フリーランスの人事の仕事とは?仕事に役立つスキルや資格も紹介

現在、フリーランスで人事の職に就く人が増加しつつあるということをご存知でしょうか。本記事ではフリーランスの人事の仕事内容や役立つスキルをはじめ、人事の仕事を探す方法や、実際に働くうえでの注意点や心構えなどを紹介していきます。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。「副業・複業」で、本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!

→「Offers」をもっと詳しくみる! かんたん60秒で副業を始めてみる

フリーランスの人事職求人が増えている

人事はどの会社にも必ずあると言っても過言ではなく、会社を発展させるうえで重要な立ち位置です。人事と言うと正社員のイメージがつきがちですが、実は昨今では外部からフリーランスの人事を採用する会社が増えてきています。

フリーランスの人事を迎え入れるメリットとしては、すでに実務経験がある人材を確保できることに加え、新たなノウハウを吸収できるなど様々です。

なぜ企業はフリーランスを求めるのか

企業がフリーランスの人事を求めている理由は、上述したように、すでに実務経験のある人材から新たなノウハウを吸収できるほか、会社が必要な時期に必要な人数だけ採用できるため、人件費が削減できるからです。

とくに人手不足の企業は、初心者からじっくりと育てていく時間も費用もかけていられないことがほとんどでしょう。そのような企業にも効率よく即戦力が期待できる人材を確保できるという点で、フリーランスの人事は重宝されています。

多様な人事の仕事内容

それでは実際に人事はどんな内容の仕事をするものなのか、具体的に紹介していきます。主な人事の役割は以下の5つです。

  1. 採用業務
  2. 人事企画業務
  3. 評価関連業務
  4. 教育・研修業務
  5. 労務管理業務

まず人材の採用業務を担当するという人事の基本的な業務があります。さらに人事企画業務では会社の目標に近づけるために、どの部門にどの人を配置するかという計画も立てていきます。

評価関連業務では、社員への評価・報酬制度の仕組みを作り上げて、実績と評価が見合っていることを確認する業務です。また教育・研修業務では、社員のマナーやスキルアップのための教育を行い、労務管理では企業の労働時間や賃金の管理、社会保険などの手続きを行っています。

フリーランス人事職の収入

フリーランスで人事職で気になるのは、どのくらいの収入が見込めるのかです。もちろん稼働時間や企業によって変わりますが、ここではクラウドソーシングサイトを一例に見てみましょう。

クラウドソーシングサイトの求人には、在宅で働ける人事業務があります。主な内容は採用候補者の洗い出しや、面接の日程調整、スカウトメールの配信などです。

人事の仕事で役立つスキルや資格

実際に人事の仕事を探していく中で、有利になるスキルや資格をいくつか紹介していきます。ぜひ使えるものはどんどん使って、人事を求めている企業にアピールしていきましょう。

コミュニケーション能力

まず第1に必要になってくるのは、コミュニケーション能力です。人事はその字のとおり、人に関わることを仕事にしてくため、新しい人材を採用するにしても社員を部署に配置するにしても、人と円滑なコミュニケーションがとれるということは必須になってきます。

社会保険労務士

人事の仕事の1つには労務関連の仕事もあるので、社会保険労務士の資格を持っていると、仕事上でかなり役立つでしょう。労務の主な仕事は、給与計算や社会保険料の手続きをはじめ、就業規則の作成や入社・退職する際の書類の手続きなど多岐にわたります。

キャリアコンサルタント

キャリアコンサルタントとは、労働者の職業の選択や職業能力の開発・向上などの相談をして、助言や指導をする人のことで、平成28年4月からは国家資格として創設されました。

実際のキャリアコンサルタントとしての業務は、会社の人事に関わる方針を改善させるような指導をしたり、相手の心を開いて本音を引き出してモチベーションの向上に繋がるようなアドバイスなどです。さらに新入社員や転勤時など、従業員が新たな環境でも適応できるようにサポートできる仕組みも作ります。

仕事探しはエージェントなどを利用

実際にフリーランスで人事職に就くためにはは、エージェントを利用した仕事探しが一般的です。中にはコンサルタントの仕事や、未経験でも応募できる案件もあるので、条件などを見比べたうえで選んでいきましょう。

人事コンサルタントの仕事もある

エージェントから探していくと、人事コンサルタントの仕事もあります。主な業務内容としては、人事体制の構築や社員の評価制度の作成に対してコンサルを行うことで、企業をサポートしていきます。

未経験者はアシスタント業務から

エージェントにある案件の中には、未経験者でも応募できる仕事もあります。もちろん企業によっては経験者しかとらないところもありますが、アシスタント業務という位置づけでなら未経験でも採用につながるケースも少なくはありません。

未経験者の場合は必ず保持していないといけない資格などはありません。しかし会社の仕事内容や部署に沿った専門的な知識が必要となるので、未経験でいきなり人事に関する重要な仕事に就ける可能性は少ないですが、アシスタントとして少しずつ知識や経験を積んでいくという形になることが多いでしょう。

フリーランスで人事の仕事をする時には

実際にフリーランスで人事の仕事を行う際に注意するべき点や、心に留めておきたい点を説明していきます。始める前に注意事項を確認して、万全の状態で業務をしていきましょう。

始める前に就業規則を確認しよう

フリーランス一本で人事の仕事をやっていくなら問題はありませんが、副業としてほかの仕事をしながら人事の仕事をする場合は、現在勤めている会社の就業規則を必ず確認するようにしましょう。もし就業規則が禁止されているのにも関わらず、副業をしていることが判明したら、何かしらの罰則や処分が下るということになりかねません。

人事の仕事では守秘義務の徹底が大切

人事の仕事をするうえでも徹底しておかなけらならないのが、守秘義務を守るということです。フリーランスで人事の仕事をするということは、外部の人間が会社の中まで入って業務を行うため、個人情報や機密情報を知る機会があります。

その際の守秘義務が守れないと、会社からの信頼も失墜し、場合によっては多額の損害賠償を請求されることもあります。そのため人事を担当しているとはいえ、あくまでも外部の人間だということを肝に銘じ、守秘義務は徹底していかなければなりません。

まとめ

以上、ここまでフリーランスで人事の仕事をする人が増えているということをはじめ、仕事を行ううえで役に立つスキルや資格、さらに仕事の探し方や業務を行う際の注意事項まで、多岐にわたって紹介してきました。

まず副業としてやっていくかフリーランス一本に絞ってやっていくかで変わってきますが、副業で仕事をする場合は就業規則の確認を徹底するようにしていきましょう。フリーランス一本でやっていくには、仕事を自ら獲得していくコミュニケーション能力を鍛えていくことに加え、社会保険労務士やキャリアコンサルタントなどの資格があると、比較的に有利かつ効率的に仕事を見つけられる可能性が高まります。いずれにしても、守秘義務を守るということは最低限必要なことです。

これらのことを肝に銘じつつ、エージェントに数多く掲載されている案件の中から、あなたに合った仕事を見つけて仕事をしていきましょう。

Offers」は、時代の変化や環境にあわせてスキルを磨きたい、そんな人にぴったりのサービスです。

いくつもの転職媒体を使って、企業を探し回るのはもう終わり。「副業」から始まる新しい働き方を実現します!

本業では経験できない、新しい環境/開発スタイルを経験しよう!



この記事をシェア

関連記事


副業・フリーランス

プログラミング

インタビュー

シニアレベルを2名採用!現場の負荷を軽減した採用活動、その打ち手がOffersだった

700万ダウンロードを突破し、コスメの口コミアプリとして急成長を続ける「LIPS」。これまで正社員や業務委託問わず、各専門性をもったエンジニアが集うことでグロースを続けてきた。そんな同社のハイス...

インフラとフロントエンドの3名を採用! Hotspringが考える採用方針と旅行サービスの未来とは

旅行予約サービス『こころから』を運営するHotspringは、今後の旅行業界の変化を見据えたプロダクト開発を推進している。これまでリファラルやTwitter採用を行ってきた同社が、なぜOffer...

フロントエンジニアの採用に成功!複業採用の秘訣はコンシェルジュの伴走と、独特な1on1にあった

AIチャットボット市場で圧倒的なシェアを誇る「HiTTO(ヒット)」を展開するHiTTO株式会社。今後さらなる顧客満足の向上に向けて、自社プロダクトの強化を加速していく。そこで重要になるのが開発...

専任CSメンバーがサポート。わずか1ヶ月半で、採用難易度の高いリードクラス2名の採用に成功!

女性限定コミュニティに注力する株式会社SHEでは女性の「自分らしい生き方」の実現を目指し、クリエイティブスクール「SHElikes」に加え、美容領域「SHEbeauty」や金融領域「SHEmon...

デザイン

お金

採用・組織

グルメ