副業として人気の在宅ワーク。働き方の特徴とおすすめの仕事を紹介

副業として人気の在宅ワークは、柔軟な働き方を実現できますが、自己管理が必要になるうえ、詐欺などに巻き込まれないよう安全な案件選びも重要になってきます。在宅ワークについて、トラブルを避けるために気をつけるべき点を紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

副業として在宅ワークが人気の理由

働き方の多様化に伴って、在宅ワークという働き方が普及してきました。フリーランスとして在宅ワークをしている人もいれば、会社員でリモートワークとして在宅勤務をしている人もいます。自宅で仕事をする在宅ワークが、なぜ人気なのでしょうか。

時間や場所など、柔軟な働き方ができる

在宅ワークの人気が高い最大の理由は、時間や場所などに囚われず、柔軟な働き方ができるという点です。長い時間、満員電車に揺られて出勤する必要はありませんし、自宅で仕事をする以外にカフェやコワーキングスペースなど、働く場所は自由になります。

また、働く時間が決められていないため、自分のペースで仕事を進めることが可能です。仕事と家庭を両立できるため、子育て中や介護で忙しい人も働けます。昼間に本職で働き、夜に副業として在宅ワークをすることもできるのです。

スキルに応じて稼げる

時給ではなく単価で報酬が支払われる成果報酬型の仕事をしている場合、スキルの高さに応じて稼げる金額が変わってきます。

3000円の単価の案件を受注したとして、作業に6時間かけると時給では500円にしかなりませんが、3時間なら1000円、1時間なら3000円の時給になります。スキルと自分の努力さえあれば、アルバイトをしているよりもずっと稼げるのです。

おすすめの在宅ワークを紹介

ここからは、おすすめの在宅ワークを紹介します。学生や主婦でもお小遣い稼ぎとしてできるものから、特別なスキルが必要なものまで幅広く取り上げます。自分が挑戦してみたい在宅ワークの参考にしてください。

データ入力

在宅ワークの中でも難易度が低く、挑戦しやすいのがデータ入力の仕事です。データ入力は、発注された内容にしたがって指定されたファイルへデータの入力を行います。入力が終わったらクライアントへ納品し、報酬が支払われるという仕事です。

データ入力の代表的なものとして、単純データ入力とテープ起こしの2種類があります。単純データ入力は、紙媒体やPDFなどの情報データを、WordやExcelなどに入力していく仕事です。根気は必要ですが、特別なスキルは必要ないので誰でも受注しやすい在宅ワークです。

テープ起こしは、録音された音声データなどを文章にしていく作業です。こちらも慣れてしまえば誰でもできるようになりますが、慣れるまでは耳で聞いた情報をアウトプットするのに苦労することもあります。

ライティング

ライティング業務は、その名のとおり、文章を作成する在宅ワークです。文章のスキルが高く、効率よく執筆する技術があれば稼ぎやすい在宅ワークのひとつとなっています。

文章と言っても、小説や脚本のようなクリエイティブなものから、企業ブログやメールマガジンなどの会社関係、記事の執筆などのデータ収集系など、種類はさまざまです。

ライティングの単価は、1コンテンツに固定報酬が支払われるパターン(20本記事を書いたら5万円など)と、1文字単位に単価がかかるもの(1文字1円、3000文字で3000円など)があります。

オンライン講師

オンラインレッスンの講師も、在宅ワークのひとつです。在宅で英語・英会話レッスン指導を行ったり、外国人へ日本語のレッスンを行ったりします。使用するツールはスカイプなどのビデオチャットで、1コマあたりのレッスン料が報酬として支払われる形態です。

Webカメラやマイクをそろえなくてはならないなど、ほかの在宅ワークに比べてスタートに資金がかかりますが、塾講師などと兼務することで効率的に副業ができます。

オンライン秘書

秘書の業務は、資料作成やお茶出し、さらには取引先へアポイントメントを取ることやスケジュール調整など、多岐にわたります。オンライン秘書は、会社で行っている秘書業務の一部を在宅で担うという仕事です。

お客様からの問い合わせ対応や会議室の予約、会員へのリマインドメール配信などを在宅で行います。仕事の時間はほかの在宅ワークに比べて指定されることも多いですが、細かな業務は時間に縛りのないこともあります。

主に秘書の資格を持っていて現在子育て中の主婦や、ほかの副業と兼務しているフリーランスなどが働いています。

在宅ワークの始め方

在宅ワークの種類が分かったところで、実際にどうやって在宅ワークを始めればよいのかを解説します。安易に始めるのではなく、気をつけておきたいことを自覚してからスタートすることで、自分の身を守れるようになります。

安全な案件を探す

在宅ワークを始めたばかりの人は、つい高単価の案件に飛びついてしまいがちです。簡単な仕事内容なのにあまりに高単価だったり、テストライティングだけで高額の謝礼が支払われたりする案件は注意しましょう。

いろいろなサイトを見て回りながら、明らかに怪しそうな仕事は高単価であってもはじくようにし、案件をじっくり比較してください。実際に在宅ワーカーとして働いている人の体験談を読んだり、口コミを見たりしてみるのもおすすめです。

危ない案件に注意

悪徳業者や詐欺業者が少なからずいるのも現状です。紹介料や仲介料などと偽って金銭の振込を要求したり、仕事をしたのに報酬が振り込まれなかったりするケースもあります。信用できるクライアントからの仕事を受注できるよう、注意して仕事を探してください。

パソコンなど必要な備品を用意する

在宅ワークを効率的にするため、自宅に仕事をするための環境をつくりましょう。会社にあるような設備を整えるのは初期投資として高くつきますが、イラストレーターやデザイナー、エンジニアはPC環境が整っていないと仕事になりません。

ライターであっても、仕事量によってはスマートフォンやタブレットだけで仕事をするのは困難なので、PCを持っていない人は購入するようにしましょう。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

在宅ワークを成功させるコツ

せっかく在宅ワークを始めるなら、失敗したくないものです。在宅ワークを始めたら、どのような点に注意すればよいのでしょうか。ここでは、在宅ワークを成功させるコツについて二つ紹介します。

自己管理は重要

在宅ワークは成果報酬型なので、自己管理が重要です。自己管理は、在宅ワークで最も大切なことと言っても過言ではないでしょう。

働く時間や場所が自由なので、自分に甘くなってしまいがちです。疲れていれば休めますし、テレビを見たり本を読んだり、スマートフォンで遊んだりすることもできます。ですが、そのせいで案件が終わらなかったり、ノルマをこなせなかったりすると職を失う可能性もあるのです。

在宅ワークは自由さがメリットですが、自分を律する心がないと続けられない仕事でもあるのです。

仕事環境を整える

在宅ワーカーは、自宅が職場となります。仕事場を快適にすることも大切ですし、集中できる環境をつくることも必要です。自宅ではどうしてもだらけてしまうという人は、コワーキングスペースやカフェなどに出かけて作業するようにしましょう。

まとめ

今後、在宅ワークを導入する企業が増えていくでしょう。在宅ワークは時間と場所の縛りがない分、気楽に始められるように思われますが、自己管理が大切だったり、仕事環境を整える必要があったりと、大変なことも多いのが現実です。

自分には会社勤務と在宅勤務のどちらの働き方が合っているか考え、自分にとってメリットの多い働き方を選択しましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

グルメ