ランディングページ制作のメリットとは。作り方やツールとともに紹介

ネット上では、日々さまざまな種類の商品やサービスが販売されており、ランディングページはそれらのサービス購入への効率的な誘導を担っています。ここではランディングページ制作のメリットを、その作り方やツールを含めて紹介します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】GCP、TypeScript、ReactによるSaaSソフトウェアエンジニア
    週10~40時間、業務委託からスタートもOK!ITサービスの導入支援を効率化!
  • 【2位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいフロントエンジニア
    AWS、Amplify、React、Next.jsなどを利用したシステム開発、週5時間~リモートOK!
  • 【3位】 DX関連の新規事業立ち上げに参画したいWebフロントエンジニア
    数万店以上の飲食店の受発注データを管理、展開するためのB向けSaaSに携わる!
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    ランディングページの基礎知識

    普段ウェブサイトを作成することのない一般的なネットユーザーにとって、ランディングページという言葉自体をあまり耳にすることがないかもしれませんが、多くの人が一度は目にしているような身近なものです。

    ランディングページの役割は大きく、商品やサービスの販売にあたって計り知れない効果を発揮するツールなのです。ランディングページとは一体どのようなものなのでしょうか。ランディングページの持つ意義や目的、その特徴も含めて解説します。

    ランディングページとは

    ランディングページは『LP』とも呼ばれています。『ランディング』は、英語のLandingです。もともとLandには『着陸する』という意味があり、ランディングページに訪れた人がそのページに訪れて、商品購入などの目的を果たすためのページという意味合いで使われています。

    インターネットを使ったビジネスの現場では、売り上げ目標の達成や、メールアドレスの取得、資料請求といった様々な目的で新しいランディングページが制作され、ネット上に公開されているのです。

    ランディングページの意義

    ランディングページはウェブ上にあるサイトの一つではありますが、構成自体はホームページやブログといった他の形式のウェブサイトとは明確に違います。ランディングページには、特定のユーザーを絞り込み、見込み顧客を集める目的があるのです。

    また、一般的なホームページと比較して制作費用を抑えることができるという意義もあります。ランディングページは複雑でない分、比較的安く制作できることから、ページをいくつも制作してサービスごとに使い分けることもできるのです。

    ランディングページの主な目的と特徴

    ランディングページの最終的な目的は、ページに訪れた人に商品を購入してもらうことであり、サービスに興味がある人のメールアドレスを取得することです。インターネットを活用して売上を得たいあらゆるジャンルのビジネスにおいて、ランディングページが活用されているのです。

    ランディングページ制作する側は、一つの商品であっても展開するサービスごとにランディングページを作成できるという特徴があります。例えば季節に合わせて展開するキャンペーンごとにページを作ることもできます。ランディングページは汎用的に活用できるという特徴があるのです。

    ランディングページ制作のメリット

    インターネットを活用してビジネスを展開している多くの会社が、ランディングページを制作することに対しメリットを感じています。通常のウェブページではなく、あえてランディングページを採用する理由があるのです。

    でそれはランディングページの制作にはどのようなメリットがあるのでしょうか。以下で具体的に紹介します。

    ページから離脱させない

    ランディングページは通常、縦長のウェブページ一枚で構成されています。一般的なウェブサイトに見られるサイト内のリンクや別のページなどが設置されておらず、一枚のページの中に必要な情報が詰め込まれているのです。

    ランディングページには、ページの冒頭から読者を引きつけ興味を保ちながら進める仕掛けがいくつもあります。一枚のページを上から読み進めることで徐々に興味を引きつけ、閲覧者に最後まで読み進めさせるねらいがあります。ランディングページには、読者をページから離脱させない効果があるのです。

    情報集約と理想的な伝達

    ランディングページの縦長のページの中に、読者が求めている情報の全てが掲載されています。サービスの内容や価格はもちろんのこと、購入者の声やQ&A、問い合わせフォームや申し込みボタンなど、商品に関する必要な情報が1枚のページの中に集約されているのです。

    また、ランディングページは文章だけでなく、画像や動画を活用することで読み手に対し効果的にその内容を伝達しています。テキストだけでなくビジュアル要素のあるコンテンツを用いることで、ランディングページは理想的な伝達ができるのです。

    訴求力の高さ

    ランディングページには他のページに移動するリンクやボタンが設置されていないでの、訪れた人は他のページの存在に惑わされることなく、見ているページの内容に対して集中することが可能です。

    その結果、訪問者にページの内容を伝えやすくなり、申し込みや資料請求といった当初の目的を果たしやすくなるのです。ランディングページは通常のウェブページと比較して、読み手の心理に対して訴求する力が高いという特徴があるのです。

    ランディングページ制作の参考になるサイト

    効果的なランディングページを制作するスキルを身につけるためには、まずはできるだけ多くのランディングページに触れて、どのようなテキストを使って、どのような構成でページが制作されているのかを研究することが大切です。

    ネット上には有益なノウハウを公開しているサイトがいくつもあります。ここからは、複数のランディングページを掲載し、さらにページ制作のノウハウを伝えているおすすめのサイトをいくつか紹介します。

    ランディングページ集めました。

    2012年から現在に至るまで、数多くのランディングページを集めて紹介しているサイトです。多くのランディングページを紹介しているので、時代ごとのランディングページの流行や全体の変遷を見ることができます。

    掲載している多くのランディングページを業種別に分類しているので、非常に見やすく利便性が高いサイトです。ランディングページを学びたい人は一度訪れるとよいでしょう。

    ラディングページ集めました。

    LPアーカイブ

    このサイトはサイト制作会社が運営しており、自社制作のサイトや他社制作のサイトを含めて1万4000以上のランディングページを掲載しています。ランディングページについて解説した記事や制作方法なども分かりやすく掲載しているので、非常に参考になります。

    LPアーカイブ

    RESPONSIVE WEB DESIGN JP

    レスポンシブデザインのランディングページに特化して紹介しているサイトです。スマホのページやパソコンページの画像を並べて掲載することで、一目で両者を見比べることができる点が特徴です。

    他にもランディングページ作りに関して有益なサイトを数多く紹介しているので、ランディングページに関する知識を身につけることができるでしょう。

    RESPONSIBLE WEB DESIGN JP

    ランディングページの作り方

    適切に作られたランディングページを活用することで、高い効果が期待できます。しかし、ランディングページの作り方を間違えると効果が発揮されずに、思うような結果が得られません。

    ここでは、理想的な効果を発揮する正しいランディングページの作り方を解説します。

    構成の理解

    ランディングページは7つのブロックで構成されています。

    1. キャッチコピー
    2. 共感
    3. 商品紹介
    4. ベネフィット(購入することによる利益)
    5. 購入者の声
    6. 優位性(他より優れているポイントなど)
    7. 行動

    このように、ランディングページは主に7つの内容に分類されて一枚のページが作られています。上記の構成で制作されたページを通じて、これまで様々なサービスが販売されてきました。

    多くの成功事例を元に分析した結果、上記の7つのブロックで構成されたランディングページの効果が高いとされています。

    ターゲットやゴールの明確化

    ランディングページを制作する際は、誰に対しどのような行動を取ってもらいたいのかを明確にすることが大切です。そのページで販売する商品を誰に買ってもらいたいのか、ターゲットをできる限り具体的に絞り込む必要があります。

    また、お問い合わせや申し込みなどの最終的なゴールを明確に設定することも必要です。ランディングページのゴールを決めそこから逆算してページを制作することで、一貫性があり説得力のあるページが完成するのです。

    テンプレートを利用しよう

    ランディングページを全くのゼロから制作するのは大変です。縦長のページには膨大な情報が掲載されており、製作には多くのテキストや画像も必要となるので手間や費用がかかります。

    専門の業者に依頼することによる制作費の負担を抑えたい場合は、テンプレートを利用してランディングページを作ることもおすすめです。

    ネット上には無料で活用できるランディングページ専用のテンプレートがいくつもありますので、自分のサービスのテイストにあったテンプレートを利用して、一度作成してみることも検討しましょう。

    ランディングページデザインのポイント

    先述のとおり、ランディングページのデザインには一定のパターンがあり、そのパターンを抑えながら制作することで、成約率の高い結果を得ることができます。ここでは、ランディングページをデザインする際に心がけるべきポイントをいくつか紹介します。

    ファーストビューやキャッチコピー

    ランディングページにとって訪問者が最初に見るコンテンツ内容がとても大切になります。冒頭のブロックのデザインやキャッチコピーが自分の想定からあまりに外れてしまうと、訪問者はすぐにそのページから離れてしまうので注意が必要です。

    ターゲットとして設定した読み手のニーズをできる限り深掘りし、読み手の心理に徹底的に配慮したファーストビューやキャッチコピーを作り込むことが必要なのです。

    アクション導線とコンバーションの定義

    アクション動線をわかりやすく設定することも大切です。訪問者にどのようなアクションを取ってもらいたいのかを明確にし、アクションしやすいような工夫を取り入れましょう。

    具体的には、ボタンを目立つ色にすることや、申し込みに期限を設けて心理的に急がせること。さらに保証をつけることで抵抗感をなくして行動しやすくすることが必要なのです

    コンバージョン(目的)を明確に定義することも重要なポイントです。コンバージョンを商品の購入と定義するのか、資料請求と定義するのか、その内容によってページの構成自体が変わってきます。

    商品説明や実際の声

    ランディングページでは販売する商品について、ただ単に説明するだけでは読者の心を動かすことはできません。

    その商品を購入するとどのようなメリットを得られるのか、できる限り具体的に示すことが大切です。商品を買うことによるベネフィットを上手に伝えることで、訪問者は購入に動き出すのです。

    また、購入者の実際の声もあわせて掲載するようにしましょう。ページの中に購入者の声を入れることでランディングページに信頼性が宿り、訪問者も安心して購入することができるのです。

    制作ツールを活用

    ランディングページ専門の制作会社に一任する方法や、全て自分で制作する方法など、ランディングページを制作する方法はいくつかの選択肢があります。

    しかし前者の場合は費用がかかることや、イメージに合わない場合は再び作り直すリスクがあり、後者の場合も時間や労力がかかることが難点となります。

    いずれのデメリットも回避してランディングページを制作する方法として、制作ツールを活用することをおすすめします。ここでは具体的に3つの制作ツールを紹介します。

    初心者にも簡単なペライチ

    個人事業主を中心にユーザー数を伸ばしている人気のツールが『ペライチ』です。無料版と有料版がありますが、無料版でも多くのテンプレートが用意されており、直感的な操作でランディングページを作ることができます。

    HTMLやCSSといった専門知識を必要とすることなく、完成度の高いページを手軽に作成できるおすすめの制作ツールです。

    ペライチ

    デザインがおしゃれなStrikingly

    センスが良くデザイン性の高いランディングページを制作するのであれば、『Strikingly』がおすすめです。29種類もの豊富なテンプレートが用意されておりバラエティに富んだ内容が特徴で、こだわりのあるサイト作りにおすすめのツールです。

    海外の製品ですが日本語対応されており、英語が分からない人でも安心して利用できる点も魅力的です。

    Strikingly

    トータルで使いやすいUnbounce

    欧米を中心に人気の高い制作ツールが『Unbounce』です。ホームページ制作会社やマーケティング会社も活用するほど、完成度の高いページを制作できるおすすめのツールです。

    テンプレートが125種類用意されているので、自身のイメージに合うランディングページ作りを行えるでしょう。30日間の無料トライアルがあるので、制作にあたって一度試してみることをおすすめします。

    Unbounce

    まとめ

    会社の経営者やビジネスを展開している人にとって、商品をたくさんの人に購入して欲しいのは当然のことです。インターネットを活用して商品販売する手段として、ランディングページは絶大な威力を発揮します。

    しかしランディングページの正しい作り方を身につけていなければ、せっかく制作したにも関わらず売り上げをアップすることができずに余計な費用だけがかかることになりかねません。

    今回紹介したランディングページの特性を理解して、売り上げ目標達成するために効果的なページを制作しましょう。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織