都内のコワーキングスペースを無料で使うなら。オススメの3カ所

フリーランスや個人事業者の仕事場として、コワーキングスペースを活用する人が増えています。コワーキングスペースを活用するメリットについて見ていきましょう。都内の無料で利用できるコワーキングスペースで、おすすめのスポットも紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

コワーキングスペース活用のメリット

インターネットの普及によって、オフィスに出社しなくても働けるようになりました。

『コワーキング』とは、PC一つで仕事をするフリーランスやノマドワーカーなどが、事務所や会議室などを共有しながら、それぞれが自分の仕事をするというワークスタイルです。

コワーキングスペースは、コワーキングで働く人達に働き場所を提供している施設のことです。そんなコワーキングスペースを活用するメリットについて、まずは見ていきましょう。

人脈を広げることが可能

コワーキングスペースは、色々な職種の人が同じ場所に集まります。

中には、コワーキングスペースを、新しいコミュニティ構築のために利用している人もいます。コミュニティへの参加や、コミュニティ同士の関わりによって、人脈を獲得するチャンスが生まれます。

シェアオフィスと比較しても、コミュニティの形成に優れた環境であるため、人脈を広げたい人にはおすすめです。

孤独感が薄まる

コワーキングスペースは、1人で作業している人、家ではなかなか集中できない人、また長時間1人で作業をすることに慣れない人などに向いている環境です。

自身と同じような働き方をしている人の中にいることで、孤独感が薄まる効果が期待できるでしょう。他の人が作業に集中しているため、自分も『やらなければならない』気分になれるというメリットがあります。

インフラが整っている

Wi-Fiや電源などの細かいインフラ設備が整っているのも、コワーキングスペースの特徴です。

カフェで作業をしている人もいますが、フリーWi-Fiを使うことにセキュリティ的な危険を感じる場合もあるでしょう。

コワーキングスペースでは、インフラ整備がかなり整っている所も多く、安心して作業ができます。

コワーキングスペース選びのポイント

都内だけ見ても、100を越えるコワーキングスペースがあります。その中で、働き場所としてどのようなコワーキングスペースを選べば良いのか、ポイントをチェックしていきましょう。

利用可能時間、料金

コワーキングスペースの利用可能時間が、自分のワーキングスタイルとあっているかを検証しましょう。

コワーキングスペースには、19時にしまってしまう施設もあれば、24時間営業の施設もあります。

「24時間営業の施設を選べば良いのでは?」と思う人もいるでしょう。しかし24時間営業の場合、料金が割高だったり、清掃が疎かになってしまい、施設が不衛生だったりというデメリットもあるのです。

スタイルに合った利用時間と料金設定を備えたコワーキングスペースを選ぶようにしましょう。

アクセス、設備

お気に入りのコワーキングスペースを見つけたとしても、そこに通い続けられるかどうかも検討しましょう。

月20日働くと仮定した場合、通勤に1時間かかる場所と、30分で行ける場所では、通勤時間に1カ月あたり10時間の差が出ます。交通費も無視できません。アクセスの便利さを含めた上で、コワーキングスペースを選びましょう。

また、サービスや設備についても検討すべきです。法人登記や住所使用が可能かどうか、コピー機やファックス、フリードリンクがついているかといった点についてもチェックしましょう。

都内の無料で使えるコワーキングスペース

都内には無料で利用できるコワーキングスペースがいくつもあります。その中でも特に利用しやすい施設を3つ紹介するので、参考にしてみてください。

LODGE

Yahoo! JAPANの提供するオープンスペース『LODGE』には、さまざまなサービスがあるのが特徴です。2019年5月現在、無料キャンペーンを実施しています。

まず、飲食物や仕事道具の持ち込みは自由です。ドリンクメニューも豊富で、コーヒー系やお茶系が130円から用意されています。軽食も販売されていますし、日替わりランチがあるのも特徴です。

ただし、支払いについてはPayPayのみで、現金では払えない点に注意が必要です。

  • 施設名:LODGE
  • 住所:東京都千代田区紀尾井町1-3 17F
  • 営業時間:9:00-21:00
  • 定休日:年末年始、毎月第1日曜日、不定休
  • 公式サイト

Nagatacho GRID

『Nagatacho GRID』は、地下1階から屋上まで多様なスペースがあり、目的や状況に応じて、さまざまな形で活用できるのが特徴です。

無料利用できるのは、2Fの『Gaiax Community Space』です。電源が完備され、フリーコーヒーもあります。ただし月に4回という利用制限がある点に注意しましょう。

  • 施設名:Nagatacho GRID
  • 住所:東京都千代田区平河町2-5-3
  • 営業時間:9:00-23:00(フロアによって異なる)
  • 公式サイト

AWS Loft Tokyo

AWS Loft Tokyo』は、AWS(アマゾンウェブサービス)を利用する人に向けた施設です。コワーキングスペース以外にもAWSのセミナーやサポート体制などが整っています。

利用するには『AWS』のユーザー登録を行わなければなりません。登録は無料です。ビルの17階で長めがよく、Wi-Fiはセキュリティがしっかりしています。

売店ではお弁当や軽食が気軽に買えるので、利用しやすい施設と言えるでしょう。

  • 施設名:AWS Loft Tokyo
  • 住所:東京都品川区大崎3-1-1
  • 営業時間:10:00-18:00
  • 公式サイト

まとめ

場所を問わずに仕事をする人にとって、コワーキングスペースは快適な働き場所です。コミュニティへの参加によって人脈を広げることが可能で、充実した設備で快適に仕事ができます。

設備やアクセス、料金などの面から比較して、お気入りの施設を見つけてみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ