副業を在宅でやるならデータ入力がおすすめ。仕事の特徴まとめ

近年の副業ブームの影響もあり、手軽に在宅でも取り組める副業の数が増えています。その中でもとりわけデータ入力の人気は高く、本業が終わって帰宅した後に自宅で取り組む人も多いようです。ここでは、データ入力の副業の特徴について解説します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

データ入力は在宅で副業をしたい人におすすめ

インターネットの発達により、ネット環境とパソコン・スマホがあれば取り組める仕事が増えてきました。その中でも『データ入力』は、未経験でも比較的取り組みやすい仕事の一つに挙げられます。

場所や時間に拘束されずに働けるので、データ入力は在宅で仕事をしたい人におすすめなのです。ここからは、データ入力の仕事の内容や仕事のメリット・デメリットについて具体的に解説します。

データ入力の仕事内容

データ入力の仕事の内容は、パソコンを使ってさまざまなデータを指定された場所に打ち込む作業が主になります。スピードや正確性、慎重さが求められる仕事です。

データの内容は、数字や文章、音声データやアンケート内容など多岐に渡ります。打ち込まれたデータは、仕事の発注元である企業が業務を進める上で欠かせない大切なものとなります。

個人情報など重要な内容を取り扱うケースもあるので、できる限り慎重に仕事に取り組む必要があるのです。

メリット

データ入力の仕事の大きなメリットは、パソコンとインターネット環境さえあれば、それほど経験がなくても気軽に始められるという点です。もちろん、データを打ち込むために必要となる基本的なパソコンスキルは必要ですが、高度な操作能力を必要とすることはほとんどありません。

さらに、時間的な自由度が高いという点も大きなメリットです。自分が取り組める時間に応じて仕事量を調整しながら受注できるので、本業と両立させやすいといった特徴があります。

時間や場所に縛られることなく取り組めることから、データ入力は忙しい人に人気の高い在宅ワークなのです。

デメリット

データ入力の仕事には、メリットだけでなくデメリットもあります。入力されたデータは企業の大切な資産となるので、迅速かつ正確な入力を要求されます。入力ミスが多い場合や処理速度が遅い場合、発注元のクライアントから指摘を受けることもあり、仕事自体が心理的な負担になる可能性があるのです。

データ入力は、他の在宅ワークと比較して単価が低いといったデメリットもあります。データ入力の仕事の報酬は入力件数によって決まることが多く、入力スピードが遅い人や作業効率の悪い人は、必然的に収入が少なくなってしまいます。

仕事の見つけ方

企業が業務を進める上で、データの収集や処理は欠かせない作業の一つです。したがって、多くの企業がデータ入力の仕事ができる人材を求めており、比較的求人を見つけやすい職種だと言えます。

それでは、データ入力の仕事はどうやって獲得するのでしょうか。ここでは、仕事の見つけ方について具体的に紹介します。

求人サイト

データ入力の仕事を探す基本的な方法は、求人サイトを利用することです。インターネットの求人サイトには、さまざまなデータ入力の仕事が登録されています。

具体的に作業内容が詳しく書いてある案件がある一方で、具体性に欠いた分かりにくい案件もあるので、仕事選びの際には注意が必要です。慌てて申し込みをする前にしっかりとリサーチして、自分の希望する条件に合致する案件を選ぶとよいでしょう。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトを利用して、理想のデータ入力の仕事を探すことも可能です。クラウドソーシングサイトは、一般的な求人サイトと比較して、副業として取り組める在宅ワークの登録件数が多い傾向にあります。

できるだけ多くのクラウドソーシングサイトに登録し、定期的に仕事を探しましょう。プロフィール欄を充実させることも大切です。データ入力の仕事の経験があれば忘れずに記入し、経験者であることを積極的にアピールするとよいでしょう。

\新しい環境/開発スタイルを経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

データ入力で得られる収入の相場は?

他の在宅ワークと比較して、データ入力の仕事の単価は決して高いとは言えません。データ入力は単純な事務処理作業なので、希望する人が多く、発注元も報酬を低く設定する傾向にあります。

しかし、一概に低いとは言えず、やり方次第で報酬を上げることも可能です。ここでは、データ入力の報酬の支払い方法や報酬の相場について具体的に解説します。

時給制と成果報酬制がある

データ入力の報酬の支払い方法には、時給制と成果報酬制があります。時給制は1日当たりの仕事量が決まっているケースが多く、作業スピードにかかわらず、働いた時間に応じて報酬が支払われます。

一方で、成果報酬制では作業量に応じて支払われる報酬額が変わるので、作業量が多い人ほどたくさん稼ぐことが可能です。作業スピードが速い人の方が短時間で多くのデータを入力できるので、高い報酬を得られるのです。

在宅ワークは成果報酬がほとんど

在宅ワークとしてのデータ入力の仕事は、成果報酬として報酬が支払われるケースがほとんどです。したがって、データ入力でたくさん稼ぎたいのであれば、パソコンに関する事務処理能力を高める必要があります。

パソコンの機能を使いこなして効率的に作業を進めたり、タイピングスキルを伸ばして素早く入力したりすることで、必然的に報酬額も高くなるのです。

報酬の相場

データ入力の在宅ワークはそれほど稼げないイメージがありますが、果たして実態はどうなのでしょうか。通常、データ入力の報酬は入力する文字単価によって決まります。

相場は1文字0.1〜1円となっており、タイピング速度が速ければ速いほどお金を稼ぐことができます。入力作業に費やせる時間によっても収入は変わるので一概には言えませんが、月に5万円以上稼ぐことも珍しくないようです。

出典:データ入力の時間単価相場はどれくらい?- クラウドワークス

収入アップのコツ

データ入力の在宅ワークで、できるだけ多くのお金を稼ぐためには、いくつかのコツがあります。データ入力の仕事は、他の仕事と比較して単価が低いと言われていますが、必ずしもそうだとは限りません。

工夫して仕事に取り組むことで収入をアップすることは、決して困難ではないのです。ここでは、データ入力の収入アップのコツを二つ紹介します。

実績を作り単価アップを目指す

在宅の仕事を依頼する場合、発注元は相手の過去の実績を重要視することが多いようです。過去に多くのデータを短期間で仕上げて納品した実績があれば、相手も安心して仕事を依頼することができます。

受注者としても、過去の実績があればそれを元にして報酬の交渉ができるので、単価アップの可能性が高くなるのです。

作業効率を上げる

文字単価によって収入が決まるデータ入力で稼ぎを増やすためには、作業効率を上げる必要があります。ブラインドタッチを身につけたり、ショートカットキーを使いこなしたりすることで、作業効率は格段にアップします。

さらに、単語登録機能を利用し、頻繁に入力する文字やフレーズを登録することで、入力作業の時間を大幅に省くことも可能となります。

まとめ

データ入力の仕事は、経験があまりなくても比較的取り組みやすい在宅ワークの一つです。パソコンさえあれば場所や時間に拘束されることなく仕事に取り組めるので、忙しい主婦の人や子育て中のお母さん、ノマド型のフリーランスの仕事をしている人にとっては、都合のよい仕事だと言えるでしょう。

始めたばかりの段階だと単価は低いかもしれませんが、工夫と経験次第で単価を上げられるので、仕事にやりがいを持つこともできます。この記事を参考にして、早速データ入力の仕事に取り組んでみてはいかがでしょうか。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

デザイン

お金

採用・組織

グルメ