• HOME
  • デザイン
  • ベクター画像のフリーソフトでおすすめは?概要や特徴とともに紹介

ベクター画像のフリーソフトでおすすめは?概要や特徴とともに紹介

デザイン初心者で、まだきちんと画像データの形式の違いを把握していないなら、ベクター画像の概要や特徴を学ぶことはとても大切です。ベクター画像とは何かという基本から、ベクター画像を扱うためのフリーソフトのおすすめを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ベクター画像について知ろう

ベクター画像を知るには、ラスター画像との違いを知ることが必要です。この2種類について説明します。

ベクター画像とは

図形や絵を描くのに、アンカーポイントと呼ばれる点と、それらをつないだ直線やカーブで構成されたものがベクター画像です。

地図やシンプルなイラスト、ロゴなど、多くの図形的なデザインにはベクター画像が使われています。また、名刺やパンフレットといった印刷物にもよく使用されるのがベクター画像です。

ラスター画像とは

よくベクター画像と比較されるのがラスター画像です。これは、ピクセルという四角の点の集まりでできている画像で、解像度が高ければ画素数(ピクセルの数)が多くなり、より鮮明な画像となります。

画素数がどのように影響するかというと、例えば画素数の少ないものを、小さいサイズで印刷しても問題はありません。しかし、拡大して印刷すると、ピクセルが見えるようになりモザイク状に見えてしまうのです。

このような特徴を持つラスター画像は、グラーデーションなど、色の変化を滑らかに表現したい場合などによく使われます。写真やコラージュなどに向いていますが、ベクター画像よりも容量が大きくなります。

\新しい環境/デザイン組織を経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

ベクター画像の特徴を知ろう

ラスター画像との違いがわかったところで、ベクター画像の特徴を知りましょう。特徴を知ることで、ベクター画像を使う方がよいシチュエーションが理解できます。

ベクター画像のメリット

ベクター画像の最大のメリットは、美しい図が描ける上に、データが軽いことです。データは数値化されたものなので、拡大・縮小も、元の画像の美しさを保ったまま行うことができます。

シンプルな図形やイラストであれば、ベクター画像の方が容量が少なく、動作も速くなります。Webサイトにも、印刷用にも使いたいという場合、ベクター画像ならとても重宝するでしょう。

ベクター画像のデメリット

一方で、緻密な絵や写真といったものはベクター画像ではうまく表現できません。なぜなら、ベクター画像は点と点を結んだ線を数値化するので、非常に細かい写真などはうまく処理できないのです。

そして、ベクター画像は本来ならラスター形式のディスプレイに表示できません。パソコンに問題なく表示されているのは、パソコン内部でラスター画像に交換する処理が行われているからなのです。

複雑な画像であればラスター形式に変換するのは処理が大変になりますので、ベクター画像はやはり複雑な画像には向いていないことになります。

変換や編集できるフリーソフトを知ろう

高価なIllustratorや CorelDraw Suiteは、プロのデザイナーでもない限りなかなか手が出ないソフトです。そこで、ベクター画像が使えるフリーソフトを紹介します。

商用利用も可能なGravit Designer

Windows、Mac、Linuxに対応しており、豊富な機能と直感的な操作性でおすすめなのが『Gravit Designer』です。ベクター画像で必要なツールがほぼ備わっており、ファイル形式もJPEG、PDF、SVG、Sketch、EPSのインポート・エクスポートに対応しています。

また、デスクトップ版とオンライン版の両方で利用可能で、ファイルの移行がしやすい面もあります。無料ツールですが、商用利用も可能なのが嬉しいポイントです。

Gravit Designer

世界で人気のInkscape

2003年にリリースされ、世界でも人気が高いのが『Inkscape』です。無料ソフトでありながら、Illustratorに劣らない機能を備え、ベクター画像をプロ品質で作成できるソフトとして高い評価を得ています。

ベクター画像をラスター画像に変換する機能はIllustratorにかなわないものの、その他の機能はほぼ同様に使えてワークフローも似ています。Illustratorを購入する予定がある場合は、入門用としても適していると言えるでしょう。

Inkscape

SVG編集ならSVG-edit

JavaScriptで開発したSVG編集用のエディタです。インターネットブラウザからサイトにアクセスすることで利用でき、2Dベクター画像にSVGが普及した昨今において、注目度が高いWebアプリケーションです。

SVG-editがサポートされているブラウザは以下のとおりです。

  • Chrome1以降
  • safari4以降
  • Firefox1.5以降
  • Opera9.50以降
  • IE6以降、またはGoogle Chrome FlameをインストールしたIE

SVG-edit

まとめ

ベクター画像について概要や特徴を知ることで、どのようなデザインやシチュエーションに向いているのか判断できるようになったのではないでしょうか。

本格的にビジネスとしてベクター画像を扱う場合はプロ仕様のソフトを購入する必要がありますが、それらのソフトに並ぶ機能を備えたフリーソフトも多く配信されています。

ベクター画像の特徴をしっかりと把握し、その特徴を活かせるソフトを選びましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

デザイン

インタビュー

【Unity&バックエンド採用】Offersコンシェルジュを活用し、VPoE業務に集中できた恩恵とは

幼児や小学生の家庭学習の必要性が求められている今、企業や団体がICTを活用した学習コンテンツの開発に注目している。ファンタムスティックは子ども用の学習アプリやデジタル教育コンテンツの開発に強みを...

転職前提の複業オファーで、2ヶ月後に正社員へ!未来のCTOを採用した注目スタートアップの採用術

スニーカー市場は熱狂的なファンも多く、一次流通・二次流通ともに毎年拡大を続けている。そのような市場の中、スニダンことスニーカーダンク(SNKRDUNK)は市場の拡大を追い風に成長し続けてきたが、...

『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

ヤフーが実践するギグワーク活用がこれからの新しい採用手法に!?リモート環境で求められる人材とはーこれからの「強い組織の作り方」CEOセッションー

新型コロナウイルスで、働き方改革やデジタル・トランスフォーメーションの流れが急激に加速し、採用・育成・マネジメントの状況は大きく変化しています。 株式会社overflow、株式会社zenkig...

お金

採用・組織

グルメ