フリーランスのライターになるには?未経験からスタートする方法

フリーライターになりたいと思っても、まず何からはじめればいいのかわからないという方も多いでしょう。そこで、ライターの実際の仕事内容や、未経験からでもフリーライターになる実践的な方法をいくつか紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーライターの仕事内容

フリーライターとは、企業や会社に所属せず仕事の依頼を受けて文章をかく仕事のことをいいます。しかし、これからライターになりたい方は、まだ実際にどんな仕事をするかイメージがつきにくいでしょう。そこで、ライターの仕事について詳しく解説していきましょう。

ライターの仕事は多様

ライターには、自分の取材にもとづいて記事を書くケースと、指定されたテーマのジャンルをWEB上で調べて書くケースなどがあります。ライターとひとくちにいっても、仕事内容は様々です。雑誌のコラムや取材ページを書く場合は、自分でお店や人に会いにいき、情報をまとめて1つの記事を書く必要があるため、『行動力や企画力が必要』です。

雑誌を担当するケースには、紙面に掲載する写真も自分で撮る場合もあります。また、雑誌の企画・構成から考えて全くのゼロから紙面に作り上げるケースもあるため、『色々なスキル』が求められます。

他にも、新聞のコラムや企業の冊子などを担当する場合もあります。すべてに共通するポイントとしては依頼主の要望に沿った形で、『記事をわかりやすくまとめる能力が必要』ということです。

WEBライターの需要増により敷居が低下

WEBライターというのは、インターネット上のライター募集サイトなどから、「指定されたジャンルを1文字いくらで」と依頼され、文章だけを書くライターのことです。

もちろんWEBライターでも、『専門的な知識があると報酬が上がる』ため、自分が得意な分野を持っておくと高単価な仕事が回ってきやすくなります。しかし、WEB上で調べればわかることだけで記事を作成して報酬をもらうことが多いのも特徴です。そのため、『専門的な知識がなくても仕事ができる』ので、ライターになる敷居は低くなっています。

フリーランスのライターになるには?

フリーランスのライターになるには特別な資格はいりません。しかし、最初から整理された見やすい文章を書くことは初心者では難しいものです。

フリーになる前のステップとして出版社やスクールに通うこともできます。そこで、ライターになるための色々な方法を紹介していきましょう。

出版社や編プロの編集者、記者になる

出版社や編集プロダクション(編プロ)に入社して、経験を積むというのもフリーランスのライターになる1つの方法です。遠回りに思えるかもしれませんが、出版社や編集プロでは専門的な知識を働きながら学ぶことができるというメリットがあります。

また、出版社や編プロに入社すると、仕事の人脈を作ることができるというメリットも忘れてはいけません。これから、フリーランスのライターになろうと思っている方は、『いかにいい仕事がもらえるか』が勝負となります。出版社や編プロで働いている間に、取引先と良好な関係を築いておけばフリーになってから仕事を回してもらえる可能性が上がります。

ライター養成スクールに通う

全く文章を書いた経験がない場合は、ライター養成スクールに通うという方法もあります。費用はスクールによって変わりますがそれほど高額ではありません。

また、スクールは出版社や編プロへの就職を目指す人が大勢いるため、人脈を作るのにも役立ちます。後に出版社や編プロで編集長などの役職に付く可能性もあるからです。

ライター養成スクールでは、現役で活躍しているライターが講師として教えてくれるため、現場の生の声を聞くという貴重な体験もできます。もし、すぐに出版社や編プロへの就職は難しいと思っているなら、ライター養成スクールに入ってみましょう。

クラウドソーシングで未経験から始める

クラウドワークスやランサーズなど、クラウドソーシングでライターを募集しているサイトも沢山あるので、すぐにライターになりたい方は登録してみるといいでしょう。クラウドソーシングとは、不特定多数の人に募集をかけて仕事をしてもらうインターネットサービスです。仕事の発注から納品までインターネット上で完結する場合が多く、手軽に始めることができます。

仕事が沢山あるので、自分の得意な分野を選んで仕事を引き受けることができ、自分のペースでできるというメリットがあります。ポイントとしては安い単価の仕事でも手を抜かず依頼主から良い評価を得ることです。

人脈があれば、直接やり取りして仕事をもらうことができます。しかし、クラウドソーシングサイトでは、不特定多数に仕事を依頼されるため、依頼主の信頼を得ることが難しいのがデメリットです。単価の安い仕事でも丁寧に仕上げて高い評価をもらうことが、自分の実績につながるので、1つ1つの仕事をしっかりこなしていきましょう。

今日からできるブログ運営のすすめ

フリーライターになりたいという方は、まずは文章を書くという経験を積むことが必要です。そのためにはブログを書くということが一番手っ取り早い上達方法です。

なぜライターはブログを持つべきなのか

ライターにとってブログは、自分の技術を訓練する場所であり、人を惹きつける文章を書くために必要不可欠なものです。フリーのライターになりたいなら、必ず自分のブログを持っておきましょう。それでは、なぜ、ブログを持っておく必要があるのか説明いたします。

文章力が向上する

毎日文章を書くことを続けていると、自然と文章力が向上していきます。

本を読んだり、日記をつけるのも文章力を身につける方法ですが、ブログを書くということが重要なポイントです。ブログは、インターネットにアップされて他の人に見られるため、自分の文章を客観的に判断することができます。

また、自分で書くだけでなく、他に文章が読みやすいブログを見つけたら、「なぜ、このブログは読みやすいのか?」と研究してみることも大切です。人の文章と比べることで自分の足りないものが見えてきます。

他にもブログを書くことで、文章を書くスピードは確実に上がっていくため、トレーニングだと思ってできれば毎日続けていきましょう。

名刺代わりになる

ブログを持っていると自分の文章をすぐに見てもらえるので、ライターとしての名刺代わりになります。WEB上でも、リアルでもそうですが名刺を見ただけでは、その人がどのくらい技術を持っているのか判断することは難しいですね。

しかし、ブログには実際に自分の書いた文章が掲載されているため、自分の実力や得意分野を相手に効果的にアピールすることができます。また、沢山記事数があれば、「この人は文章を書くことに慣れている」というライターというプラスの印象を与えることも可能です。

フリーランスの場合は、特に会社に所属しているという肩書がないので、ブログを効果的に使って自分のスキルをアピールしてください。

アクセスが増えると仕事依頼も入る

簡単なことではありませんが、自分のブログが人気ブログとなって大量のアクセスを集めると、強い影響力をもつことができ、仕事にもつながります。人気のブログを持っているというのは、ライターにとっては強い武器です。面白い文章を書いているという、分かりやすい証明になります。

そして、多くの人が見ているため、読者に対し情報源として強い影響力を持つことも可能になってきます。例えば、商品を紹介すると大勢の人が目にするので、良い評価を書けば沢山の人に売れる、というようなことも実際に起きます。

自分のサイトを宣伝したいと思っている人や企業は沢山いるので、そういった影響力のあるブログを書いていると、色々な仕事が舞い込んでくるでしょう。

売れっ子ライターの必須要素は?

沢山の仕事をもらっている売れっ子ライターには共通の特徴があります。フリーライターとして売れっ子になるために必要な要素は何なのでしょうか?

重要なのは専門的な知識

特定の分野において専門的な知識を持っているライターには、そのジャンルの仕事が入ってきます。パソコンやスマホなどのガジェット系、海外のことを紹介する場合には英語力など、ライターとして重宝される知識は色々あるので、毎日少しずつでもいいので積み上げていきましょう。

専門的な知識があると自分にしか書けない記事が執筆できるので、オンリーワンの存在になれます。さらに、他の人が知らない深い内容の記事にできるため、読者を惹きつけることが可能です。

ネットでページの最後まで記事を読んでもらうのは、非常にハードルが高くなっています。しかし、よりディープな記事を書くことができればそれが可能になるため、自分の得意分野を持つことは非常に重要です。

文章力やスピードがあるのは当たり前

現役で記事を書いているライターは、毎月何十本も記事を書いているため、文章力やスピードがあることは特別のことではありません。

むしろ、文章力やスピードがないとフリーライターとして食べていくことはできません。ライターとして活躍したいなら、沢山の文章を書き、本を沢山読んで言葉を頭にストックしていくことが大切となります。

その上で、より読みやすく、親しみをもてる雰囲気の文章で、読者を惹きつけることができれば、仕事が沢山入ってくるようになるでしょう。毎日、沢山の文章に触れて自分の中に無い表現や、言い回しなどを蓄え、ブログで外に吐き出すことで、自分のものにしていってください。

まとめ

フリーライターになるためには、特別な資格はいりませんが、読みやすく正しい日本語の文章を書く能力が必要です。また、自分のアピールポイントになるような専門知識を蓄えることも大切になります。そのために、自分のブログを持って文章を書く訓練を日々積み重ねていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

CTOが採用にコミット。短期間で効率的にリードクラスのエンジニア2名を採用できた理由とは

2020年にヤフーとの業務提携を発表したマイベスト。今後さらなる事業成長のための開発を推進するために、ハイスキルのエンジニアが必要不可欠に。スピード感が求められる中、同社が意思決定したのが業務委...

eKYC市場の「API商社」として100社以上の導入。少数精鋭のエンジニアドリヴンだから進められる事業推進と開発の魅力とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリ「TRUSTDOCK」と本人確認API基盤を提供する株式会社TRUSTDOCK。顧客は金融業界や人材業界、エンタメ業界まで広がっている。近年は福岡市...

「業務委託→正社員」を視野に入れてアプリエンジニアの採用に成功。人気アプリ運営会社の採用事情とは?

1,000万DLを突破した人気音楽投稿アプリ「nana」を運営する株式会社nana musicは、2021年1月にDMMグループから独立し、第二創業期を迎えようとしている。これまで外部リソースを...

複業転職でリードエンジニアを採用成功。PMF前のスタートアップが実践する複業転職の秘訣とは

従業員オンボーディングを仕組み化し、新たなメンバーの入社体験を向上させる従業員オンボーディングSaaS「Onn(オン)」を手掛けるワークサイド。スタートアップにおける採用の大きな障壁となるのは優...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ