ランディングページをおしゃれで効果的に。作成手順や考え方まとめ

商品やサービスの販売へ誘導するツールであるランディングページは、作り方次第で大きく効果が変わります。手間暇をかけて制作するからこそ、おしゃれで効果的なページに作り上げたいものです。ここではランディングページの作成手順や考え方について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ランディングページの作り方手順

成果が出るランディングページには、一定の決まった作り方があります。必要なポイントを押さえて作らなければ、せっかく制作したページであっても効果が薄くなってしまいます。ここでは、ランディングページの作り方の手順を解説します。

構成の定義

ランディングページを制作する際、最初に構成を考えなければなりません。高い効果を発揮するランディングページの構成は、主に以下の7つの要素に分かれています。

  1. ファーストビュー
  2. 共感部分
  3. 商品の提示
  4. ベネフィット
  5. 購入者の声
  6. 実績や権威性の提示
  7. Q&A

これらに加えて、効果的に『資料請求』ボタンなどをこの中に複数設置することで、読み手の行動を促すのです。

この中で最も重要な要素は『ベネフィット』です。ランディングページを訪れた方はもちろん商品自体に興味がありますが、商品の説明だけで購入に至ることは少ないです。

消費者は、商品を購入したら自分にとってどんなメリットがあるのかを重要視しています。消費者が抱えている悩みを解決するようなベネフィットを提示することは、ランディングページの制作において必須です。

ターゲットやゴールの設定

ランディングページを制作するにあたり、ターゲットやゴールを設定することが大切です。ターゲットとは、その商品を買ってもらいたい理想的な客層を指します。年齢や性別、年収や嗜好など、できる限り具体的に設定することが大切です。

ゴールとは、ターゲットに最終的に求める行動です。その行動とは、商品やサービスを購入してもらいたいのか、あるいは資料請求なのか、メールアドレスの登録なのか、ゴールを明確に決定することで、読み手が自分のことのように感じて文章に引き込まれて行くのです。

おしゃれで効果的なデザインの考え方

ランディングページを制作するにあたり、読み手であるターゲットをゴールに導く必要があるので、おしゃれで効果的なデザインであることも重要です。

ここではランディングページのレイアウトやボタンの配置、パーソナライゼーションなど、より具体的なランディングページの制作方法について解説します。

レイアウト

ターゲットをゴールへ導きやすいランディングページのレイアウトには、一定の法則があります。現在はパソコンだけでなく、スマホやタブレットでランディングページを見る人も多いことから、あらゆるデバイスに対応できるレイアウトが求められています。

一定の成果を出すランディングページであるためには、パソコンとスマホの両方の表示に対応した『レスポンシブデザイン』であることは必須です。画面の大きさに合わせてレイアウトを自在に変えながら、コンテンツ自体の内容を変えることなく伝えることが大切なのです。

CTA配置

ランディングページにおいて、『資料請求』や『申込み』などのCTAボタンをどこに設置するかによって、商品の成約率は大きく変化していきます。

従来CTAボタンは、ページをスクロールすることなく目に入る場所に置くことが必須でした。しかしCTA(ユーザーに求める行動)の内容はさまざまであり、その内容や目的によってはページの途中や最後の部分などにも置くことで効果がでるケースもあります。

CTAのタイプによって配置する場所を柔軟に決めることが求められているのです。

パーソナライゼーション

効果の低いランディングページは直帰率が高く、せっかく訪れた人をすぐに逃してしまいます。その原因の一つに、ページを個々のユーザーに最適な内容にする『パーソナライゼーション』がされてないという点が挙げられます。

もちろんすべての顧客に対して完全にぴったりなランディングページを制作することはできません。しかしジオターゲティング機能などを使うことで、訪れた人に身近な街の情報などを表示できます。さらにユーザー情報を収集することで、よりパーソナライズされたページを作ることができるのです。

ツールやテンプレートを活用しよう

ウェブページの制作に慣れてない人にとっては、いきなりおしゃれで効果的なランディングページを制作することには心理的な負担が伴います。

しかしネット上には簡単にランディングページを制作できるツールやテンプレートがたくさんあるので、これらを上手に活用することで手軽にページを作ることも可能なのです。

ここではランディングページ制作におすすめのツールやテンプレートを二つ紹介します。

おしゃれなデザインのStrikingly

おしゃれなテンプレートが豊富に用意されているので、自分のイメージにあったサイトの作成ができるおすすめのツールです。

さらにレスポンシブデザインに対応しているので、全てのデバイスに対応したサイトを作れます。Strikinglyには、効果の高い結果を得られるサイトを手軽に制作できるメリットがあります。

Strikingly

簡単に作れるランディングページCMS

ランディングページを構成するブロックをドラッグすることで、簡単にストーリー仕立てのページを作ることができるツールです。

キーワードごとに最適なページを生成してくれるので、SEO効果も期待できる、おすすめのページ制作ツールとなっています。

ランディングページCMS

まとめ

一見ハードルが高いように感じるランディングページ制作ですが、基本的な構成やルールを学び、便利なテンプレートやツールを上手に活用することで想像以上に手軽におしゃれなページを制作することができます。

おしゃれで効果的なランディングページはビジネス成功のキーポイントとも言えます。この記事を参考にして、あなたも自分のランディングページを製作してみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ