【2024年7月最新】DevOpsの資格の種類や将来性、必要スキルとは?

こんにちは。エンジニア、PM、デザイナーの副業・転職採用サービス「Offers(オファーズ)」のOffers Magazine編集部です。今回は、注目を集めているDevOpsの資格についてご紹介します。DevOpsの資格は、IT業界で重要性が高まっている分野であり、キャリアアップを目指す多くのプロフェッショナルにとって魅力的な選択肢となっています。この記事では、DevOpsの資格の概要や種類、取得のメリット、そして将来性について詳しく解説していきます。

DevOpsの資格とは?概要と重要性

Image 993

DevOpsの資格は、開発(Development)と運用(Operations)を融合させたアプローチを実践するための知識とスキルを証明するものです。この資格は、ソフトウェア開発プロセスの効率化や品質向上を目指す企業にとって、非常に重要な役割を果たしています。DevOpsの資格を取得することで、組織内でのキャリアアップや市場価値の向上が期待できるのです。

DevOpsの資格の重要性

DevOpsの資格の重要性は、年々高まっています。その理由として、以下の点が挙げられます:

  • ソフトウェア開発の効率化と品質向上への需要増加
  • クラウドコンピューティングの普及に伴うDevOpsスキルの必要性
  • 企業のデジタルトランスフォーメーション推進によるDevOps人材の不足

DevOpsの資格は、これらの課題に対応できる人材であることを証明する重要なツールとなっています。

DevOpsの資格の種類

DevOpsの資格には、様々な種類があります。主要なものとして:

  • AWS認定DevOps Engineer - Professional (DOP)
  • Microsoft資格 Azure DevOps Engineer Expert
  • Google Cloud 認定資格 Professional Cloud DevOps Engineer

これらの資格は、それぞれのクラウドプラットフォームにおけるDevOpsの専門知識を証明するものです。選択する際には、自身のキャリアプランや所属企業の使用技術を考慮することが大切です。

資格取得のメリット

DevOpsの資格を取得することで、以下のようなメリットが得られます:

  • キャリアアップの機会増加
  • 年収アップの可能性
  • 最新のDevOps技術やベストプラクティスの習得
  • グローバル市場での競争力向上

2024年の調査によると、DevOpsの資格保持者の平均年収は、非保持者と比較して15〜20%高いという結果が出ています。この数字からも、資格取得のメリットが明確に表れていると言えるでしょう。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-370]

AWS認定DevOps Engineer - Professional (DOP)

Image 362

AWS認定DevOps Engineer - Professional (DOP)は、Amazon Web Services (AWS)環境におけるDevOpsの専門知識を証明する資格です。クラウドコンピューティング市場でトップシェアを誇るAWSの資格であるため、多くの企業から高い評価を受けています。

資格の概要

AWS認定DevOps Engineer - Professionalは、AWSプラットフォーム上でDevOpsの原則と実践を適用する能力を評価します。この資格は、継続的なデリバリーシステムの設計や実装、セキュリティコントロールの自動化、モニタリングとロギングシステムの管理などの幅広いスキルを対象としています。

受験資格と要件

この資格の受験には、以下の要件が推奨されています:

  • AWS環境での2年以上の実務経験
  • 1つ以上のプログラミング言語の知識
  • CI/CDパイプラインの設計と管理の経験

ただし、これらは推奨事項であり、厳密な前提条件ではありません。自信がある方は、経験年数に関わらずチャレンジすることができます。

学習方法と準備

AWS認定DevOps Engineer - Professionalの取得を目指す場合、以下の学習方法がおすすめです:

  • AWSの公式ドキュメントやホワイトペーパーの精読
  • Udemy、Courseraなどのオンライン学習プラットフォームの活用
  • 実際のAWS環境での hands-on 練習
  • AWSコミュニティや勉強会への参加

特に、実践的なハンズオン経験は、試験対策だけでなく実務スキルの向上にも直結するため、重要視すべきポイントです。

試験内容と対策

AWS認定DevOps Engineer - Professionalの試験は、180分間で65問程度の問題に解答する形式です。主な出題分野は:

分野 出題比率
SDLCの自動化 約22%
設定管理と基盤コード化 約19%
モニタリングとロギング 約15%
ポリシーとスタンダード自動化 約10%
インシデントと予防対応 約18%
セキュリティとコンプライアンス 約16%

対策としては、各分野のAWSサービスについて深く理解することが重要です。特に、AWS CloudFormation、AWS OpsWorks、AWS Systems Manager、Amazon CloudWatchなどのサービスは重点的に学習しましょう。

資格取得のメリット

AWS認定DevOps Engineer - Professionalを取得することで、以下のようなメリットが得られます:

  • AWSエコシステムにおけるDevOpsスキルの証明
  • 高度なAWS環境の設計・運用能力のアピール
  • クラウドネイティブな開発・運用プロジェクトでの優位性
  • 年収アップの可能性(平均で10〜15%程度)

2024年の調査では、AWS認定DevOps Engineer - Professional保持者の平均年収は、日本国内で900万円を超えるという結果が出ています。高度なスキルの証明として、キャリアアップに大きく貢献する資格と言えるでしょう。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-234]

Microsoft資格 Azure DevOps Engineer Expert

Image 112

Microsoft資格 Azure DevOps Engineer Expertは、Microsoft AzureプラットフォームにおけるDevOpsの専門知識を証明する資格です。クラウド市場で急成長を遂げているAzureの資格であり、特にMicrosoft技術を採用している企業で高い評価を受けています。

資格の概要

Azure DevOps Engineer Expertは、Azureプラットフォーム上でDevOpsプラクティスを設計・実装する能力を評価します。この資格は、ソースコント

ロール、継続的インテグレーション、継続的デリバリー、依存関係管理、アプリケーションインフラストラクチャ、ソフトウェアテスト、監視などの幅広いスキルをカバーしています。

受験資格と要件

Azure DevOps Engineer Expertの受験には、以下の要件が推奨されています:

  • Azure管理者または開発者としての1〜2年の実務経験
  • ソース管理、クラウドインフラストラクチャ、セキュリティ、およびCI/CDパイプラインの経験
  • Azure Administrator Associate資格またはAzure Developer Associate資格の取得

これらの要件は推奨事項であり、必須ではありませんが、十分な準備をしてから受験することをお勧めします。

学習方法と準備

Azure DevOps Engineer Expertの取得を目指す場合、以下の学習方法が効果的です:

  • Microsoft Learnの公式学習パスの活用
  • Azure DevOps公式ドキュメントの精読
  • 実際のAzure環境でのプロジェクト実践
  • Microsoftコミュニティや技術イベントへの参加

特に、Azure DevOpsツールの実践的な使用経験は、試験対策と実務スキル向上の両面で非常に重要です。可能な限り、実際のプロジェクトでAzure DevOpsを活用する機会を作りましょう。

試験内容と対策

Azure DevOps Engineer Expertの試験は、約3時間で40〜60問の問題に解答する形式です。主な出題分野は:

分野 出題比率
DevOpsプロセスの設計 約20〜25%
ソース管理の実装 約10〜15%
CIの実装 約10〜15%
CDの実装 約10〜15%
依存関係管理の実装 約5〜10%
アプリケーションインフラストラクチャの実装 約15〜20%
ソフトウェアテストの実装 約10〜15%

対策としては、Azure DevOpsの各機能(Boards、Repos、Pipelines、Test Plans、Artifacts)について深く理解することが重要です。また、Azure Kubernetes Service (AKS)やAzure Container Registryなどのコンテナ関連サービスにも精通しておく必要があります。

資格取得のメリット

Azure DevOps Engineer Expertを取得することで、以下のようなメリットが得られます:

  • Azureプラットフォームにおける高度なDevOpsスキルの証明
  • Microsoft技術を採用している企業での評価向上
  • クラウドネイティブな開発・運用プロジェクトでの競争力強化
  • 年収アップの可能性(平均で8〜12%程度)

2024年の最新調査によると、Azure DevOps Engineer Expert保持者の平均年収は、日本国内で850万円前後となっています。Microsoft技術のエコシステムにおいて、高い市場価値を持つ資格と言えるでしょう。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-370]

Google Cloud 認定資格 Professional Cloud DevOps Engineer

Image 832

Google Cloud 認定資格 Professional Cloud DevOps Engineerは、Google Cloud Platform (GCP)環境におけるDevOpsの専門知識を証明する資格です。クラウド市場で急速に成長しているGCPの資格であり、特にGoogleのテクノロジーを活用している企業で高い評価を受けています。

資格の概要

Professional Cloud DevOps Engineerは、GCP上でDevOpsの原則と実践を適用する能力を評価します。この資格は、サービスの信頼性、効率性、セキュリティを向上させるためのプラットフォームとインフラストラクチャの設計、実装、管理に焦点を当てています。継続的なデリバリーパイプラインの構築、モニタリングとロギングソリューションの実装、サービスの可用性と性能の最適化などのスキルが求められます。

受験資格と要件

この資格の受験には、以下の要件が推奨されています:

  • GCP環境での3年以上の業界経験
  • クラウドベースのソリューションの設計と管理の経験
  • DevOpsツールチェーンの使用経験

ただし、これらは推奨事項であり、厳密な前提条件ではありません。十分な準備ができていれば、経験年数に関わらずチャレンジすることができます。

学習方法と準備

Professional Cloud DevOps Engineerの取得を目指す場合、以下の学習方法が効果的です:

  • Google Cloud公式のトレーニングコースの受講
  • Qwiklabsを使用した実践的なハンズオン学習
  • Google Cloud公式ドキュメントの精読
  • Google Cloud認定資格の模擬試験の活用

特に、GCPの主要サービス(Compute Engine、Kubernetes Engine、Cloud Build、Cloud Monitoring)の実践的な使用経験が重要です。可能な限り、実際のプロジェクトでこれらのサービスを活用する機会を作りましょう。

試験内容と対策

Professional Cloud DevOps Engineerの試験は、2時間で50〜60問の問題に解答する形式です。主な出題分野は:

分野 出題比率
サービスの信頼性の確保 約20〜25%
インフラストラクチャとプロセスの最適化 約20〜25%
セキュリティと規制コンプライアンスの管理 約15〜20%
サービス性能の分析と改善 約20〜25%
サービスとプロセスの継続的改善の実装 約10〜15%

対策としては、GCPの各サービスについて深く理解することが重要です。特に、Google Kubernetes Engine、Cloud Build、Cloud Monitoring、Cloud Loggingなどのサービスは重点的に学習しましょう。また、SRE(Site Reliability Engineering)の原則についても十分に理解しておく必要があります。

資格取得のメリット

Professional Cloud DevOps Engineerを取得することで、以下のようなメリットが得られます:

  • GCPにおける高度なDevOpsスキルの証明
  • Google技術を採用している企業での評価向上
  • クラウドネイティブな開発・運用プロジェクトでの競争力強化
  • 年収アップの可能性(平均で10〜15%程度)

2024年の最新調査によると、Professional Cloud DevOps Engineer保持者の平均年収は、日本国内で880万円前後となっています。GCPの急速な普及に伴い、この資格の価値は今後さらに高まることが予想されます。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-370]

DevOpsの資格の選び方

Image 371

DevOpsの資格は多岐にわたるため、自分に適した資格を選ぶことが重要です。選び方のポイントとして、以下の3つの観点から考えることをおすすめします。

自身のキャリアプランに合わせた選び方

自分のキャリアプランに合わせてDevOpsの資格を選ぶことが大切です。以下のような点を考慮しましょう:

  • 現在の職場で使用しているクラウドプラットフォーム
  • 将来携わりたいプロジェクトや技術領域
  • 長期的なキャリアゴール(例:クラウドアーキテクト、SREエンジニアなど)

例えば、AWSを主に使用している環境で働いている場合、AWS認定DevOps Engineer - Professionalが適していると言えるでしょう。一方、より汎用的なスキルを身につけたい場合は、特定のクラウドプラットフォームに依存しないDevOpsの資格(例:Certified DevOps Engineer)を選択するのも良いでしょう。

企業のニーズに合わせた選び方

所属している企業や、将来働きたい企業のニーズに合わせてDevOpsの資格を選ぶことも重要です。以下のような点を考慮しましょう:

  • 企業が採用しているクラウドプラットフォーム
  • 企業の技術戦略や将来のIT投資計画
  • 業界特有の規制やコンプライアンス要件

例えば、金融業界で働いている場合、セキュリティやコンプライアンスに重点を置いたDevOpsの資格を選ぶことで、より高い評価を得られる可能性があります。また、スタートアップ企業では、より柔軟で幅広いDevOpsスキルが求められる傾向にあるため、複数のクラウドプラットフォームに対応した資格を取得することが有利に働くかもしれません。

難易度と投資対効果を考慮した選び方

DevOpsの資格の難易度と、取得にかかる時間や費用、そして取得後の投資対効果を考慮することも重要です。以下のような点を検討しましょう:

  • 資格取得に必要な学習時間と準備期間
  • 受験料や学習教材にかかる費用
  • 資格取得後の年収アップの可能性
  • 資格の更新要件と継続的な学習の必要性

例えば、AWS認定DevOps Engineer - Professionalは難易度が高く、準備に多くの時間と労力が必要ですが、取得後の評価も高いため、長期的な投資対効果は大きいと言えます。一方、比較的短期間で取得できる入門レベルのDevOpsの資格から始めて、段階的にスキルアップしていく方法もあります。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-370]

資格取得後のキャリアパス

Image 1083

DevOpsの資格を取得した後のキャリアパスは、非常に多岐にわたります。技術の進化とともに、DevOpsエンジニアの役割も拡大し続けているため、様々な方向性でキャリアを築くことができます。

資格を活かしたキャリアアップ

DevOpsの資格を取得することで、以下のようなキャリアパスが考えられます:

  • DevOpsエンジニア:開発と運用の橋渡し役として、CI/CDパイプラインの構築や自動化プロセスの実装を担当
  • クラウドアーキテクト:クラウド環境全体の設計と最適化を行い、スケーラブルで効率的なシステムを構築
  • SRE(Site Reliability Engineer):システムの信頼性と可用性を最大化し、大規模なサービスの安定運用を実現
  • DevSecOpsエンジニア:セキュリティを開発プロセスに組み込み、安全なシステム開発を推進
  • プラットフォームエンジニア:開発者が効率的に作業できる環境やツールを提供し、生産性を向上

これらのキャリアパスは、DevOpsの資格で得た知識とスキルを直接活かすことができる領域です。特に、クラウドネイティブな環境での開発・運用経験を積むことで、さらなるキャリアアップの機会が広がるでしょう。

高収入を得るための道筋

DevOpsの資格を活用して高収入を得るためには、以下のような戦略が効果的です:

  • 複数のクラウドプラットフォームの資格を取得し、マルチクラウド環境に対応できるスキルを身につける
  • 特定の業界(金融、ヘルスケア、eコマースなど)に特化したDevOpsの知識を深める
  • 最新のテクノロジー(AIMLOps、GitOps、サーバーレスコンピューティングなど)に関する専門性を獲得する
  • リーダーシップスキルを磨き、DevOpsチームのマネージャーやCTOなどの上級職を目指す

2024年の調査によると、複数のDevOpsの資格を保持し、5年以上の実務経験を持つエンジニアの平均年収は、東京都内で1,200万円を超えるケースも珍しくありません。継続的なスキルアップと実績の積み重ねが、高収入への近道となります。

国内外での需要

DevOpsエンジニアの需要は、国内外で高まり続けています。

  • 国内需要:日本企業のデジタルトランスフォーメーション推進に伴い、DevOpsスキルを持つエンジニアの需要が急増しています。特に、金融、製造、小売などの伝統的な産業でもDevOps導入が進んでおり、幅広い業界で活躍の場があります。
  • 海外需要:グローバル企業や海外のテクノロジー企業では、DevOpsは既に標準的な開発手法として定着しています。日本のDevOpsエンジニアも、英語力を磨くことで、海外でのキャリアチャンスが広がります。

最新の調査によると、2024年から2029年にかけて、DevOpsエンジニアの求人数は年平均15%以上の成長率で増加すると予測されています。この成長率は、IT業界全体の平均を大きく上回っており、DevOpsの資格保持者にとって明るい未来が待っていると言えるでしょう。

[innerAdComponent id=ad_component_inner_card_Jobs_CTA_skill-370]

まとめ

DevOpsの資格は、現代のIT業界で高い価値を持つ証明となっています。AWS、Azure、Google Cloudなど、主要なクラウドプラットフォームに対応した資格を取得することで、キャリアアップの可能性が大きく広がります。自身のキャリアプランや所属企業のニーズ、そして投資対効果を考慮しながら、適切な資格を選択することが重要です。継続的な学習と実践を通じてDevOpsスキルを磨き、変化の激しいIT業界で活躍できる人材になることを目指しましょう。

この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

お金

採用・組織

イベントレポート

転職