ランディングページ制作の相場はどのくらい?発注方法も併せて紹介

見込み客を集め、商品やサービスの購入を促すランディングページは、企業だけでなく副業においても高い効果を発揮するツールです。ランディングページ制作の流れやポイントの他、プロに発注する方法や相場について解説します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】GCP、TypeScript、ReactによるSaaSソフトウェアエンジニア
    週10~40時間、業務委託からスタートもOK!ITサービスの導入支援を効率化!
  • 【2位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいフロントエンジニア
    AWS、Amplify、React、Next.jsなどを利用したシステム開発、週5時間~リモートOK!
  • 【3位】 DX関連の新規事業立ち上げに参画したいWebフロントエンジニア
    数万店以上の飲食店の受発注データを管理、展開するためのB向けSaaSに携わる!
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    ランディングページの制作方法

    ランディングページは見込み客に何らかのアクションを取ってもらうことを目的としています。効果的なランディングページを作るために必要なポイントを解説します。

    制作の流れ

    まず、ターゲット(見込み客)を決定します。商品やサービスを欲しいと思っている人に行動を促すのがランディングページの目的です。したがって、自分の商品・サービスがどのような客層に刺さるのかを徹底的に考える必要があります。

    次にゴールの設定をします。ゴールとはランディングページを見た人に起こして欲しいアクション(商品の購入や資料請求など)のことです。ゴールによって構成や内容が変わるため、しっかりと決めておきましょう。

    デザインで考えるポイント

    ランディングページは、ターゲットが求めている情報を的確に押さえていなくては意味がありません。そのためにはデザインにも工夫が必要です。

    まず、ランディングページを訪れたターゲットの目に飛び込む画面を工夫します。興味を引きつけるキャッチコピーや写真だけでなく、権威付けとなる実績として利用人数や顧客満足度、メディアでの紹介なども載せておくことでターゲットに期待を抱かせることができます。

    また、商品・サービスの購入ページへと飛ぶ導線にも工夫が必要です。購入ボタンは一つだけ設置するのでなく、各コンテンツの間に挟むことで導線を増やしましょう。

    デザインのヒントになるサイト

    ランディングページのデザインにはさまざまなものがあります。デザインのヒントになるサイトをいくつか紹介しますので参考にしてみてください。

    『LPアーカイブ』は、1万4000件以上のランディングページが登録されているサイトです。検索機能も充実しているので、イメージに近いデザインを探すのに役立つでしょう。

    LP アーカイブ | 最新ランディングページ LP 制作 商品ページ デザイン

    『LP advance』は、1100件以上のランディングページが登録されているサイトです。業種ごとにキャッチコピーをまとめたページがあるので、キャッチコピーを考える際にも参考になります。

    LP制作・Web広告に参考になるLPデザインまとめリンク集|LP advance

    『Landingfolio』は、海外のランディングページが登録されているサイトです。登録されているランディングページは560以上あり、閲覧するとレコメンド機能で似ているランディングページが表示されるのが特徴です。

    561+ Best Landing Page Examples for Design Inspiration | Landingfolio

    ランディングページ制作を発注する方法

    ランディングページは自分で作ることもできますが、知識や経験を持っているプロに任せた方が良いこともあります。ランディングページ制作を発注する方法について解説します。

    どこまで依頼するかを決める

    ランディングページ制作を発注する場合、主に以下のプロセスを制作会社に依頼します。

    • 戦略を決める
    • 構成を決める
    • デザインの制作
    • 記事原稿の制作
    • コーディング
    • テストと改善

    これらのプロセスのうち、どこまでを制作会社に依頼するか決めなくてはなりません。依頼するプロセスの数が増えるほど費用も大きくなるため、自分の予算やスキルに合わせて検討しましょう。

    発注先を選ぶ

    ランディングページ制作をどこに発注するかも重要なポイントです。

    大手制作会社に依頼すれば、通常のランディングページ制作だけでなく、SNSで拡散しやすい企画も含めて制作してもらうことができます。

    中小企業は企業によってサービスが異なります。ページの長さによって金額が変動する企業もあれば、戦略の設定からコーディングまで同料金で対応可能な企業もあります。

    予算を抑えたいのであれば、クラウドソーシングを活用するのも一つの方法です。クオリティや費用にばらつきがあるので、しっかりと検討しましょう。

    制作費用の内訳と相場

    ランディングページを発注する場合は、当然ながら費用が発生します。制作費用の内訳や相場について解説します。

    制作費用の内訳

    制作費用は以下のような内訳になることが多いです。

    • コンテンツの設計
    • パソコン版サイトのデザイン
    • スマートフォン版サイトのデザイン
    • パソコン版サイトのコーディング
    • スマートフォン版サイトのコーディング
    • 動作テスト

    特に大きなウエイトを占めるのがコンテンツの設計です。コンテンツの設計は制作会社によって内容が異なるため、事前に確認をしておく方が良いでしょう。

    制作費用の相場

    中小企業はどの程度作り込むかによって費用が変わってきます。コンテンツにまでこだわりたいのであれば、30万~60万円が相場になりますし、とりあえずデザインだけにこだわるのであれば、相場は10万~30万円ほどになります。

    10万円以下で発注したいのであれば、フリーランスに依頼するのが良いでしょう。ただし、その分、ディレクションの工数は大きくなります。

    大手制作会社は50万円〜が相場です。その分、作り込みはしっかりとしており、ランディングページを活用したWebマーケティングを行うこともできます。

    なお、金額が安ければ安いほど、戦略の設計や原稿の作成などを、依頼する側がやることになります。金額だけを見るのではなく、自分のスキルや負担を考慮して依頼先を選ぶことが必要です。

    出典:ランディングページ制作の平均費用と料金相場|おすすめの制作会社もご紹介【2019年度最新版】 | 発注業者比較なら【アイミツ】

    まとめ

    ランディングページは見込み客を集め、商品やサービスの購入につなげる重要な役割を持っています。高い成果を上げるためには、高いスキルや知識が必要です。

    ランディングページ作成を投資と考え、プロに発注するのも一つの方法だと言えます。自身のスキルと予算を改めて見直し、発注相場とのすり合わせを行いましょう。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織