副業で営業代行をやるには?メリットと始め方を知って経験を活かそう

働き方改革が進められている昨今、営業の働き方も多様化し副業で営業代行を始める方も増えています。どうやって営業代行をはじめ、何に注意すればいいのでしょうか。ここでは営業代行の仕事内容や報酬、はじめ方、注意点などを紹介します。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

営業代行の仕事内容、報酬

営業代行ではどのような仕事を行いどの程度の報酬を獲得することができるのでしょう。具体的な業務の例や報酬のパターンを取り上げながら解説します。

営業代行の仕事内容

一般的に営業代行の業務として知られており、案件数も多いのは、テレアポや訪問営業、クロージング営業でしょう。しかし、実際には、副業での営業代行の仕事内容は多様で、とても幅が広いです。

例えば、実際に営業を行うのではなく営業部門の研修や採用も営業代行の案件として営業代行会社では紹介されています。また、Webサイトの運用やネット広告を通じた顧客増加なども案件の1つです。このように営業代行によって行われる仕事はより幅広くなっています。

報酬は契約方法次第

営業代行による報酬は同じような業務であっても契約方法によってさまざまです。ここでは具体的に3つの報酬のパターンについて解説します。

1つ目は固定報酬です。固定報酬はどのような結果を出したかにかかわらず、稼働時間によって報酬が決まっている契約のことを表しています。すぐに契約をとることが難しい、新規の顧客開拓などではこの契約方法を採用している企業が目立ちます。

2つ目が成果報酬です。その名の通り成果が報酬となる契約で一般的に売り上げの30%~50%が報酬の相場です。販売エリアなどが定まっている業務の場合、成果報酬型の契約が目立ちます。

3つ目が複合型報酬です。これは固定報酬と成果報酬の2つを合わせた契約のことを指しています。ある程度安定した収入を手に入れながらも自分の能力に応じて報酬を手に入れられる点が魅力です。

副業で営業代行をやることのメリット

副業で営業代行をやることには他の副業と比べどんなメリットがあるのでしょうか。営業代行をやる場合、何を生かせるのかに注目しながら解説します。

本業で培った経験や人脈を活かせる

本業で営業をやっている場合、営業代行の仕事は他の副業をやるより効率よくできるでしょう。本業で培った経験や人脈を営業代行の仕事では生かせるからです。

営業代行の業務は先述した通り営業部門で任せられる仕事です。自分が得意とする分野を中心に営業代行でもやれば、今までの経験や人脈を生かすことができるでしょう。0から人脈を作る必要が減ること、また新たなスキルを学ぶ必要がないことから営業代行の副業はおすすめです。

営業代行に必要なスキルとは

営業代行を実際に行う上で必要なスキルはいくつか存在します。実際に行う業務の中で、営業代行で重視されるスキルに注目しながら解説します。

迅速にPDCAを回すスキル

迅速にPDCAを回すことは営業代行において重要なスキルです。営業代行でより多くの収入を得るためには多くの仕事をこなすか、成果型の仕事をこなす必要があります。

両者とも行動の改善を重ね、効率を上げること、成果を必ず上げることが極めて重要になります。副業の営業代行という、本業以上に限られた時間で明確な成果を出すことが求められる活動だからこそ、迅速にPDCAを回すことが大切になるでしょう。

成約率を上げるヒアリング

本業で営業をやっている場合、社内で情報を共有し営業をやる前に、必要な情報を即座に集めることができるかもしれません。既にクライアントが自社を知っている、また、ほかの営業担当に会っているのであれば、スムーズに業務を行うことができるでしょう。しかし、営業代行の場合はそうはいきません。

れらのことを効率よく行い、クライアントとよりよい関係を気づくためにもヒアリング能力は必要です。ここでは、成約率を上げるヒアリングの方法について紹介します。

自分から事前に情報を手に入れる

まずは自分から事前に情報を手に入れましょう。実際に話す前に話をスムーズに進めるためにも、相手のこと、その企業のことについて事前に理解することは重要です。SNSや企業のサイトを通じて、事前に情報収集をおこなうようにしましょう。

また、営業代行では自分が今まで商材として扱ったことのない製品を売ります。そのため、委託主から情報を頂きその商品についても十分理解することを心がけましょう。

クライアントから貴重な情報を手に入れる

クライアントから貴重な情報を手に入れることは営業をする上で非常に重要なことです。そのためにもまず相手から話してもらうこと、こちらのことを知ってもらうことが重要でしょう。

理想的なヒアリングを実現するためにも、あなたが調べた営業先の状況、そして今後予想される営業先の状況を伝え、クライアントとのコミュニケーションを図りましょう。

営業代行の始め方

実際に営業代行を始めるにはどのようにすればよいでしょうか。

営業代行会社への登録

まずは、営業代行会社へ登録すべきでしょう。現在、本業で営業をやってる方でも営業代行をやる方が増加しています。それに伴いさまざまな営業マンをターゲットにした営業代行が存在しています。どのような分野での経験・人脈が求められているのか、どんな契約になるのかなどに注目しながら、自分に合った営業代行会社をぜひ見つけてください。

経験や人脈を基にした営業先の獲得

2つ目は経験や人脈を基にした営業先の獲得です。営業マンにとって、営業代行を行う大きな魅力は経験や人脈の生かしやすさにあります。営業代行の案件を探す際も、今までの自分の経験などを振り返った上で案件を探すと、より効率的に色々な案件を獲得できるでしょう。

副業で営業代行をやる前に注意したい点

副業で営業代行をやる際、副業の営業代行だからこそ注意すべき点があります。実際にどのような点に注意すべきかについて解説しましょう。

本業との両立はできるのか?

本業との両立ができるのかどうかは営業代行を始める際、最も注意すべき点でしょう。無理をして営業代行をはじめ、本業また営業代行の仕事で悪影響を及ぼしてしまっては元も子もありません。実際に始める前にどの程度の時間を副業に割くことができるのか、また、今後割くことができる時間はあるのかを確認しましょう。

営業代行は成果報酬型が一般的

営業代行にはさまざまな報酬に関するさまざまな契約方法があります。その中で最も一般的なのが成果報酬です。成果報酬は金額面だけみれば他のタイプの報酬と比べれば魅力的かもしれません。

しかし、契約した際提示された成果が出ない限り報酬を手にすることができないのが成果報酬です。それゆえ、契約を結ぶ前にその業務に対して成果を出すために必要なスキルや経験、人脈を持っているか自分の中で改めて考えてください。営業代行会社によっては固定報酬、複合報酬のみの場合もあるのでその点も確認しましょう。

まとめ

副業で営業代行をやる場合、注意すべき点、はじめ方、仕事内容などについて解説しました。是非、自分に合った営業代行の仕事を見つけチャレンジしてみてください。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ