副業でコールセンターに週1で勤めたい人へ。職場の特徴と注意点

電話を受けたりかけたりするコールセンターの業務は、働ける曜日や時間帯の幅が広く、副業にも適しています。一方で、副業として働くための注意点もあります。そこで、コールセンター業務の特徴と注意点をまとめました。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

コールセンターの副業の特徴

副業としてコールセンターで働く場合には、以下のような特徴があります。

理解力がありフランクな人は続けやすい

コールセンター業務は、電話を使用した接客、営業の仕事です。当然ながら、電話を通して人と話をする時間が増えます。

クレーム対応をすることもあるので、相手の話す内容に沿った的確な答えを出さなければなりません。そのため、電話の相手が話すことを正しく理解することが必要とされます。教えられたことを素直に聞き、実践できるフランクな性格の性格の人も、コールセンター勤務に向いているといえるでしょう。

幅広い年齢、男性やWワーカーも活躍

コールセンターで働く年齢層は、意外にも幅広いものです。最も多く働いている世代は20代ですが、50代以上でもコールセンターで働く人は決して少なくありません。

性別で見ると、コールセンターで働いているのは女性が多いという印象が強いものです。事実、コールセンターでは男性よりも女性の比率が多い傾向があります。

しかし、10代では男性が働く割合が多いこともわかっており、男性の比率が多いコールセンターも増えています。また、最近では24時間対応のコールセンターも増えており、希望の時間に働けるという理由から、働く年齢層も幅広くなってきています。

シフトの自由度は高めで副業向き

先ほども触れたように、コールセンターの中には24時間休まず稼働しているところも多くあります。働ける時間が長いということは、シフトの自由度が高くなり、時間を有効に使えるので、Wワークで働く人も多いのが、コールセンターの特徴です。

コールセンターでは、働く日数や時間数も他業種より自由度が高く、短時間勤務や週1日からの勤務にも対応しているところも少なくありません。

以上のことからも、コールセンターでの勤務は副業として適しているといえます。

コールセンター発信業務の特徴

コールセンターでの業務は、大きく分けて『発信業務』と『受信業務』に分けられます。このうち、発信業務はこちらから相手へ電話をかけるもので、『アウトバウンド』とも呼ばれています。

営業力が身に付く

コールセンター発信業務では、営業の電話をかけることが多くなります。しかし、このような営業の電話は話を聞いてもらえずに、すぐ切られてしまうことも多いものです。

すぐに切られずに、こちらの話をしっかり聞いてもらうことは、コールセンターでの発信業務でとても重要です。相手の興味を引き、話をつなげることは、営業のスキルにもつながります。

会社員の副業としては時間が合わないことも

発信業務で電話をかける相手は、企業や一般家庭です。常識的に考えても、電話をかけても迷惑にならない時間帯に電話をかける仕事となるため、9~20時に稼働するケースが多いのです。

このことからも、会社員が副業としてコールセンターでの発信業務をするには、勤務時間帯が合わないこともあり得ます。

コールセンター受信業務の特徴

発信業務とは逆に、かかってきた電話の応対を行うのが、コールセンター受信業務で、『インバウンド』とも呼ばれています。

臨機応変な対応力が身に付く

コールセンター受信業務は、さまざまな顧客からの電話に対応するので、アウトバウンドのようにすぐに電話を切られることはまずありません。反対に、相手の要望に応えたり、疑問や問題を解決したりする必要があります。

対応する内容は電話をかけてくるお客様によって異なるので、受信業務は臨機応変な対応力が要求されます。顧客と直接やり取りを行って対応をするため、感謝されることも多い業務です。

しかし、受信業務と異なり多岐にわたる問題解決力も必要で、クレーム対応も含まれることがあります。難しいトラブルやクレームに遭うことも多く、厳しい内容を突きつけられる可能性がある点は、受信業務のデメリットといえるでしょう。

時間や曜日の融通がききやすい

発信業務とは反対に、顧客を相手にする受信業務では、シフト制を取っているところが多いのが特徴です。土日祝日も稼働し、中には24時間対応というコールセンターもあるので、勤務時間や曜日の融通がききやすく、副業として働きやすい業務です。

コールセンターの副業を探してみよう

副業として働ける機会も多いコールセンターでの仕事を探しているのなら、シフト制での働き方と違いについて押さえておくことをおすすめします。

シフトの決め方は要確認

『シフト制』という働き方は、勤務曜日や時間が固定されていません。コールセンターでは、シフト制を取っているところが多いですが、シフト制にも実は種類があります。

  • 希望シフト制

    希望シフト制とは、あらかじめ勤務希望日や時間帯を申請して働く勤務形態です。本業の後に働きたい、都合の悪い日を外して働きたいという時にも融通がききやすいのがメリットです。逆に、申請した勤務希望日に必ず働けるとは限らず、働ける時間が減るデメリットもあります。

  • 固定シフト制

    希望シフト制では働く曜日や時間帯が変動することが多いですが、固定シフト制では勤務日と時間帯を勤務先と相談し、決まった曜日や時間で働きます。固定シフト制では前もって決められた曜日や時間に働けるので、予定を立てやすいメリットがあります。デメリットは、決められた日時以外に働くのが難しい点です。

  • フリーシフト制

    希望シフト制と固定シフト制は勤務したい希望曜日や時間帯を自分で選択したり相談したりしますが、フリーシフト制では勤務先が働く曜日や時間帯を決めます。基本的に働きたい日や時間帯を選べず、シフトが決まるまで予定を決められないデメリットがありますが、その代わりフリーシフト制は他の働き方よりも時給が高いメリットがあります。

どの求人も週1の条件に合わないときは?

求人情報を探してみても、週1回で働けるコールセンターがなかなか見つからない、ということもあるでしょう。そんな時は、希望の勤務先にまず相談してみてはいかがでしょうか。場合によっては、採用担当者と相談ができることもあります。

出勤日数を調整してもらえるか相談してみよう

仕事をする時は、出勤日数や勤務時間、曜日はとても大事です。採用になって働き始めた後になって、最初の条件と違うとトラブルになるケースもあり得ます。そんなトラブルを防ぐためには、なるべく早めに解決しておくべきです。

求人広告には、『要相談』との記載されている場合があります。面接の際に、きちんと条件面の相談をしておけば、後々のトラブルを予防し、スムーズに働ける環境作りもできるでしょう。

コールセンターで副業するときの注意点

副業として働きやすいコールセンターでの仕事ですが、以下の注意点を頭に入れておきましょう。

週1でと決めたら、働きすぎないように

労働基準法では、1日8時間、週40時間以内に労働時間を収めることと定められています。この時間を超えると。時間外労働として時間外手当が出ることになります。

このことを考えても、副業としてのアルバイトは週1回、と前もって決めているのであれば、その上限を超えずに、働きすぎに気をつけるべきです。

自己管理力が求められる

正社員としてフルタイムで勤務した後に副業をする場合、本業の勤務状況を考えてシフトを出す必要も出てきます。時間をムダにせずに上手に副業もこなすには、時間の管理を含めた自己管理力も求められます。

まとめ

副業としてのコールセンター業務は、正社員として働く人にとっても比較的働きやすい仕事です。効率の良いシフトを組めれば、副業でも一定の収入が期待できます。シフトにもいくつかの種類があるので、それぞれの職場での働き方もチェックして、自分の働き方に適したコールセンターを探してみましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ