スクラム開発にツールを活用しよう。おすすめや比較ポイントの紹介

『スクラム開発』は、開発途中の仕様変更に柔軟に対応でき、開発期間を短縮できるとされている手法です。ツールを活用することによって円滑なプロジェクト運営ができるでしょう。おすすめのツールや比較ポイントを紹介します。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】GCP、TypeScript、ReactによるSaaSソフトウェアエンジニア
    週10~40時間、業務委託からスタートもOK!ITサービスの導入支援を効率化!
  • 【2位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいフロントエンジニア
    AWS、Amplify、React、Next.jsなどを利用したシステム開発、週5時間~リモートOK!
  • 【3位】 DX関連の新規事業立ち上げに参画したいWebフロントエンジニア
    数万店以上の飲食店の受発注データを管理、展開するためのB向けSaaSに携わる!
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    スクラム開発の基礎知識

    まずは、『スクラム開発』の基礎知識を理解しましょう。概要やメリットについて解説します。

    アジャイル開発の手法の一つ

    『アジャイル開発』のアジャイルとは「素早い」という意味です。小単位で作業工程を繰り返して開発を進めていきます。

    その『アジャイル開発』の代表的な手法の一つとして『スクラム開発』が挙げられます。「スクラム」はラグビー用語から名付けられていて、チーム内のコミュニケーションをより重視しているという特徴があります。

    短い間隔で反復しながら行われる開発サイクル(イテレーション)ごとに進捗に問題はないか、プログラムは期待通りに動くかを精査していく手法です。

    スクラム開発のメリット

    『スクラム開発』のメリットとして以下が挙げられます。

    • 開発途中の仕様変更に柔軟に対応できる
    • 要望通りの機能を作り出す一定の期間(スプリント)で見積もることができる
    • 比較的、全体の納期を短縮しやすい傾向がある
    • チームで発生している課題を検知しやすい
    • クライアントの要望に合致しているかどうか確認しやすい

    チームで円滑なコミュニケーションを図っているからこそ、臨機応変に対応できると言えるでしょう。

    ツールを活用しよう

    『スクラム開発』をするときに活用できるツールはたくさんあります。まずは、プロジェクト管理ツールは以下があります。

    オープンソフトウェアとして利用できる管理ツールの『Redmine』やエンタープライズ向けの管理ツールである『JiIRA』、案件をカードによって管理し、共有のしやすい『Trello』などです。

    他にも世界中でさまざまなプロジェクト管理ツールがあるので、状況に合ったものを選ぶことが求められます。

    ドキュメント管理ツールにはWebベース企業向けの『Confluence』や階層表現でドキュメント管理ができる『esa.io』などが使いやすいものとして知られています。

    チームやプロジェクトに合ったツールを活用するとよいでしょう。それぞれのメリット・デメリットを把握して適切な選択をすることがポイントです。

    スクラム開発におすすめのツール

    スクラム開発におすすめのツールの特徴や名称をご紹介します。使えそうなものがあれば、導入してみてください。

    プロダクトバックログ作成がしやすいOpenProject

    『OpenProject』は、多機能で汎用的なプロジェクト管理ツールです。

    『プロダクトバックログ』や『スプリントバックログ』の作成がしやすいという特徴があります。サーバーが必要になりますが、構築すればユーザー数の制限はありません。

    『OpenProject』公式サイト

    カンバンやスクラムに使いやすいJIRA

    『JIRA』は、Trelloを提供しているアトラシアンが開発したプロジェクト管理ツールです。

    『カンバン』や『スクラム』などの機能が充実しているという特徴があります。『カンバン』とは、トヨタ自動車が作り出した生産管理方式です。商品管理用のカードを『カンバン』と呼んで生産管理に役立てました。

    『JIRA』公式サイト

    ツール比較のポイント

    さまざまなツールがあるので、どれを選んだらよいのかわからないということもあるでしょう。そこで、ツールを比較するときのポイントを紹介します。

    特化している機能

    まず、ツールはそれぞれ異なる機能に特化しています。具体的には以下が挙げられます。

    • 情報共有型
    • タスク整理型
    • 工数管理型

    『情報共有型』としては『Backlog』『Team Hack』『Stock』があります。ITに詳しくないユーザーでも使いやすいような仕様になっています。

    『タスク整理型』としては、『monday.com』『Asana』『Task world』があります。やるべきタスクが一目でわかるのが特徴です。

    『工数管理型』としては、『Wrike』や『Smartsheet』があります。進捗を管理しやすいシステムになっていて、複雑なプロジェクトをサポートします。

    チーム規模や使いやすさ

    また、チーム規模や使いやすさについて紹介します。大きなプロジェクトだと『backlog』や『monday.com』が向いています。ツールに慣れていなくても使いやすいとされています。

    一方、チーム規模が小さなプロジェクトだと『Stock』や『Task world』が相性がよいです。手間をかけずに情報にアクセスできるので、わずらわしさを感じにくいです。

    まとめ

    『スクラム開発』を行うときは、プロジェクト特性やチーム規模に合ったツールを選択するとよいでしょう。

    現在、さまざまなツールが整備されているので、今回紹介したツール比較のポイントを考慮して適切なツールを活用してください。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織