フリーランス募集サイトの活用方法。営業なしで案件獲得するには?

毎月決まった給料が振り込まれる会社員と異なり、フリーランスは収入源を自らの手で獲得しなければなりません。フリーランスが営業なしで仕事を獲得する方法はあるのでしょうか。ここでは、フリーランス募集サイトの活用方法について具体的に紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスが仕事を獲得する方法

会社員と異なりフリーランスは給与制ではありません。どれだけ高いスキルや知識を保有していたとしても、自ら仕事を獲得しなければフリーランスとして生計を立てることはできません。

フリーランスとして活躍するために必要な、仕事獲得の方法を解説します。

営業活動を行う

たとえどんなに優秀なフリーランスだとしても、その存在を知られていなければ仕事が発注されることはありません。フリーランスが仕事を獲得するためには、自らの存在や能力を積極的にアピールする営業活動が、基本的に必要なのです。

営業方法は、訪問営業や電話営業、ファックスを活用する営業など多岐に渡ります。自分の仕事を必要としている会社や個人をリサーチして、積極的に営業活動をしていきます。

人脈を活かす

まだ実績を積んでいないフリーランスが、いきなり営業活動で仕事を獲得するのは簡単ではありません。開業当初は、学生生活や社会人生活などで築いた人脈を活用して仕事を探すという方法もあります。

将来フリーランスとして活動することを考えている場合には、今のうちから仕事につながる交友関係を築いておくとよいでしょう。

クラウドソーシングで探す

働き方改革の影響もあり、フリーランスとして活動を始める人や副業を始める人の数が年々増加しています。同時に、フリーランスと企業をつなぐクラウドソーシングの役割も重要になっており、クラウドソーシングを介して優秀な人材を探す企業も増えています。

クラウドソーシングでは様々な案件が登録されているので、複数のサイトを定期的にチェックして仕事を探すとよいでしょう。

エージェントを利用する

フリーランスが仕事を探す方法として、エージェントを活用するという方法もあります。現状は、IT系のエンジニアやデザイナーの案件を紹介する業者が多い傾向ですが、今後、フリーランスの人口拡大とともに扱う業種の幅も拡大していくと予想されます。

定期的に説明会やセミナーを開催しているエージェントもあるので、積極的に足を運んで情報を仕入れることが大切です。

クラウドソーシングサイトの活用

インターネットの普及や発展に呼応するように、仕事を発注する側も受注する側もインターネットを活用して仕事を成立させることが多くなってきました。

近年は、クラウドソーシングサイトを活用するフリーランスが多く、その利便性は注目すべきものがあります。ここでは、クラウドソーシングの中身について具体的に解説します。

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングは、インターネット上で不特定多数に向けて仕事を発注することです。そして、仕事の発注者と受注者をマッチングさせるウェブサイトをクラウドソーシングサイトと呼びます。

発注者が人材をサイト上で募集し、会員登録した受注者が自分の条件に合う仕事を選びます。互いの条件が合致すれば、契約が成立して作業開始です。

日本にもいくつかのクラウドソーシングサイトがあります。それぞれ特徴がありますので、まずは実際に利用して確認するとよいでしょう。

比較するポイント

クラウドソーシングサイトを比較するポイントはいくつかありますが、ここでは二つ紹介します。

一つ目のポイントは『案件のジャンル』です。クラウドソーシングサイトには、IT関連の仕事に強いものやデザイン関連に強いもの、あらゆるジャンルの仕事を幅広く扱っているものなど、それぞれ特徴があります。

事前にリサーチして、自分の得意分野をできるだけ多く取り扱っているサイトを利用することをおすすめします。

二つ目のポイントとして『手数料』が挙げられます。一般的なクラウドソーシングサイトでは、マッチングが成立した場合は受注者側にサイト利用料が発生し、報酬から引かれます。

報酬額によって手数料のパーセンテージが決まっており、発注者側は無料であるケースが多いようです。サイトによって手数料は異なりますので、比較する際のポイントにするとよいでしょう。

フリーランス向けエージェントの活用

フリーランスが仕事を獲得する手段の一つに、フリーランス向けのエージェントに登録する方法があります。自分の代わりに条件の良い案件を探してくれるエージェントは、忙しいフリーランスにとって大切な存在です。

ここでは、フリーランスがエージェントを使うメリットや多くの中から最適なエージェントを選ぶ際のポイントについて解説します。

エージェントを使うメリット

エージェントを利用して案件を探す最大のメリットは、仕事を獲得する際に費やす時間を大幅に削減できるという点です。エージェントを利用すると、事前に伝えた条件や希望に合う仕事を紹介してくれるだけでなく、面接の段取りやスケジュール管理を行ってくれます。

エージェントを使えば、通常は自分で行わなければならない煩雑な事務手続きの大半を代わりに行ってくれるので、純粋に仕事に集中できるというメリットがあるのです。

エージェント選びのポイント

数あるエージェントの中で、どのエージェントに依頼すればよいのかは判断に迷うところですが、選択する際は保有案件数と仕事への理解度をポイントにするとよいでしょう。自分の希望するジャンルの仕事を多く扱っているエージェントを選ぶようにします。

自分の能力を正しく評価してもらうためには、エージェントがその仕事を深く理解していることが必要です。また最適な紹介先を見つけるためには、エージェントの保有する情報量も大きく影響するのです。

サイトを活用して仕事を獲得するコツ

フリーランスが募集サイトを利用して自分に合う案件を上手に獲得するためには、いくつかのコツがあります。サイトを少し工夫して利用するだけで、効率的に仕事を見つけることができるのです。

ここでは、フリーランスが募集サイトを活用して上手く仕事を得るコツを紹介します。

複数のサイトを並行して利用する

仕事を探すときは、複数のサイトに登録しておくことをおすすめします。

サイトによって扱っている業界が異なるため、紹介する案件も変わります。複数のサイトを並行して利用することで、より多くの案件に巡りあえるのです。

自分に合ったサイトを選ぶ

自分の仕事の分野に合ったサイトを選んで利用することも大切です。仕事の紹介数が少ないサイトでは、希望条件を満たす仕事を見つけることは難しくなるでしょう。

事前にサイトの特徴を理解して、自分の仕事の分野に強いサイトを利用することをおすすめします。

口コミも参考に

サイト選びの際は、口コミも参考にするとよいでしょう。口コミは過去にサイトを利用した人たちの本音が語られる可能性が高く、信頼できる情報源とも言えます。

自分と同じ分野の仕事をしている人の口コミを参考にすることで、よりリアルにサイトの特徴を知ることができるのです。

まとめ

会社員として働く人が大半だったこれまでの環境から、今後は働き方も多様化して、個人で仕事をする人も増えてくることでしょう。

最近はフリーランスの仕事の幅も広がり、多くの募集サイトが誕生してきました。フリーランスの募集サイトを上手に活用することにより、自分の能力を発揮できる場所で、今より稼げる可能性は高くなります。

これまで利用したことがなかった方も、この記事を参考にして、募集サイトで理想の仕事を見つけましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ