副業を始めるならクラウドソーシングからが安心。仕組みと特徴紹介

「欲しい洋服がある」「旅行に行きたい」など、望みを叶えるためには生活を充実させるための資金が必要です。選択肢の一つとして、クラウドソーシングで副業を始める人も少なくありません。そこで、クラウドソーシングの仕組みやメリットなどについて紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業を始めるならクラウドソーシングが便利

副業にはさまざまな選択肢があるなかで、クラウドソーシングが注目されるのはなぜでしょうか? ここでは、クラウドソーシングの仕組みやどのような仕事があるのかなどについて解説します。

クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングとは、仕事を依頼したい人と依頼を受けたい人を仲介するサービスです。依頼を受ける人は『ワーカー』と呼ばれています。サービスの利用には、登録が必要です。

登録から仕事の応募や受注など、すべてインターネット上で完結するため手間がかかりません。納品が完了すると報酬からシステム使用料が天引きされ、指定口座に入金されます。

一見、アウトソーシングにも似ていますが、大きな違いは『個人向けの仕事』を取り扱っている点です。

ライターやプログラミングなどさまざまな仕事

募集されている職種は、多岐に渡っています。たとえば、ライターやプログラミング、翻訳などです。専門的な知識や技術を要する案件のほかに、初心者でも受注可能なものもあります。

文章を執筆するライター関連の案件は、初心者でも始めやすいといえるでしょう。案件によっては、初心者に対するサポート付きの案件があります。スキマ時間を有効活用したい人にもおすすめです。

クラウドソーシングの始め方

クラウドソーシングを始めるには、メールアドレスでの登録が必須です。登録後、職歴や経歴、取得資格、スキルなどプロフィールを作成すると、仕事応募時の自己PRにも活用できます。

受注したい仕事を見つけたら、サービス内のメッセージ機能を活用して応募メッセージを送りましょう。応募が複数人ある場合は依頼主の選定により決定されます。

契約が結べたら、受注案件をこなして期日までに納品しましょう。納品完了になると、報酬が支払われて契約完了になります。

クラウドソーシングのメリット・デメリット

クラウドソーシングは、副業で収入を得るうえで有効な手段といえます。ただし、メリットもあれば、デメリットも存在するものです。メリットとデメリットを正しく理解してから利用しましょう。

ここでは、クラウドソーシングを利用するメリットとデメリットを紹介します。

クラウドソーシングのメリット

クラウドソーシングを利用するメリットは、時間や場所に制限されない点です。受注したい仕事を自分で選べるため、やりたくないことや苦手なことをする必要がありません。

好きなときに好きな場所で仕事ができます。たとえば、カフェでコーヒーを飲みながら作業することも可能です。また、受注した案件で評価されると、自然に仕事のオファーがくることもあります。

クラウドソーシングを介して報酬が支払われるため、未払いのリスクがありません。

クラウドソーシングのデメリット

デメリットはメッセージでのやり取りが主なため、依頼主との行き違いが発生する可能性があります。また、依頼主が信頼できるかどうかを事前に判断しづらいといえるでしょう。

職場や一緒に働く仲間がいないため、常に孤独感を感じやすくなります。またクラウドソーシングの利用にあたり、報酬からシステム使用料が引かれることは避けられません。

また、初心者や個人相手の依頼ということもあり、報酬額が相場より低いことが多いです。

収入を得たら確定申告をしよう

クラウドソーシングで得た報酬は、立派な収入です。収入が発生すれば、所得税を申告する必要があります。そのためには、確定申告が必要です。ここでは、確定申告について紹介します。

収入と所得について

会社で年末調整をしていても、確定申告が必要な理由はなぜでしょうか? 会社からもらう給料は毎月所得税が天引きされており、自分で確定申告する必要がありません。

一方、クラウドソーシングは『個人事業主』の扱いになるため、所得税の申告を自分でする必要があるのです。所得税の申告は法律で定められており、申告しないと罰せられる可能性があります。

確定申告はいくらから必要か

確定申告は、年間20万円以上の所得を得た場合に限ります。所得を計算する期間は、1~12月の1年間です。20万円に満たない所得については確定申告が免除されます。

申告できる期間は決まっており、毎年2/16~3/15が通例です。確定申告が必要かどうかは『国税庁HP』の『確定申告が必要な方』で確認しておきましょう。

確定申告が必要な方|国税庁

まとめ

クラウドソーシングはインターネット上で応募から報酬支払いまで完結できる便利なサービスです。報酬の未払いのリスクも低いため、副業初心者でも気軽に始められます。

ただし、基本的に1人で仕事をこなすことが多いため、孤独感を感じやすいといえるでしょう。メリットだけではなく、デメリットも理解したうえで利用するかどうかを決めることをおすすめします。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ