• HOME
  • デザイン
  • ベクター画像に変換するにはどうする?変換の例やツールを紹介

ベクター画像に変換するにはどうする?変換の例やツールを紹介

グラフィックデザインの現場で頻繁に活用されているのがベクター画像です。特にパンフレットやポスターなどの印刷物用データを作る際にはベクター画像が欠かせません。ベクター画像の概要と変換方法、低予算で使える変換ツールについて紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

ベクター画像とは

画像にはラスター画像とベクター画像があります。ラスター画像はピクセルで構成されており、一見なめらかに見える画像でも拡大すると小さなモザイク状の点の集まりであることが分かります。

一方ベクター画像はピクセルではなく、数式によって定義された曲線で構成されている画像です。ベクター画像の強みと用途について解説します。

ベクター画像の強み

ベクター画像は拡大をしても、ラスター画像のようにモザイク状の点が目立つことがありません。

したがって、ベクター画像の強みはイメージの品質を劣化させずにサイズを変更できることです。例えば、看板やポスターなど大きな印刷物用のデータを作るときにベクター画像は力を発揮します。

また、ベクター画像はラスター画像に比べてデータ容量が小さくすむことも強みの一つです。容量が小さいということはデータ出力の際に時間を短縮できるというメリットがあります。

ベクター画像の用途

ベクター画像は主に以下の用途で使用されます。基本的には拡大縮小による画像の劣化を抑えたい印刷物などによく使われます。

  • パンフレット
  • ポスター
  • 看板
  • チラシ
  • 名刺
  • ロゴマーク

一度作ったデータのサイズや色を印刷物の大きさに合わせて変更できれば、データを作り直す手間が省けます。ベクター画像はサイズの変更だけでなく、形や色も簡単に変更できるため、これらの印刷物のデータに最適なのです。

\新しい環境/デザイン組織を経験するなら「0ffers」!/

Offersの詳細はこちら

Illustratorでベクター画像に変換してみる

ラスター画像からベクター画像への変換にはさまざまなソフトが利用できますが、ここではAdobeのIllustratorを使った変換方法を解説します。

操作方法

まずはIllustratorでラスター画像を開きます。次に画像を埋め込み、ツールバーから『画像トレース』を選択します。プリセットの変換方法から好みの物を選べば簡単にベクター画像を作ることができます。

もちろん、プリセットの変換方法を使わずに、自分好みの設定でベクター画像に変換することも可能です。例えばカラーのイラストを別の色に変えたいときは、一旦グレースケール画像に変換し、ライブペイントツールを使うことで自分の好きな色に変更できます。

Illustratorを使えば数ステップでベクター画像に変換することができますので、いろいろと試して使い方を覚えることがおすすめです。

変換の際のポイント

Illustratorを使ってもうまくベクター画像に変換できないことがあります。ラスター画像からベクター画像への変換は機械的に色を読み取って行うため、場合によっては画像の線がはっきりしないといったケースも起こりえます。

うまく変換できないときにはPhotoshopなどの画像編集ソフトを使い、画像のコントラストを調整します。色のコントラストがはっきりしていればいるほど、ベクター画像への変換がしやすくなるので覚えておきましょう。

Illustrator以外の変換ツール

ベクター画像への変換にはAdobeのIllustratorがよく使われますが、Illustrator以外にもさまざまな変換ツールがあります。その中から低価格で使いやすいツールを紹介します。

素材が豊富なGravit Designer

『Gravit Designer』は無料ながら豊富なベクター素材セットを備えたツールです。ベクターツールに必要な機能がほとんどそろっており、これらの機能を直感的に使うことができるのが大きな魅力です。

Windows、MacOS、Linux、ChromeOSに対応しているほか、Webブラウザからも利用できます。日本語サポートが完全ではないので、ある程度英語が読めるか、調べることが必要です。

Online Vector Graphic Design App & Image Editor - Gravit Designer

細部まで精巧なVector Magic

『Vector Magic』はWebブラウザ、またはデスクトップで使うことができるベクター変換ツールです。簡単な操作でラスター画像をさまざまな形式のベクター画像に変換できます。

Webブラウザ版は画像をアップロードすると、変換後のベクター画像をプレビューすることができます。変換したベクター画像をダウンロードするには月額9.95ドル(2019年4月現在)が必要です。

Windows、MacOSで利用可能な買い切りタイプのデスクトップ版も販売されているので、利用状況に合わせて購入をするとよいでしょう。

Vector Magic: JPG、PNG の画像を SVG、EPS、AI ベクターに変換

スマホで便利なAdobe Capture

『Adobe Capture』はスマートフォン上でベクター画像への変換が可能なツールです。iOS、Androidともに対応しています。

アプリ自体は無料で使うことができ、Adobe Creative Cloudとの連携もできるので、スマホで変換した画像をデスクトップで使ったり、他のユーザーと共有したりすることも可能です。

ベクター画像への変換以外にも強力なツールがそろっているので、スマートフォンにインストールしておけば、さまざまなシーンで活用できるでしょう。

まとめ

デザイナーの仕事をしていく上でベクター画像の変換は欠かすことができません。ベクター画像についての正しい知識を身につけておくことが大切です。

また、自分に合ったツールを手に入れ、クオリティの高いベクター画像を作れるようにしておくことも必要であると言えるでしょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/デザイン組織を経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

Rubyエンジニア2名の爆速採用に成功!2ヶ月で30倍の事業拡大を支える農業ITスタートアップの複業活用法

野菜や米、果物などの生産者と消費者を繋ぐオンライン直販所『食べチョク』を運営するビビッドガーデン。在宅時間をより充実させたい消費者が集まり、事業が急成長している。そこで課題となったのがエンジニア...

オンライン面談のみでテックリードクラスを複数採用!注目ベンチャー企業のwithコロナ時代に向けた採用術とは

日本で唯一のeKYC対応のデジタル身分証アプリを提供するTRUSTDOCK。今後、身分証がデジタルに置き換わるであろう不可逆な未来を実現するためにもエンジニアが必要だった。同社にはコロナ禍にも関...

mrubyを採用したソフトウェアを広げた第一人者・松本亮介が、面倒を感じながらもC言語を愛する理由とは?

世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことを中心...

エンジニアとして、社会に新しい価値を提供し続けたい。カンカク志甫氏が考える本業と副業のバランス術

本業と数々の副業を両立させてきた志甫氏。副業を受ける決め手や本業と副業を両立させるコツ、これからのエンジニアのチャンスの掴み方について伺った。

デザイン

お金

採用・組織

グルメ