体調管理も仕事のうち?重要性やポイントについてのまとめ

仕事をする全ての人において、体調管理はとても重要です。特にフリーランスであれば、体調不良は収入にダイレクトな影響を与えます。体調管理の重要性や、上手に体調管理を続けるポイントを解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

体調管理の重要性

働く上でなぜ体調管理が重要なのか、サラリーマンとフリーランスそれぞれの立場から考えてみましょう。

体調管理に責任をもつ

『体調管理も仕事のうち』という言葉があります。仕事に責任をもつ必要を感じるなら、体調管理にも責任をもつ必要があるはずです。

仕事でお金をもらっている以上、仕事に責任をもつ必要がないとはいえないでしょう。責任のあるポジションかどうかなどは関係なく、給料の対価として仕事をしていれば、責任は少なからず発生しています。

体調が悪くても頑張る姿勢は、会社からの実質的な評価にはなり得ません。体調不良が影響で結果を出せなければ、会社としては結果が出なかったことだけにフォーカスするしかないのです。

風邪を引いたら「しょうがない」と思うのではなく、風邪を引いた理由を考え、今後のために対策を立てましょう。こういった意識こそが、『体調管理に責任をもつ』意識だといえます。

フリーランスは収入に影響

サラリーマンなら、体調不良で少し仕事を休んでも、収入の増減に大きな影響は与えないでしょう。しかし、フリーランスの場合は、自分が体調を崩せば仕事が滞り、収入減に直接影響します。

また、体調不良が長引き納期に遅れたりすると、クライアントの信用をなくし仕事を失う可能性もあります。

このような理由から、フリーランスは人一倍、体調管理に気をつける必要があります。特に、サラリーマンからフリーランスに転身する場合、最初はサラリーマン時代の感覚がなかなか抜けないことが多いので気をつけましょう。

仕事に影響を与えない体調管理のポイント

生活スタイルを大きく変えることなく実践できる、体調管理のポイントを紹介します。

早起き

朝早く起きることで、体内のリズムやホルモンバランスが整い、体の調子が良くなります。さらに免疫力も向上するので、風邪を引きにくい体になります。

体力に余裕があればウォーキングがおすすめです。朝日を浴びることでビタミン不足が解消され、歩くことで運動不足も解消されます。さらに、朝日は体内時計を整える働きもあり、免疫力向上の効果が期待できます。

また、朝に余裕があると、その日の事前準備をしたり、読書や音楽鑑賞で精神を整えたりもできるでしょう。もちろん、早く寝ることで、十分な睡眠時間を確保することも大切なことです。

栄養のバランス

仕事で忙しい毎日なら、食事を外食やコンビニ弁当で済ませてしまうことも多いでしょう。こういった食生活ではどうしても栄養が偏りがちになり、健康に悪影響を及ぼしかねません。

栄養のバランスを整えるために、毎回の食事で野菜の摂取を意識しましょう。特に生野菜はビタミン・酵素・ミネラルを多く含むので、生野菜を積極的に食べるように意識することで、偏った食生活を改善できます。

お酒をよく飲む場合にも生野菜はおすすめです。生野菜に多く含まれるカリウムが、アルコールの排出を促進してくれます。また、肉類や炭水化物の摂取前にも、できるだけ生野菜を食べるよう心がけましょう。

ストレス解消

どんなに健康的な生活を意識して過ごしていても、ストレスがたまっていると体調不良を引き起こしやすくなり、病気の原因にもなります。

会社などにストレスの原因がある場合など、どうしても根本的なストレスから逃れられない状況であれば、たまったストレスを別な方法で解消するしかないでしょう。

趣味に没頭したり、家族や友人と一緒に楽しく過ごしたりと、最低でもひとつは自分だけのストレス解消法を見つけることが大事です。

忙しいからできないと諦める前に

体調管理をいきなり習慣化することは難しい場合もあるでしょう。そこで、少しずつでも意識を変えていけるようなポイントを紹介します。

重要なタイミングにフォーカスしよう

普段は元気に働いている人でも、大事なときに体調不良で仕事を休んでしまうことがあります。休んではいけないときに照準を合わせて体調管理をすることも、大事な考え方だといえるでしょう。

しかし、どうしても重要なタイミングで体調が悪くなることもあります。そういう時のために、事前のリスク管理をしておくことも大事です。

体調が悪くなったときにどうするかを考えることも、体調管理の一部であるという意識を持ちましょう。

少しずつ習慣化しよう

体調管理を頑張ろうと思ってもなかなか習慣化できない場合に、役立つ考え方を紹介します。

  • 一度に全部を変えようとせず、少しずつ変えていきましょう。例えば、食事を改善したければ、まずは一食ずつ改善してみましょう。
  • やるべきことがあるのにやる気が出ないのなら、小さなことから改善しましょう。例えば、朝のランニングが寒くて行けないのなら、前の晩に着替えの準備だけでも済ませておけば、少しは楽になるはずです。
  • 完全な自己管理ではなく、無理のない範囲で周りを巻き込んでみましょう。宣言したり、記録を見せたりすることで、やる気が継続しやすくなります。
  • できたことにフォーカスしましょう。できなかったことへの反省も大事ですが、それ以上に頑張った自分を褒めることが、継続の力となります。

まとめ

サラリーマンであれフリーランスであれ、仕事に影響を与える体調管理は大事です。見直せる部分は改善し、実践できそうなことには徐々に取り組みながら、常に元気で働ける体調の維持を意識して生活しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ