副業としてマーケティングを始める。仕事内容や始め方をご紹介

WebマーケターやWebアナリストといったマーケティングを専門とした職業の人は、そこで養われたスキルを活かすことで、副業としてもマーケティング業を始めることが可能です。どんな種類の仕事があるのか、どれくらい稼げるのか、について見ていきましょう。

【2022年最新】 Offersで人気の副業・業務委託案件・求人!
  • 【1位】GCP、TypeScript、ReactによるSaaSソフトウェアエンジニア
    週10~40時間、業務委託からスタートもOK!ITサービスの導入支援を効率化!
  • 【2位】大手顧客案件で新しい技術にチャレンジしたいフロントエンジニア
    AWS、Amplify、React、Next.jsなどを利用したシステム開発、週5時間~リモートOK!
  • 【3位】 DX関連の新規事業立ち上げに参画したいWebフロントエンジニア
    数万店以上の飲食店の受発注データを管理、展開するためのB向けSaaSに携わる!
  • 今すぐ副業求人・案件を探す!

    マーケティングの副業とは

    会社員として働きながらも、一方で副業としてマーケティングの知識を生かすことができる時代です。どんなニーズがあるのか、具体的に見ていきましょう。

    需要が増えているマーケティングの仕事

    マーケティングの仕事は、世の中のトレンドなどの市場動向をリサーチし、会社の利益につながるような仕掛けづくりをするものです。そういった業務に携わってきた経験があれば、本業として勤めている会社だけでなく、副業として他社のマーケティング案件に関わることも可能です。

    副業としてマーケティングを始めるには?

    実際に副業としてマーケティングを始めるのであれば、どのようなことをすればよいでしょうか。

    人脈や紹介から始める

    会社員として日中働いている場合は、新規のクライアントに営業する時間もなかなか取れないのが現状です。副業としてマーケティングを始めることを決めたのであれば、まずは身近なところにマーケターやアナリストを必要としている会社がないかどうかを探ってみましょう。

    親しい間柄であれば時間の融通も効きやすく、副業ということを理解してもらえる場合も多くあります。

    副業紹介サイトで仕事を探す

    副業として活動することを決めたら、インターネットで求人情報を検索してみるのも得策です。

    Web業界はニーズが多いため、業界専門の求人サイトや、副業などのフリーランスに特化した求人サイト、さらにはクラウドソーシングサービスも活用できます。業務委託の場合は、どれくらいの頻度で出社が必要なのか、それとも在宅だけで問題ないのか、については最初に確認しておきましょう。

    マーケティングの副業の仕事とは?

    マーケティングスキルを生かせ、さらに会社員として働きつつ副業として成り立つ仕事には、具体的にはどんなものがあるのでしょうか。

    Webマーケティング

    Web マーケティング とは、インターネットを介して行われるマーケティングのことです。

    大きな特徴としては、マーケティング結果を数値化しやすいということです。例えば、紙媒体でのマーケティングの場合は、どこでその媒体を知ったか、どこで購入したか、どれだけ読まれているか、など把握することは、なかなか難しいと言えます。

    一方で、インターネットを介して行われるマーケティングの場合は、それらを数値化し、実証&検証することができます。たとえば、どうやってその媒体にたどり着いたのか、そのページを何回見たのか、どれくらいそのページに滞在したか、などの情報を、数値上で把握することができます。

    コンテンツマーケティング

    コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって「見てよかった!」と思えるコンテンツを発信することで、ユーザーを取り込み、購入などにつなげるマーケティングです。まずはユーザーに知ってもらい、納得してもらい、好きになってもらい、継続的にファンになってもらうといった、長期的な戦略が必要となります。それだけに、建設的にプロジェクトを組む必要があり、やりがいのあるマーケティング戦略と言えます。

    採用マーケティング

    採用マーケティングとは、人材採用におけるマーケティングです。求職者や就活生の志向や価値観を把握し、適切な方法やタイミングで企業にエントリーしてもらうようにアプローチします。

    すぐにできる?マーケティングリサーチの副業

    これまで紹介したマーケティングの仕事は、経験やスキルが多少なりとも必要となってきます。ただし、副業として特別なスキルがなくてもすぐにできるものにトライしたいという場合は、「マーケティングリサーチ」をチェックしてみましょう。

    アンケートモニター

    アンケートモニターとは、企業が発信する市場調査に協力するもの。ネットや郵送でアンケートに答えるのが一般的です。誰でも簡単にできるものも多いですが、その場合の報酬はとても安く、ひとつ1円〜1円以下の場合も多くあります。稼ぎたい場合は、数をこなすしかありません。しかし、回答するのに20分ほどかかるものでも、100円にも満たない場合もあります。

    一方で、ある一つの商品に対してコメントする座談会のようなものもあります。日時が決まっていて会場まで足を運ぶ必要がありますが、その分、ネットや郵送でのアンケートに比べると、報酬金額は上がります。

    アルバイト求人サイトで募集していることも多いので、興味のある方はチェックしてみましょう。

    ミステリーショッパー

    ミステリーショッパーとは、俗に言う覆面調査とのこと。調査会社などから指定されたお店に出向き、一般の客として商品を購入したりサービスを利用したりします。その上で調査項目をチェックしていき、終わった後にレポートを書いて調査会社に報告するといった流れの仕事です。

    求人サイトに「ミステリーショッパー」「覆面調査」などのキーワードを入力して検索し、仕事を探してみましょう。応募者多数の場合は、抽選になる場合もあります。

    まとめ

    マーケティングの仕事は、世の中のトレンドなどの市場動向をリサーチし、会社の利益につながるように仕掛けを構築します。本業で携わっている、またはその経験があるのなら、副業として他社のマーケティングに携わり、副収入を得ることも夢ではありません。

    その内容はさまざまで、Webマーケティング、コンテンツマーケティング、採用マーケティングなどのある程度の経験やスキルが必要なものから、アンケートモニター、ミステリーショッパーなどの未経験でもすぐに始められるものまであります。

    収入アップだけでなくスキルアップになる場合も多いので、本業で経験があるという方は、副業としてトライするのもいいかもしれません。

    Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

    いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

    本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



    この記事をシェア

    関連記事


    副業・フリーランス

    プログラミング

    インタビュー

    医療・介護系SaaSの開発組織をOffersで構築へ!エピグノが実践する業務委託の採用手法とは?

    医療・介護機関向け人材マネジメント領域において、「エピタルHR」「エピタク」「エピオペ」という3プロダクトを展開する株式会社エピグノ。2021年に資金調達を行い、同領域におけるデジタルトランスフ...

    3回の面談を経てTech Leadを採用!タレントプールとしてOffersを活用するサイカの採用術

    データサイエンスを駆使したマーケティングソリューションを提供するサイカ。2020年に「モノづくりビジョン」を定義し、時代や社会にインパクトを与えるプロダクトを生み出すべく、開発組織の構築を進めて...

    MLエンジニアを2名採用。1年間ずっと出会えなかった層にOffersですぐ出会えました

    SO Technologiesは広告会社支援SaaS「ATOM」や店舗集客支援サービス「ライクル」、ネット広告仕入・提案・ 運用支援サービス「AG Boost」、Webマーケティングのノウハウメ...

    『実践TypeScript』の著者・吉井健文が考えるTypeScriptの魅力と可能性

    世の中にはさまざまなプログラミング言語が存在します。そして、人によってはただならぬ愛着を持つ人も。そこで本企画では、このプログラミング言語にフォーカス。お気に入りのプログラミング言語のことをマニ...

    デザイン

    お金

    採用・組織