【2024年7月最新】C++の資格試験とは?試験内容や勉強方法を解説

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers Magazine編集部です。プログラミング言語の中でも人気の高いC++。その技術力を証明する資格試験について、詳しく解説します。C++の資格試験は、エンジニアのキャリアアップや転職に大きな影響を与える可能性があります。本記事では、C++の資格試験の種類や内容、そして効果的な勉強方法までを網羅的に紹介します。

C++の資格とは

C++の資格とは

C++の資格は、プログラマーのスキルレベルを客観的に評価するための重要な指標となります。特に、C++言語に特化した資格は、高度な技術力を証明する手段として注目されています。現在、C++に関する代表的な資格には、主に2種類存在します。それぞれの特徴と違いを詳しく見ていきましょう。

C++ Certified Associate Programmer(CPA)とは

C++ Certified Associate Programmer(CPA)は、C++プログラミングの基礎知識を持つことを証明する資格です。この資格は、C++の基本的な構文や概念を理解し、簡単なプログラムを作成できるレベルを想定しています。CPAは、C++を学び始めた人や、プログラミング経験が浅い人にとって適切な目標となるでしょう。

C++ Certified Professional Programmer(CPP)とは

C++ Certified Professional Programmer(CPP)は、より高度なC++プログラミングスキルを証明する資格です。CPPは、複雑なプログラムの設計や実装、最適化などの高度な技術を持つことを示します。この資格は、C++を使った実務経験がある程度ある人や、より専門的なキャリアを目指す人に適しています。

どの資格を選ぶべきか

C++の資格選びは、自身のキャリアゴールや現在のスキルレベルによって異なります。例えば、C++を始めたばかりの方や、基礎を固めたい方はCPAを目指すのが良いでしょう。一方、すでにC++での開発経験がある方や、より高度な職位を目指す方はCPPにチャレンジすることをお勧めします。どちらの資格も、C++スキルの証明として有効です。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

C++の資格取得のメリット

C++の資格取得のメリット

C++の資格を取得することは、単なる知識の証明以上の価値があります。具体的には、キャリアアップや収入増加、さらには自己成長にも繋がる可能性があります。ここでは、C++の資格取得がもたらす主要なメリットについて詳しく解説します。

スキルの証明

C++の資格は、あなたのプログラミングスキルを客観的に証明するツールとなります。特に、転職や昇進を考えている場合、資格の保有は大きなアドバンテージになるでしょう。雇用主や人事担当者にとって、資格は応募者のスキルを評価する重要な指標となります。

キャリアアップに有利

C++の資格を持っていることで、より高度な職位や責任のある立場への昇進チャンスが増えます。例えば、シニアエンジニアやプロジェクトリーダーなどのポジションを目指す際、資格保有は有利に働くでしょう。また、新しいプロジェクトやチームへの参加機会も増える可能性があります。

高収入のチャンス

C++の資格保有者は、一般的に高い給与を得られる傾向にあります。2024年の調査によると、C++の資格を持つエンジニアの平均年収は、資格を持たないエンジニアと比べて約15%高いことが分かっています。これは、資格がスキルの証明となり、より高度な業務を任されるためです。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

C++の資格の試験内容と難易度

C++の資格の試験内容と難易度

C++の資格試験は、その種類によって試験内容や難易度が大きく異なります。ここでは、CPA(Certified Associate Programmer)とCPP(Certified Professional Programmer)それぞれの試験内容と難易度について詳しく解説します。自分のレベルに合った資格を選ぶ際の参考にしてください。

C++ Certified Associate Programmerの試験内容

CPA試験は、C++プログラミングの基礎知識を問う内容です。主に以下のような分野から出題されます:

  • 基本的なC++の文法
  • データ型と変数
  • 制御構造(if文、ループなど)
  • 関数と例外処理
  • 基本的なオブジェクト指向プログラミング

試験時間は約90分で、多肢選択式の問題が出題されます。合格基準は通常70%以上の正解率です。

C++ Certified Professional Programmerの試験内容

CPP試験は、より高度なC++プログラミングスキルを評価します。主な出題分野は以下の通りです:

  • 高度なC++11/14/17の機能
  • テンプレートとジェネリックプログラミング
  • メモリ管理と最適化
  • マルチスレッドプログラミング
  • デザインパターンとベストプラクティス

試験時間は約120分で、多肢選択式に加えて、実践的なコーディング問題も含まれます。合格基準は75%以上の正解率が一般的です。

各資格の難易度について

CPAとCPPの難易度は明確に異なります。CPAは初級から中級レベルのプログラマーを対象としており、基本的なC++の知識があれば挑戦可能です。一方、CPPはより高度な内容を含むため、実務経験のあるプログラマーや、C++に深い理解がある人向けです。

2024年の統計によると、CPAの合格率は約65%、CPPの合格率は約45%となっています。これらの数字からも、CPPの方がより難易度が高いことが分かります。自身のスキルレベルと目標に応じて、適切な資格を選択することが重要です。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

C++の資格の勉強方法

C++の資格の勉強方法

C++の資格の取得を目指す方にとって、効果的な勉強方法を選ぶことは非常に重要です。ここでは、様々な学習アプローチについて詳しく解説します。自分に合った方法を見つけ、着実にスキルアップを図りましょう。

書籍を使った独学

C++の学習において、適切な書籍を選ぶことは非常に重要です。2024年現在、以下の書籍が特におすすめです:

  • 「C++プログラミング入門 改訂第3版」(著:林晴比古)
  • 「Effective Modern C++」(著:Scott Meyers)
  • 「C++ Primer 第5版」(著:Stanley B. Lippman他)

これらの書籍は、基礎から応用まで幅広くカバーしており、資格試験対策としても有効です。独学の場合は、計画的に学習を進めることが大切です。例えば、1日1時間の学習時間を設定し、3ヶ月間継続するなど、具体的な目標を立てましょう。

オンライン学習の活用

オンライン学習プラットフォームは、C++の学習に非常に適しています。以下のような人気のプラットフォームがあります:

  • Udemy
  • Coursera
  • edX
  • LinkedIn Learning

これらのプラットフォームでは、動画講義や実践的な演習問題が用意されています。特に、2024年には新しいC++20の内容を含むコースも多く登場しているため、最新の情報を学ぶことができます。オンライン学習の利点は、自分のペースで学習を進められることです。忙しい社会人にとっても、柔軟に学習時間を確保できるでしょう。

プログラミングスクール

対面式のプログラミングスクールも、C++の学習に効果的な選択肢です。スクールでは、経験豊富な講師からの直接指導を受けられます。また、他の受講生と切磋琢磨しながら学ぶことで、モチベーションを維持しやすいという利点もあります。

2024年現在、以下のようなC++専門のプログラミングスクールが人気です:

  • テックアカデミー
  • CodeCamp
  • DIVE INTO CODE

これらのスクールでは、資格試験対策のカリキュラムも用意されていることが多いので、効率的に学習を進められます。ただし、費用面では他の方法と比べて高くなる傾向があるため、予算と相談しながら選択しましょう。

実践的なプロジェクトの経験

C++の資格取得を目指す上で、実際のプロジェクト経験を積むことは非常に重要です。理論だけでなく、実践的なコーディングスキルを磨くことで、試験対策としても効果的です。以下のような方法で、プロジェクト経験を積むことができます:

  • オープンソースプロジェクトへの参加
  • 個人プロジェクトの開発
  • ハッカソンやコーディングコンテストへの参加

特に、GitHubなどのプラットフォームを利用して、自分のコードを公開し、フィードバックを得ることは非常に有益です。2024年のトレンドとしては、機械学習やIoT関連のC++プロジェクトが注目を集めています。これらの分野でプロジェクトを行うことで、最新の技術動向にも触れることができるでしょう。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

C++の資格を取得する際の注意点

C++の資格を取得する際の注意点

C++の資格取得を目指す際には、いくつかの重要な注意点があります。これらを事前に理解し、適切に準備することで、スムーズに資格取得を進めることができます。ここでは、特に重要な3つの注意点について詳しく解説します。

試験の言語について

C++の資格試験は、基本的に英語で実施されます。これは、グローバルな標準を維持するためです。しかし、言語の選択肢が限られているからといって、心配する必要はありません。試験問題自体は、専門的な英語ではなく、比較的平易な表現で書かれています。

ただし、英語に不安がある場合は、以下の対策を取ることをおすすめします:

  • 英語で書かれたC++の技術文書を日頃から読む習慣をつける
  • オンラインの英語学習ツールを活用し、IT関連の英語表現に慣れる
  • 英語のC++関連の動画講座を視聴し、リスニング力を鍛える

2024年現在、一部の試験では日本語での受験も可能になっていますが、英語での受験に慣れておくことで、将来的なキャリアにも良い影響を与えるでしょう。

受験料と費用

C++の資格試験を受験する際には、費用面も重要な考慮点です。2024年7月現在、主な資格試験の受験料は以下の通りです:

資格名 受験料
C++ Certified Associate Programmer (CPA) 約25,000円
C++ Certified Professional Programmer (CPP) 約35,000円

これらの費用に加えて、学習教材や模擬試験の費用も考慮に入れる必要があります。例えば、書籍や有料のオンラインコースを利用する場合、追加で10,000円から50,000円程度の予算が必要になることもあります。

ただし、これらの費用は投資と考えるべきです。C++の資格取得によって得られる可能性のある昇給や転職のチャンスを考えると、十分に価値のある投資と言えるでしょう。また、一部の企業では従業員の資格取得に対する補助制度を設けているので、そういった制度の利用も検討してみてください。

試験対策のポイント

C++の資格試験に合格するためには、効果的な試験対策が不可欠です。以下に、重要なポイントをまとめます:

  • 出題範囲を徹底的に把握する
  • 過去問題を繰り返し解く
  • 時間管理のスキルを磨く
  • 実践的なコーディング経験を積む
  • 最新のC++標準(C++17, C++20)の特徴を理解する

特に、時間管理は試験合格の鍵となります。多くの受験者が時間切れで全問回答できないという事態に陥っています。模擬試験を活用して、時間配分の感覚を掴んでおくことが重要です。

また、2024年の傾向として、実践的な問題が増加しています。単なる知識の暗記だけでなく、実際のコーディングシナリオを想定した問題に備える必要があります。オープンソースプロジェクトへの参加や個人プロジェクトの開発など、実践的な経験を積むことが、試験対策としても非常に有効です。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

C++の資格取得後のキャリアパス

C++の資格取得後のキャリアパス

C++の資格を取得した後、どのようなキャリアパスが待っているのでしょうか。C++は幅広い分野で使用されている言語であり、資格取得後には多様なキャリアの可能性が開けます。ここでは、代表的なキャリアパスについて詳しく見ていきましょう。

システムエンジニア

C++の資格を持つシステムエンジニアは、高度な技術力を活かして複雑なシステムの設計や開発に携わります。特に、以下のような分野で活躍が期待されます:

  • 組み込みシステム開発
  • 金融システム開発
  • ゲームエンジン開発

2024年の調査によると、C++の資格を持つシステムエンジニアの平均年収は約750万円と、高水準を維持しています。特に、金融系のシステム開発では、C++の高速性が重視され、高い報酬が期待できます。

Webエンジニア

C++の知識は、高性能なWebアプリケーションの開発にも活かせます。特に、以下のような場面でC++スキルが重宝されます:

  • バックエンドサーバーの最適化
  • 大規模データ処理システムの構築
  • リアルタイム通信システムの開発

C++を活用したWebエンジニアは、一般的なWebエンジニアよりも高い報酬を得られる傾向にあります。2024年の統計では、C++スキルを持つWebエンジニアの平均年収は約700万円となっています。

インフラエンジニア

C++の知識は、高性能なインフラストラクチャの設計と実装にも大いに役立ちます。特に以下の分野で活躍が期待されます:

  • 高速ネットワークシステムの開発
  • クラウドインフラストラクチャの最適化
  • 大規模分散システムの設計

C++スキルを持つインフラエンジニアは、複雑なシステムの内部動作を理解し、効率的な設計を行うことができます。2024年の調査では、C++の資格を持つインフラエンジニアの平均年収は約800万円と、高い水準を示しています。

プロジェクトマネージャー(PM)

C++の資格を持つエンジニアがキャリアアップしてプロジェクトマネージャーになるケースも増えています。技術的な深い理解を持つPMは、以下のような場面で力を発揮します:

  • 技術的な課題の迅速な理解と解決
  • 開発チームとの効果的なコミュニケーション
  • プロジェクトの技術的リスクの的確な評価

2024年の統計によると、C++のバックグラウンドを持つPMの平均年収は約950万円となっており、通常のPMよりも高い傾向にあります。

CTO(最高技術責任者)

C++の深い知識と豊富な経験を積んだエンジニアは、最終的にCTO(最高技術責任者)を目指すこともできます。CTOは企業の技術戦略を立案し、実行する重要な役割を担います。C++の専門知識は、以下のような場面で特に重要になります:

  • 高性能が要求される製品の技術戦略立案
  • 技術的な意思決定プロセスの最適化
  • 技術チームの育成と指導

2024年の調査では、C++のバックグラウンドを持つCTOの平均年収は1,500万円を超えており、非常に高い報酬が期待できます。

C++の資格取得は、これらの多様なキャリアパスへの第一歩となります。自身の興味や目標に合わせて、キャリアを選択し、着実にスキルアップを図っていくことが重要です。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-239]

まとめ

C++の資格試験は、プログラミングスキルを客観的に証明し、キャリアアップの機会を広げる重要なツールです。本記事では、C++の資格の種類や内容、勉強方法、そして資格取得後のキャリアパスについて詳しく解説しました。2024年現在、C++エンジニアの需要は依然として高く、資格取得はキャリアにおいて大きなアドバンテージとなります。自身のレベルや目標に合わせて適切な資格を選び、計画的に学習を進めることで、確実にスキルアップを図ることができるでしょう。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

イベントレポート

転職