ネットワークスペシャリストの年収とは?仕事内容と需要などを解説

インターネットが普及した現代では、ネットワークに精通した専門職へのニーズが高まっています。この記事では、ネットワーク分野のプロフェッショナル『ネットワークスペシャリスト』について、年収や仕事内容、需要について取り上げながら解説します。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。

▼人気の質問

いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、
キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?

かんたん1分無料登録/ログインでQ&A機能を使ってみる!

ネットワークスペシャリストの年収

ネットワークスペシャリストは、ネットワークエンジニア向けの国家資格です。経済産業省認定の国家資格『情報処理技術者試験』の試験区分の一つで、情報処理技術者試験の中では非常に難易度の高い試験といわれています。

合格率は毎年14~15%前後で、試験レベルとしては最高の難易度である『スキルレベル4』です。試験に見事合格し、ネットワークスペシャリストとなった場合、年収はどのくらいになるのでしょうか?

ITエンジニア職の中では高い傾向

求人媒体で調べると、ネットワークスペシャリストを募集している求人の年収は、目安として450万~800万円前後となっています。ITエンジニア職全体の年収は310万~700万円なので、ネットワークスペシャリストの平均年収は、ITエンジニア職の中では比較的高いと言えます。

需要に比べてネットワークエンジニアが不足しているため、ネットワークスペシャリスト資格の重要性はますます高まっています。

参考:ネットワークスペシャリストの転職・求人検索結果

参考:賃金構造基本統計調査

資格手当が期待できる

ネットワークスペシャリストの資格保有者には、通常の給与とは別に資格手当を支給している企業も少なくありません。金額は企業によってそれぞれ違いますが、平均して1万5000円程度が給与に上乗せされ、年収アップが期待できるといえるでしょう。

年齢より仕事内容による

ネットワークスペシャリストは、常に新しい知識と技術が求められます。そのため、年齢よりもどれだけの業務に対応できるかが重要となり、受け持つ仕事内容によって年収が変わってきます。

第一線で長く活躍し年収アップを狙うためには、ネットワーク業界の目まぐるしい変化に対応できるよう常にアンテナを張り、新しい技術を取り入れていく姿勢が必要でしょう。

ネットワークスペシャリストの仕事内容

ネットワークスペシャリストは、一体どんな仕事をしているのでしょうか。ここでは、具体的な仕事内容を解説します。

ネットワークの設計、構築、運用

ネットワークスペシャリストは、主に企業で使用するネットワークシステムの企画・設計・構築・運用を行います。

例えば、以下のようなネットワークシステムを設計・構築し、トラブルなく安全に運用するのがネットワーク管理者としての役割です。

  • LAN(社内の端末同士のネットワークを構築)
  • WAN(企業の拠点間のネットワークを構築)
  • VPN(インターネット利用時の安全なネットワークを構築)

社内ネットワークを構築することで、その企業の従業員全員が同じシステムを使えるようになり、社内での情報やデータの共有がスムーズになります。

また、データ入力の簡素化やデータ更新のリアルタイム化など、企業にとって大きなメリットをもたらすことができるのです。

社外のパートナー企業の要求に応えるため、ネットワーク関連の技術支援を行うこともあります。

マネジメント

ネットワークスペシャリストは、効率性や安全性を考慮したネットワークシステムの企画・開発・保守・管理・運用を行う中心的な存在です。

また、ネットワーク資源の管理をはじめ、業務を遂行するための部下への技術指導やサポートをするリーダー的な役割も果たします。

ネットワークスペシャリスト資格を取得していることで、専門的知識と高度な技術を持っている人材として認められます。責任あるポジションを目指す人にはメリットの多い資格といえるでしょう。

ネットワークスペシャリストの求人事情

ネットワークスペシャリストとして転職や就職を考える際に、知っておきたい求人事情を紹介します。

転職、就職に有利な資格

ネットワークスペシャリスト資格を取得していると、ネットワークに関する高い専門知識や技術を持ち、自分で問題点を発見、解決する能力を備えているという証明になります。

そのため、企業からの評価も高く、数あるITエンジニア向けの資格の中でも転職や就職に有利といわれているのです。

転職や就職を希望する会社の規模が大きいほど、ネットワークスペシャリスト資格は必須なものとなるでしょう。

需要のある職業

ネットワークスペシャリストは、目的に応じた大規模なネットワークの構築・運用を行うネットワークエンジニアが主な職業です。代表的な勤務先は、IT系企業、通信系企業、ネットワーク関連企業などが挙げられます。

インターネットの普及により、情報通信ネットワークへの要求も高度となってきているため、システムを構築・管理・保守できる人材は、どの企業でも大変重宝されます。

官公庁システム開発案件の入札では、国家資格の保有者数が条件になることもあります。ネットワークスペシャリスト試験の合格者の数を重視する企業もありますので、今後ますます数多くの需要が見込めるでしょう。

まとめ

ITとネットワークの高度な知識と技術を有するネットワークスペシャリストは、ネットワーク社会の現代では欠かせない存在となっています。

ネットワークスペシャリスト資格を取得するためには、難関な国家試験を突破しなくてはなりません。しかし、実務経験を積み地道な勉強の積み重ねの結果試験に合格すれば、年収アップやスキルアップなど、さまざまなメリットが得られます。

ネットワークエンジニアとして転職や就職に有利な資格取得を考えている人、ステップアップを考えている人は、ネットワークスペシャリスト試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

Offers Q&A機能」では、キャリア選択に関する悩みを相談したり、有識者/経験者と意見交換したりすることができます。


いきなり質問は難しいかも...と言う方も、まずは皆様の質問/回答を見て、 キャリアに関する価値観や選択肢をアップデートしていきませんか?



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ