モデル就業規則」の副業禁止や制限の規定を変更したことによります。

出典:

さらに、『優秀な人材を確保する』という目的から副業を容認する企業も増えています。それには、優秀な人材ほど各方面から直接仕事を依頼される機会が多いことが考えられます。副業NGという制限があると、優秀な人材が企業を離れてしまう可能性があります。そのため、副業を認めているケースも多くあります。

サラリーマンが副業を始める時の注意点

企業に在籍しているサラリーマンが副業していいの?という疑問もあります。そこで、副業を始めるときに注意したい点を見ていきましょう。

就業規則を確認

副業を始める際は、本業として働いている会社の従業規則を必ず確認しましょう。副業について容認する企業が増えてきているといえども、まだ副業を禁止したり制限を設けている会社も大多数と言えます。

副業を容認されている場合でも、『競合他社での副業ではないか』『守秘義務は厳守されているか』『会社の損失や信用を落とす行為につながらないかどうか』などについては、注意したいところです。

会社に秘密にするのは難しい

内職やネット系ビジネスなど、空き時間を使って自宅でひっそりと副業をする場合は、会社への報告義務は特にないと思う人も多いでしょう。

しかし、副業をしていることが思わぬことで会社に知られてしまう可能性もあります。その代表的な例が、副業で得た副収入を確定申告で処理した際に計算される住民税の金額が、勤務先の会社に連絡される場合などです。

このように、知られないようにしても会社に情報が渡る可能性は大いに考えられるので、副業に従事する場合は会社へ報告するほうがスマートと言えます。

確定申告の必要性

勤務先の会社では源泉徴収をしてくれますが、フリーランスで副業をして得た収入が『1年間で20万円を超えた場合』は、自らで税務署に必要書類を提出し、確定申告をする必要があります。

副業初心者におすすめ、WEBライター

WEBライターは、WEB記事などの文章を書く仕事です。在宅で完結できる仕事が多く資格も不要であるため、フリーランスとして副業で取り組む仕事として、初心者向けであると言えます。

ネット環境があれば、特別な資格は必要なし

パソコンとネット環境さえあれば、WEBライターとして働くことができます。自宅ではもちろん、どんな場所でも仕事をすることができるので、スキマ時間をフレキシブルに使うことが可能です。

得意ジャンルから始めてみよう

ひとえにWEBライターといっても、政治や金融といった固い内容から、グルメやエンタメといったライトな内容まで、執筆するジャンルはさまざまです。

当然、自分が得意な分野や興味のあるジャンルの執筆のほうが、筆が進みます。自分が得意とするジャンルを見つけ、ライティングスキルを磨くことが、WEBライターとして仕事を獲得するための近道と言えます。

確実に稼ぎたいなら、プログラミング

知識があるのであれば、プログラミングは開発環境さえあればどこでもできる仕事です。 企業としても、フリーランスのプログラマーに仕事を依頼することでコストを抑えることができます。プロジェクトが大きくなるほど収入も見込め、確実に稼ぐことができます。

プログラミングの仕事内容

プログラミングの仕事内容には、下記のようなものがあります。

  • ホームページ制作

    HTMLCSSJavaScriptの知識が必要となります。PhotoshopIllustratorを使ったデザインスキルも有効です。

  • システム開発

    案件によって求められる技術は異なりますが、PHPRubyPythonJavaなど様々なプログラミング言語を活用するスキルが必要となります。

  • 既存コードの修正依頼

    既に構築されたシステムに対して、追加やバグの解消などの修正の設定をする作業を行います。新規でプログラムを構築するよりも難易度が下がるため、報酬は低いことが多いです。

  • 初心者向けプログラミング講師の依頼

    初心者の方にプログラミングを教える講師としての仕事です。

自らのスキルもアップすることができる

プログラミングを理解するには、コンピュータ上の言語を学ぶことが必要となります。基本的なHTMLCSSは、比較的単純なプログラミング言語で難易度もそこまで高くありません。そのため、勉強した上で副業で活かすことも夢ではありません。

書店にはプログラミングの指南書が多くありますが、独学が難しい場合はスクールで講座を受けるなども視野に入れましょう。一度プログラミングスキルを身につけると、副業できるチャンスが広がります。

スキルを活かしたいなら、営業職

サラリーマンとして営業職の経験があるという人は多いかと思います。自分の人脈を活かして人材を紹介したり、複数のビジネスをつなげたりしたりするなどの営業職を副業にする人もいます。スキマ時間に机上でできる企画提案書の作成代行などもあります。

本業も同じ営業なら無理なく始められる

本業として営業をしているなら、基本的には流れは同じであるため、副業でも営業代行をスムーズに始めることができます。忙しい営業マンの収入アップとして、有効な方法です。

ただし、本業の競合他社を副業にすえないように注意が必要です。この場合、守秘義務などが漏れる可能性もあり、勤務先とのトラブルにもなりかねません。

外部からの営業職を積極的に活用する企業も

新しいやり方を吸収できたり、会社の営業を客観的に分析できるという点から、フリーランスの営業職に一部をゆだねる会社も増えています。そのため、フリーランスの営業職として活躍できるステージは、技術職ほどでないにせよ、徐々に広がってきていると言えます。

まとめ

サラリーマンとして会社に所属しつつも、フリーランスとして副業をしている人が増えています。アルバイトとは雇用形態や給与形態も違うフリーランスとしての副業は、スキマ時間を有効に利用できる新しい働き方として注目を集めています。

勤務先とのトラブルを防ぐためにも、副業を始める際は、本業として働いている会社の従業規則を必ず確認しましょう。また、収入が見込める場合は確定申告が必要になるケースもあります。

副業初心者には、資格や準備がほぼいらないWEBライターがオススメです。確実に収入を得たい場合は、プログラミングの仕事がいいでしょう。経験者はもちろん、未経験者でもスクールに通うなどしてスキルを身につけることで、チャレンジすることができます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ