Dropboxの登録方法とは?アカウント作成のために必要なこと

Dropboxはオンライン上でデータの共有ができるツールで、個人同士やビジネスなどシーンを問わず利用ができます。利用するにはアカウント登録が必要です。そこで、Dropboxの登録方法や必要なことを解説していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

Dropboxに登録するには

Dropboxは基本無料で使えるオンラインストレージサービスです。保管しているデータは個人だけではなく、共同で管理することも可能になります。

利用するには、WEBブラウザやアプリからアカウント登録を行う必要があります。まずは登録方法を確認しましょう。

アカウント登録の方法

アカウントの登録は公式サイトから行います。

『氏名』『メールアドレス』『パスワード』を入力し、『アカウントを作成』を選択してください。その後、返信メールが届くので、本文中の指示に従って操作すれば登録完了です。

登録後はメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。また、WEBブラウザの他にアプリでの利用も可能ですので、必要に応じてダウンロードしましょう。

Dropbox公式サイト

Googleアカウントでの登録

Dropboxへの登録は『Googleアカウント』も使用できます。Googleアカウントを保有している場合は、氏名の入力などの手間が省けるので便利です。

公式サイトにアクセスすると『Googleでログイン』という項目がありますので、画面の案内に沿ってスムーズに登録を行うことができます。

登録なしではDropboxは使えない?

Dropboxは基本的にアカウント登録をしないと利用できませんが、一部の機能は登録しなくても利用することができます。登録なしで使える内容は以下の2つです。

共有リンクのファイル閲覧はできる

共有リンクのファイルは、アカウントを持っていなくても閲覧できます。Dropboxのアカウントを持っていれば、ファイルの編集もできるように設定できますが、閲覧だけならアカウント登録は不要なのです。

一方がDropboxに登録していない場合は、ファイルの閲覧やダウンロードしか行えない状態になります。共有リンクの作成はWEBブラウザとアプリの両方で可能です。

ファイルのアップロードはできる

ファイルのアップロードを行う場合も、Dropboxのアカウントは必要ありません。『ファイルリクエスト機能』により、容量の大きなデータでもアップロードが可能です。

ファイルリクエスト機能は、ファイルの送信相手のみがアカウントを所持している場合に利用可能な仕組みです。

ファイルリクエストページにログインして、ファイル内容とフォルダを指定して送信します。送ったファイルは相手が誰かと共有しない限り、自分と相手以外に見られることはありません。

Dropbox登録に関する疑問点

Dropboxを使用すると、いくつかの疑問点が出てくるでしょう。ここからは、よくあるDropboxの疑問点を解説していきます。

登録は本名以外でもOK?

Dropboxは登録時に、ハンドルネームなどの本名以外でも登録可能ですので、本名を表示されたくない場合はハンドルネームなどでも対応ができます。Dropboxでは所有者を特定する目的で、ユーザー名やプロフィール写真は共有者に公開されます。

また、アカウント開設の後でもユーザー名やプロフィール写真の変更は可能です。状況に応じて変更してください。

登録メールアドレスの変更方法

ユーザー名と同様に、登録したメールアドレスの変更もできます。変更するには、ホーム画面へのログインが必要です。

ログイン後、画面右上のアバターマークを選択して『設定』からメールアドレスを変更してください。確認用も含めて新しいメールアドレスを2回入力し、パスワードを正しく入力することで変更完了です。

また、ユーザー名の変更も同じ画面から行うことができます。

登録の解除方法

Dropboxが不要になるなど、何かしらの理由で登録を解除することもあるでしょう。登録の解除は、各種設定の変更と同じで『設定』から行えます。

画面を開くと、一番下に『Dropboxアカウントを削除する』という項目があります。選択後は『パスワード』『退会理由(プルダウンメニュー)』『詳細』の3点を入力しましょう。

最後に『完全に削除』を選ぶと登録の解除となります。解除後はアカウントを持っていないことになるため、一部の機能しか使えません。その点を認識してから解除しましょう。

また、ビジネス向けプラン(Dropbox Business)の解除方法は多少異なります。自身の権限に応じて、チームメンバーアカウント、チーム管理者アカウント、チームアカウントなどのいずれかを削除することができます。

まとめ

Dropboxはユーザー同士のデータ共有ができるオンラインストレージサービスです。アカウントの登録には氏名、メールアドレス、パスワードの入力が必要になります。

登録の手間を省きたいときは、Googleアカウントを利用すると便利です。また、本名以外での登録もできます。

アカウントを待たなくても一部の機能は利用可能ですが、共有しているデータの編集はできません。全般的な機能を使いたい場合は、Dropboxに登録しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ