副業をHTMLでやりたい方必見。仕事内容や案件の獲得方法

HTMLはフロントエンドに欠かせない言語です。ここでは副業でHTMLに取り組む場合の仕事内容、報酬、案件を獲得する方法を解説します。自分に合った働き方を始めるためにもこれらのことを知り、ぜひ副業にチャレンジしてみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる!

HTMLの副業でやる仕事内容とは

そもそもHTMLプログラマーはどのような仕事を副業でやることができるのでしょうか。HTMLの仕事内容や、Webデザインなどと比べてどうなのかについて言及します。

HTMLの仕事内容は大きく分けて3つ

HTMLの仕事内容は大きく分けて3つあります。ホームページの作成、メディアサイトの記事の更新、キャンペーンサイトの作成です。これらを見てもわかる通り、HTMLの副業の仕事内容は本業の仕事と差異がありません。

ホームページの見た目などの作成、更新、修正が基本的な案件です。更新やそのシーズン、イベントごとのキャンペーン作成などのため、短期案件が多い傾向にあります。

HTMLコーダーが副業で案件を獲得するコツ

では、HTMLコーダーが副業で案件を獲得するにはどうすれば良いでしょうか。スキルに自信があるかどうか、2つに分けて解説します。

案件は多いがスキルを持つ人も多いHTML

HTMLの案件は他の言語に比べて多いです。これはWebサービスの増加などが影響しにエンジニアのニーズが増えていることやそのようなWebサービスを行う上でHTMLは基盤となる言語だからでしょう。

しかし、HTMLのスキルを持つ人は大勢います。HTMLはプログラミング未経験でも理解しやすく、重要なスキルだからでしょう。市場も大きく、スキルを持つ人も多い、そんな状況で、どうすれば自分に合った案件を獲得できるのでしょうか。

スキルに自信がなければ、求人サイトで獲得

スキルに自信がないのであれば求人サイトなどで案件を獲得しましょう。特におすすめしたいのは、クラウドソーシングサービスでの案件の獲得です。

どの求人においてもどの程度の経験を持っているのか、スキルをもっているのかは重要です。スキルに自信がないのであればまずは、クラウドソーシングサービスを通じて案件を獲得し経験をつむべきでしょう。

このようなサービスでは幅広い案件を扱っており、その数も多いです。経験不問の案件もあります。だからこそ、案件は獲得しやすいでしょう。

ただ難点として、難度が低いのであればもちろん案件の報酬が低めになりやすいです。加えて、HTMLコーダー向けの難易度が高く高報酬な案件は少ない傾向にあります。それゆえ、スキルに自信がある人には他の手段をおすすめします。

スキルに自信があるなら、直接売り込もう

スキルに自信があるのであれば、直接売り込むべきでしょう。HTMLの場合、求められるスキルの高い案件を見つけるのは難しいです。一度見つけたとしても継続的に関われるかどうかはわかりません。

なので、スキルに自信のある方の場合、外注のHTMLコーダーを募集している企業などに直接売り込むべきでしょう。クラウドソーシングなどには掲載されていなかった難易度の高い案件を獲得できる場合や、直接かかわっているからこそ優先的に案件の情報を手に入れやすくなるかもしれません。

HTMLコーダーの収入、案件の報酬は?

では、HTMLコーダーの場合どの程度の収入が期待できるのでしょうか。経験年数なども含めながら説明します。

年収は300万円ほどが一般的

IT・Web系に特化した求人サイトであるFind Job!によれば、本業でHTMLを使い働いている方の平均年収は373万円です。Web デザイナーなどと比べると同じ程度ですが、現在需要が増えているPythonなどとは100万円以上の差があります。

また、HTMLの場合、報酬が実務経験に左右されにくく、800万円ほどで頭打ちの状況にあります。

副業でできる案件の報酬は?

副業でできる案件の場合はどのようになるのでしょうか。HTMLの場合、依頼主との契約から納品まで1か月、ホームページやキャンペーンサイトの作成を5万円から10万円程度でやる案件などがあります。

このような比較的件数の多い仕事を月に1本やると考えると、一年あたりで60万から120万円程度となるでしょう。依頼主から用意された情報を流し込むなどといった、個人でこなす簡易なコーディングの場合、先ほど説明した案件より安くなります。逆にチームとして業務をこなし、アプリ開発などボリュームも大きい案件の場合、高くなる傾向にあります。

今後の収入アップを目指すなら

では、今後収入アップを目指すのであればどうすれば良いでしょうか。より、充実した副業を送るためにも是非、取り組んでほしいいくつかのポイントを紹介します。

効率よくプロジェクトを進めるスキル

いかに効率よく、プロジェクトを進められるかは重要なポイントです。HTMLは答えが明確であり、課題を見つけやすいコードだと言われています。だからこそ、効率よくしやすい言語です。

副業をこなす上では、本業と両立を実現するためにも効率をよくこなすことが重要になります。HTMLをさらに理解し、効率性を上げることで収入のアップを目指してみてください。

コーディングだけでなくプロジェクト管理も

プロジェクトの管理も副業の中では重要なポイントです。HTMLの場合多くの案件は、個人作業によるものです。

それゆえ、会社員として働くのとは大きく異なりいかに自分の作業を自分で管理できるかが重要なポイントとなります。フリーランス向けのプロジェクト管理用ソフト・アプリなども使いながら、次の仕事につながるような結果を出しましょう。

フロントエンジニアとしてのスキル習得

より多くの経験を積む中で、HTMLコーダーとしてもらえる報酬が頭打ちの状況になる場合が起こるかもしれません。あなた自身に合った副業を見つけるためにも新たなスキルを手にするのもひとつの手です。

特におすすめしたいのはフロントエンドエンジニアとしてのスキル習得でしょう。つまり、CSSJavaScriptを使いこなすということです。この2つの言語も使いこなせるようになれば、年収ベースで考えた際、100万円以上の収入増加は見込めます。今までやったことがなかった刺激的な案件を獲得することも可能かもしれません。

まとめ

副業でHTMLを使う、そんなあなたに知っておいてほしいポイントを紹介しました。よりよい、副業生活を目指して頑張ってください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ