iPhoneアプリ開発の相場は?費用の算出方法と発注時の注意点

私たちが普段使っているiPhoneのアプリには、どのくらいの開発費用がかかっているのでしょうか?スマホの流行により、アプリの開発も盛んに行われています。アプリの開発費用に関して、算出方法や発注時の注意点についてまとめていきます。

副業で成長機会を増やしたい
エンジニア・デザイナーの方!

上場企業・スタートアップ・ベンチャーまで利用企業多数!副業するならOffers!

まずは60秒で副業を開始する!

iPhoneアプリの開発相場

スマートフォンの普及により、私たちの日常には便利なアプリが欠かせなくなりつつあります。そんなアプリを開発するのには、どのくらいの費用が必要なのでしょうか?

実際にアプリを開発したいと考えていても、費用が分からなければどうしようもありません。そんな開発費用に関して、iPhoneアプリの相場をまとめていきます。

平均相場は250万円程度

アプリの開発にかかる費用は、厳密に言うと機能によってまちまちです。しかし、おおよその相場は『250万円程度』だとされています。

後に、種類ごとの相場で詳しく触れていきますが、システムの移行や簡単なアプリ開発を除くと最低でも150万円はかかると考えていたほうがよいでしょう。

アプリの種類による相場

アプリ開発にかかる平均相場は、250万円程度だと紹介しましたが、アプリの種類によって費用は変動してきます。

たとえば、自社サイトをそのままアプリに落とし込んだり、もともとあったシステムをアプリ化したりするような場合は、開発費用が100万円をきるケースもあります。

それに比べ、SNSの位置情報を活用するタイプのアプリ(マッチングアプリ)など、実際に顧客に利用してもらうことが前提のアプリだと、開発にかかる平均費用が500万円以上と高額になります。

アプリ開発の費用がバラつく理由

アプリの開発費用にバラつきがでるのには、いくつかの理由があります。人件費に関することや付加する機能によるものなど、種類もさまざまです。

それぞれの特徴についてまとめていくので、費用がバラつく理由を探っていきましょう。

アプリ開発は工数によって価格が違う

アプリの開発において、費用を算出するときに用いられる単位に『人月』というものがあります。

開発に関わる技術者には、アプリ全般の管理を行うSE(システムエンジニア)とプログラミングを行うPG(プログラマー)がいて、開発費用は『作業人数(人件費)×期間』によって算出されるため、工数が増えるとそのぶん費用も増加するという仕組みです。

付加する機能によって変わる

人月から算出される開発費用ですが、そのほかの費用にバラつきがでる原因に『付加する機能』があげられます。アプリでよく使われる機能に関しては、費用の目安がある程度定められています。

たとえば、ユーザーの個人情報を扱うアプリであれば、データ管理の機能が必須となります。このような場合、すでに所得しているデータと連携させる際は10〜20万円程度、新たにデータを所得するのであれば50〜70万円程度が目安とされています。

工数のみならず、付加する機能によっても費用がこれだけ変わるため、提供したいサービスによって費用が変動するのも頷けます。

Androidアプリも必要な場合は倍に

アプリを開発する際、端末の『OS』に対応したものを作成する必要があります。OSとは、iPhoneなら『iOS』、XperiaやGALAXYなら『Android』と呼ばれているものです。

OSに対応したアプリを作るのに、外注であれば100〜200万円必要だとされていますが、iOSとAndroidとでは開発環境や言語が異なるため、両方のOSに対応したアプリを作成したい場合は費用が倍になってしまいます。

そのため、iPhoneだけでなくAndroidでも利用できるアプリを開発する際は、費用の計算に注意が必要です。

出典;アプリ開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2020保存版】

アプリを発注する際の注意点

アプリ開発にかかる費用について、いくつかの側面から必要な費用を見てきましたが、発注する際に注意しておきたいポイントがあります。

注意点をあらかじめ理解しておくことで、余計なトラブルを未然に防ぎましょう。

保守や運用にかかる費用

アプリにかかる費用は、開発費だけではありません。開発後に発生する『通常維持費』も念頭においておく必要があります。

維持にかかる主な費用には『保守メンテナンス代』や『サーバー代』があります。これらの費用は、発注を依頼する会社や運用するサーバー会社によって異なるため、事前に確認しておくとよいでしょう。

アプリ開発によって得られる効果

そもそもアプリを開発する前提として『開発することによって効果が得られる』アプリを作ることが大切です。

開発後、リリースしただけでは利益にならないため、ある程度の期間継続して利用される必要があります。ユーザーが効果を得られない限り、せっかく開発したアプリもだんだんと使われなくなってしまいます。

そのようなことが起こらないためにも、そのアプリによって得られる効果を開発前から予測することが大切です。

まとめ

iPhoneのアプリを開発するための費用は多種多様です。さまざまな要因が開発費用に影響してくるため、事前に詳細な見積もりはもちろん、明確な目標を立てておきましょう。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ