コワーキングスペースのおすすめ横浜編。賢く使って生産性を上げよう

フリーランスの多様なワークスタイルに対応するコワーキングスペースは、賢く利用することで多くのメリットを生み出します。まずは自分に合った場所選びのポイントを抑えましょう。横浜にあるおすすめのコワーキングスペースも紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業に便利なコワーキングスペースを使おう

『コワーキング(CoWorking)』とは、複数のフリーランサーや企業家がワークスペースを共有しながら、自分の仕事を行う新たな働き方のスタイルを指します。

『コワーキングスペース』は、共働する場所を意味し、年齢・性別・職業を問わず色々な人が集まります。

コワーキングスペースのメリット

コワーキングスペースで仕事をすると、さまざま分野の才能ある仲間に出会えます。

互いが刺激し合うことで、新たなアイディアや仕事上の相乗効果が生まれる可能性があるでしょう。

コワーキングスペースはコスト削減にも貢献しています。Wi-Fi・コピー・FAX・フリードリンクなど、仕事に必要な環境が整っており、賃貸オフィスを借りるよりも安く済むケースが多いでしょう。

ほとんどは、会議室が完備されているので、打ち合わせにカフェやファミレスを選ぶ必要もなくなります。

自分に合ったコワーキングスペースの探し方

コワーキングスペースは主に『定額利用型』と『ドロップイン型』の2タイプに大別されています。『定額利用型』は会員制で、週・月ごとに料金を一括支払いするケースがほとんどです。

自分の作業スペースが確保しやすく、ドロップイン型よりも料金が安いのがメリットです。利用回数が多い人やじっくりと仕事がしたい人は定額利用型がよいでしょう。

『ドロップイン型』は利用した分だけ料金を支払う仕組みです。移動が多い人や短時間だけ仕事がしたいとき、色々なコワーキングスペースを利用してみたい人に向いています。

また、自分の仕事が快適にできるシステムや環境が整っているかも大切なポイントです。

  • 立地
  • 法人登記・郵便受取が可能か
  • 席のタイプや広さ
  • 会議室の有無
  • セミナーやイベントの有無

横浜駅周辺のおすすめコワーキングスペース

横浜駅の徒歩圏内にあるコワーキングスペースを紹介します。移動時間が節約できる上、雨の日も移動も苦にならないでしょう。

コワーキングスペースの老舗 タネマキ

ドロップイン・月額料金・イベント貸し切りが可能で、それぞれさまざまなプランが準備されています。ドロップインは2時間600円と格安で、出張時や電車の待ち時間にも気軽に利用できるでしょう。

月額プラン(月4回)は、24時間や朝のみなど自分のライフスタイルに合ったプランが選択できます。積極的に参加して仲間の輪を広げましょう。なお、登記や郵便受取は不可です。

  • 施設名:タネマキ
  • 住所:神奈川県横浜市西区岡野1-3-10 サニーコート横浜1F
  • 営業時間:ドロップイン9:00~18:00 月額メンバー24時間
  • 定休日:ドロップイン月曜・火曜
  • 公式HP

開放的で心地よい空間 バンガロー

横浜駅から徒歩5分のビル16階に位置するバンガローは、海やベイブリッジが一望できる最高の環境です。ドロップインは1時間600円で、個人・法人向けのお得な月額プランもあります。

全てフリー席なので、気分によって場所を変えるのもいいでしょう。会議室は4つで、全てにモニターが完備されています。登記や郵便受取ができない点に注意しましょう。

  • 施設名:バンガロー
  • 住所:横浜市神奈川区栄町5-1 横浜クリエーションスクエア16F
  • 電話番号:045-548-8020
  • 営業時間:10:00~21:00
  • 定休日:土日祝・年末年始
  • 公式HP

個室感覚で使える 横浜ノリノリ勉強室

横浜駅きた西口より徒歩5分の好立地にあり、席はブースで仕切られた半個室が用意されています。電子レンジやポットなどが完備され、音の出ないものであれば室内で飲食が可能です。

時間限定の『ミニフィックスコース』は、時間がDAY・NIGHT・WEEKENDの3つに分かれており、空いた時間が有効活用できるでしょう。

席はPCエリアとサイレントエリアがあり、机の広さは5タイプから選択可能です。会議室はなく、登記や郵便受取もNGなので、1人で静かに仕事や学習をしたい人向けでしょう。

  • 施設名:横浜ノリノリ勉強室
  • 住所:神奈川県横浜市神奈川区台町1-8 ウェイサイドビル603号室
  • 電話番号:045-520-3881
  • 営業時間:24時間
  • 公式HP

横浜近郊のおすすめコワーキングスペース

横浜近郊には、設備やプランが充実したコワーキングスペースが点在しています。ゆったりとした環境で、収集して仕事に取り組めるでしょう。

リージャス横浜ランドマークタワービジネスセンター

横浜ランドマークタワー20階にあり、オープンで広々としたスペースを備えています。法人登記・郵便物の郵便受取が可能なので、本格的にビジネスをしたい人に向いているでしょう。

1カ月、毎日利用の月額プランは2万2900円からで、固定デスクかフリーデスクのどちらかが選択できます。1日2時間まで会議室が無料で利用できる点も見逃せません。

  • 施設名:リージャス横浜ランドマークタワービジネスセンター
  • 住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー20F
  • 電話番号:0120-965-412
  • 公式HP

ドロップインが格安 さくらWORKS

『NPO法人横浜コミュニティデザイン・ラボ』が運営するコワーキングスペースで、古いビルをリノベーションしたおしゃれな空間が魅力です。

デザイナーや研究者、マーケテイングプランナーなど多彩な職業の人が利用しているので、思わぬ出会いが期待できるでしょう。

月額利用の『シェアオフィス会員プラン』は全部で4種類で、法人登記や郵便受取が可能なビジネス向けのプランや、固定席が24時間・365日利用できるプランなどがあります。ドロップインは、2時間で500円、1日1000円とリーズナブルです。

なお、オフィス会員登録時には、年会費を支払い、NPOに入会する必要があります。

  • 施設名:さくらWORKS
  • 住所:横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F
  • 電話番号:045-664-9009
  • 営業時間:ドロップイン10:00~18:00(18:00以降と土日祝の利用は要相談)
  • 定休日:土日祝
  • 公式HP

保育室つき 美しが丘ワーキングスペース

横浜市青葉区美しが丘のCO-NIWAたまプラーザ内にオープンしたワーキングスペースで、専門スタッフが常駐するキッズルームが併設されています。

ワーキングスペースとキッズルームの仕切りはガラスになっており、仕事中でも子供の様子が確認できるのがポイントです。

キッズルーム不要のドロップインの場合、1時間600円で利用が可能です。窓際席には仕切りがあり、集中して仕事ができるでしょう。そのほかに対面席や、丸テーブル席などがあります。

現在のところはドロップインのみで、年会費は500円です。キッズルームは事前予約制なので、早めの連絡をおすすめします。

  • 施設名:美しが丘ワーキングスペース
  • 住所:神奈川県横浜市青葉区美しが丘1-8-1 CO-NIWAたまプラーザ
  • 電話番号:045-285-1090
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:土日祝・5/1・9/2・年末年始
  • 公式HP

まとめ

コワーキングスペースで、さまざまな人と交流を深め、新たなアイディアや世界を見つけていくのも楽しいでしょう。

横浜には個性溢れるコワーキングスペースが多く点在しています。まずはドロップイン型で、雰囲気を味わってみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ